Edge


バージョン1.0.0.6532 – 2017年10月25日

手動および自動更新が利用可能すべての地域で手動更新が開始可能 2017年10月25日。拡張と修正エージェントへのACD転送とエージェントのキューへの転送の間に競合状態が発生すると、システムはボイスメールへの転送を提供するようになりました [もっと]

[詳細を見る]

バージョン1.0.0.6444 – 2017年10月11日

手動および自動更新が利用可能すべての地域で手動更新が開始可能 2017年10月11日。米国東部およびEU西部地域で自動更新が有効 2017年10月18日。AP-NEおよびAP-SEリージョンの自動アップデートが有効になります 2017年10月25日。自動更新は、 [もっと]

[詳細を見る]

バージョン1.0.0.6320 – 2017年09月13日

手動および自動更新が利用可能すべての地域で手動更新が開始可能 2017年09月13日。米国東部およびEU西部地域で自動更新が有効 2017年09月20日。AP-NEおよびAP-SEリージョンの自動アップデートが有効になります 2017年09月27日。自動更新は、 [もっと]

[詳細を見る]

バージョン1.0.0.6236 – 2017年08月23日

手動および自動更新が利用可能すべての地域で手動更新が開始可能 2017年08月23日。米国東部およびEU西部地域で自動更新が有効 2017年08月30日。AP-NEおよびAP-SEリージョンの自動アップデートが有効になります 2017年09月06日。自動更新は、 [もっと]

[詳細を見る]

バージョン1.0.0.6166 – 2017年08月09日

手動および自動更新が利用可能すべての地域で手動更新が開始可能 2017年08月09日。US-Eastリージョンの自動更新が有効になっています 2017年08月16日。自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。機能拡張と修正VoiceXML [もっと]

[詳細を見る]

バージョン1.0.0.6136 – 2017年07月24日

不正な形式または非標準 URIをダイヤルしようとすると、複数のSIPスキームが発生し、コール試行が失敗するという問題が解決されました。アクティブなマルチエッジ環境ルート内のリモートステーションがプライマリエッジではなくセカンダリエッジを呼び出す問題を解決しました。ブラジル系ポルトガル語(pt-BR)を更新 [もっと]

[詳細を見る]

バージョン1.0.0.6082 – 2017年06月28日

一部のEdgeで正しく表示されないXML解析エラーメッセージの問題を解決しました。アメリカスペイン語(es-US)音声認識の改善された信頼モデル。UASが適切に応答しない場合に発生するEdgeでのSIPダイアログのスタックに関する問題を解決しました。更新されたコール分析モデル [もっと]

[詳細を見る]

バージョン1.0.0.5886 – 2017年05月05日

一部のアウトバウンド ダイヤリングコールで最終処分が送信されない問題を解決しました。問題を修正しましたが、どこユーザーへのユーザー内部のFAX試みが時折失敗したファックスになります。トランク可用性と登録チェックが引き続きプロキシアドレスに送信される問題を解決しました [もっと]

[詳細を見る]

バージョン1.0.0.5826 – 2017年04月24日

「 ユーザー 」および「ヘッダー」アウトバウンドIDプライバシーを適用するオプション追加されました。Architect Group Transfersのローカライズされたオーディオリングバックが追加されました。コマンドファイル認証が実施されるようになりました。リモート問題を修正しましたステーション永続的な接続では、上の切断を有効に待機代わりに永続的な滞在で、RTP。発信者ID名、 [もっと]

[詳細を見る]

バージョン1.0.0.5742 – 2017年04月04日

ルーティングできないインバウンドコールが不適切な403 No Dialing Rightsという結果を受け取った問題を解決しました。バージョンレポートを改善するために、ハートビートにEdgeバージョンを追加しました。改善された警告とエラー状態のログ。HTTP 2xx ステータスコードの処理に関する問題を解決しました。LDM Edgeの競合状態を解決して、ペアリングが失敗するまで [もっと]

[詳細を見る]

バージョン1.0.0.5696 – 2017年03月19日

ポリコムの向上エンドポイント管理パフォーマンス 。サーバー契約バージョン4に変更されました。変更されたブリッジ証明書ライブラリソース。クラウド接続を監視およびトラブルシューティングするLDM Edgeの機能が改善されました。さまざまなバグと安定性の問題が修正されました。Edgeは、クラウド接続が再確立されるまでローカル認証局キャッシュを使用できるようになりました。解決した [もっと]

[詳細を見る]