バージョン1.0.0.7980 - 2019年02月27日


手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年02月27日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2019年03月06日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • サポートされているハードフォンモデルからのコンサルト転送アクションで、エージェントが転送ボタンを押した後に期待どおりに転送を完了できない問題を解決しました。
  • カーネルがこの機能を提供する場合、Edgeは設定時にシステム時間をCMOSに節約
  • 通話相手の相手XTXYが通話をブラインド転送しようとしたときに、通話が正しく終了しないCCXMLコードの構文エラーを修正しました。
  • Edgeが2回目の転送を実行するために転送中にコールをトリガーしたときに発生する可能性がある問題を解決しました。この状況では、最初の転送が切断され、予期しないコールフローが発生する可能性があります。
  • 南アフリカ(en-ZA)の解析モデルの更新を呼び出します。
  • の地域検索データを更新しました 2019年01月。
  • プロセス管理の改善