発表日 発効日
2023-11-15 2024-02-27

コールバック分析の将来のリリースでは、エージェントの処理時間の精度が向上する予定です。 これは、コールバック・セクションに新しいセグメントを導入することで実現される。 新しいセグメントはインタラクションビューの'Active Total Callback'に表示されます。 この追加により、エージェントがコールバックのコール部分に積極的に参加している時間は、ハンドル時間の計算に組み込まれることなく捕捉されるため、二重カウントやハンドル時間の膨張を防ぐことができる。 Active Total Callbackの情報はAnalytics APIに統合されます。メトリックスtActiveCallbackとtActiveCallbackCompleteを通してこのデータにアクセスすることができ、コールバック対話中のエージェントのアクティビティを見ることができます。 詳細については、Genesys Community の投稿をご参照ください。 ビジュアルツアーをご覧になりたい方は、以下のビデオをご覧ください。