Microsoft Teamsライセンスをインストールした後、Genesys Cloud管理者は、 マイクロソフト Teams Genesys Cloudの統合。

前提条件

    GenesysCloudにMicrosoftTeams統合を追加して構成する前に、以下を構成する必要があります。

    • A セッション開始プロトコル (SIP)を介したTeams DirectRoutingへのトランク セッションボーダーコントローラー(SBC)。 詳細については、 Microsoft 計画直接ルーティング の記事をご覧ください。 SIPおよびSBCアーキテクチャの構成は複雑で、要件に合わせてカスタマイズされています。
    • Microsoft Entraテナントに管理者権限を持つアプリをインストールテナント。 インストールAzure向けGenesys Cloud Microsoft Azure Marketplace からテナントへのアプリケーション テンプレートSCIMを説明通りに構成するここ。 
      Genesys Cloud と Microsoft Teams 間の通話転送が期待どおりに機能するように、次のフィールド マッピングを設定します。 
    マイクロソフト エントラ ID分野 SCIMフィールド Genesysクラウドフィールド
    電話番号 phoneNumbers[type eq "マイクロソフトチーム「].value UserProfile.contactInfo。[0] .phone_other。[0] .value.number
    オブジェクトID urn:ietf:params:scim:schemas:extension:genesys:purecloud:2.0:User:externalIds[authority eq

    メモ: 

    追加されたフィールドマッピングは、属性マッピングの下に表示されます。 

     メモ:   GenesysCloudとは別にSBCおよびAzureインスタンスを所有および管理します。

    警告:  Microsoft Entra 内で電話番号、DID、内線番号を割り当てるときは注意してください。 誤って割り当てられた番号は変更できますが、Microsoft Entra の SCIM 実装により、割り当てられた番号を削除することは困難です。

    統合を追加する

    1. [管理]をクリックします。
    2. 統合統合をクリックします。
    3. 統合の追加をクリックします。
    4. [検索] ボックスに、 Microsoft Teamsと入力します。
    5. MicrosoftTeams integrationという標題のカードを見つけます。
    6. インストールをクリックします。 統合に関する詳細が表示されます。

        役割を割り当てる 

        Microsoft Teams統合アプリを使用してバッジを表示するには、 MicrosoftTeams UserEmployee 役割、または Integration > microsoftTeams > ViewIntegration > unifiedCommunications > View 権限が必要です。 役割の割り当ての詳細については、役割、アクセス区分、ライセンス、およびアドオンを割り当てを参照してください。

        Integration > unifiedCommunications >View 権限を持つユーザーは、SCIMを介して入力された統合ユーザーのバッジを表示できます。

        Integration > microsoftTeams > View 権限を持つユーザー は、通話転送ワークフローを使用して、SCIMを介して入力された統合ユーザーのプレゼンスを確認できます。

         メモ:   統合を使用していないユーザーがいて、バッジを非表示にする場合は、ユーザーの役割から Integration > unifiedCommunications > View 権限を削除してください。

        Genesys CloudforTeamsアプリを有効にする

        Genesys Cloud テナントに代わって Microsoft Teams および Microsoft Entra にリクエストを行うには、Azure 内に新しいアプリをインストールする必要があります。 からアプリをインストールすることができます ここ または、以下の手順に従って、GenesysCloudを介して認証してアプリをインストールします。 Genesys Cloud Teams アプリで初めて Azure 管理者として Azure を認証すると、新しい Genesys Cloud for Teams アプリがすべてのユーザーの Microsoft Entra テナントにインストールされます。

        Azureの権限設定の仕方にもよりますが、アプリユーザーはこのステップ以降、AzureからGenesys Cloudへの権限付与やリクエストは必要ありません。

        1. Genesys Cloudで、アプリアイコンをクリックします。アプリアイコン
        2. アプリグループから、 MicrosoftTeamsを選択します。
        3. Azureの認証情報を使用してサインインします。
        4. Microsoft にサインインするをクリックします。
           メモ:   Genesys Cloudにサインインした場合Microsoft Entra シングル サインオンユーザーはシングル サインオンを通じて Genesys Cloud で有効な Azure セッションを持っているため、ポップアップはすぐに表示され、すぐに消えます。
        5. ID728ece5a-0f26-4c43-9705-cea9debe3fb5 のGenesys Cloud Integration for Teams アプリケーションがテナントにインストールされていることを確認してください 。
          1. https://portal.azure.com/にログインします。
          2. Microsoft Entra管理センターで、身元>アプリケーション>エンタープライズアプリケーション>すべてのアプリケーション
          3. アプリのリストを検索します。
        6. (オプション) アプリケーションをインストールするための Microsoft Entra テナント設定に応じて、Genesys Cloud の Teams 外部アプリ統合に初めてログインするときに、必要な権限を受け入れるか、Azure からの権限の管理者承認を要求するように求めるプロンプトがユーザーに表示されることがあります。 ユーザーに同意を求めるプロンプトが表示されないようにするには、Azure 管理者が次の手順を実行して、Microsoft Entra テナントに代わって同意を与えることができます。
          1. 管理者の同意を付与する(デフォルトディレクトリ)をクリックします。
          2. 受け入れるをクリックします。 あAzure に確認モーダルが表示されます。選択したアプリケーションの Microsoft Entra ID アクセス許可リスト。
           メモ:   Azure管理者がGenesysCloudのMicrosoftTeamsアプリにログインするときに、これらのアクセス許可に対してグローバルテナントの同意を提供する場合、ユーザーはこれらのアクセス許可を個別に提供するように求められません。