2018年05月23日


プラットフォーム

GDPRコンプライアンス

PureCloud一般データ保護規制(GDPR)APIが デベロッパーセンター。 PureCloudのお客様は、YDYPureCloud GDPRを使用して、GDPR第15条(アクセス)、第16条(修正)、および第17条(消去)に基づく要求を含め、GDPR要求に独自に対応できます。 PureCloudは今後数週間以内に受け取った最初のGDPRリクエストを完了します 2018年06月24日。後に {{2018年06月24日}}PureCloudは、最初のリクエストから2週間以内にGDPR APIリクエストを完了します。 GDPRおよびPureCloud GDPRコンプライアンスサポートの詳細については、 GDPRコンプライアンス そして PureCloudおよびGDPRコンプライアンスをご覧ください。

コンタクトセンター

キューパフォーマンスビュー用フルビューエクスポート

コンタクトセンターマネージャーは、キューパフォーマンスビューの結果の完全なリストをPureCloud受信ボックスのCSVファイルにエクスポートできるようになりPureCloud 。マネージャーは、ファイルをコンタクトセンターの他のユーザーと共有し、それを使用してコンタクトセンターのパフォーマンスをさらに分析できます。詳細については、 ビューデータをエクスポートするをご覧ください。

メトリクスの洞察を破棄する

管理者とコンタクトセンターのマネージャーは、キュー内の放棄された通話の長さに関するデータを表示できるようになりました。ビューには、通話中に放棄さを示しインターバルそれが放棄された前のコールの長さに基づいて列を。管理者は、コンタクトセンターのニーズに合わせて間隔を設定できます。この機能は、管理者が短い放棄であるコールの数を判断するのに役立ち、放棄されたメトリクスに関する洞察を提供します。詳細については、 放棄間隔メトリックビュー そして 放棄間隔メトリックビューの放棄間隔を設定するをご覧ください。

Architectでの自動Eメール返信設定

管理者とコンタクトセンターマネージャーには、自動メール返信を送信するための追加の構成オプションが追加されました。この機能は、電子メール受信者のリストをカスタマイズするのに役立ちます。詳細については、 自動返信アクションを送信をご覧ください。