2020年02月12日


Contact Center

エージェントレスSMS通知

PureCloudカスタマーは、API呼び出しを使用してSMS通知を送信できるようになりました。この機能を通じてカスタマーがバックエンドシステムからPureCloudのAPIを、またはArchitectフローもしくはスクリプトを通じてデータ アクションを使用しSMS通知を送信するのを可能にします。 詳細については、エージェントレスSMS通知をご覧ください。

サポート文書が必要な国のSMS番号の購入

最近の規制変更により、特定の国 SMS番号を購入するにはサポート文書が必要です。これらの国では、手動での購入手続きが必要です。詳細については、SMS番号の購入に必要な規制文書をご覧ください。

Predictive Engagement WebトラッキングでIPアドレスを除外する

Predictive Engagement( Altocloud )管理者は、生成されたWebイベントからIPアドレスを除外できるようになりました。たとえば、管理者は内部ユーザーからの訪問を追跡したくない場合があります。この機能強化により、追跡関連のメトリクス精度が向上します。詳細については、 ウェブ追跡の「IPアドレスを除外する」を参照してください。

エージェントインタラクションビューの新しいラップアップ コード列

コンタクトセンターの監督者とマネージャーは、エージェントのインタラクションビューで追加のラップアップ コード統計を表示できるようになりました。新しい統計(%ハンドルと%合計ハンドル)により、スーパーバイザーとマネージャーは、エージェントがインタラクションをどのように処理しているかをよりよく理解できます。詳細については、要約パフォーマンス概要ビューエージェントの要約詳細ビュー、 そしてエージェントのラップアップ間隔の詳細ビューをご覧ください。

インタラクションビューの改善

コンタクトセンターのマネージャーとスーパーバイザーは、フィルタリングと共有のために、インタラクションビューからクリップボードにインタラクションのインタラクションインタラクション IDをコピーできるようになりました。詳細については、 インタラクション view、 エージェントインタラクション詳細ビュー、および キューインタラクション詳細ビュー

ビューのカスタム参加者属性のエクスポート

コンタクトセンターのマネージャーとスーパーバイザーは、インタラクションのカスタム参加者属性をエクスポートできるようになりました。マネージャーは、エクスポートされたファイルをコンタクトセンターの他のユーザーと共有し、それを使用してコンタクトセンターのパフォーマンスをさらに分析できます。詳細については、ビューデータをエクスポートするをご覧ください。

ビューデータロケール設定のエクスポート

コンタクトセンターのマネージャーとスーパーバイザーは、ビューからデータをエクスポートするときに、選択した言語でテキスト、日付、および時刻の形式を表示するロケール設定を選択できるようになりました。マネージャーは、エクスポートされたファイルをコンタクトセンターの他のユーザーと共有し、それを使用してコンタクトセンターのパフォーマンスをさらに分析できます。詳細については、 ビューデータをエクスポートする

統合

PureCloud SCIM用のAzure Active Directory

Azure Active Directory for PureCloudは、PureCloud SCIM(ID管理)用自動ユーザーにプロビジョニングを提供できるようになりました。詳細については、リソースセンターの PureCloud SCIM(Identity Management)用にAzure Active Directoryを構成する そして デベロッパーセンターのPureCloud SCIM(ID管理)についてPureCloud SCIM(ID管理) 概要をご覧ください。

ジェネリックシングル サインオンプロバイダー

PureCloudは、SAML 2.0をサポートするほとんどのIDプロバイダーと顧客が統合できるようにする汎用IDプロバイダー構成をサポートするようになりました。詳細については、 ジェネリックシングル サインオンプロバイダーを追加するをご覧ください。