2018年04月25日


Communicate

BYOCのご紹介

BYOCは、新しい音声の配信であるオプション与えることPureCloud顧客に柔軟性をするデザイン最高のテレフォニービジネスニーズのための接続。BYOCを使用すると、管理者はPureCloudとサードの間でSIPトランクを定義できます。 クラウドベースまたは構内ベースのソリューションを選択し、PureCloud Voiceを使用するか、他のテレフォニープロバイダーとの既存の関係を維持するかを選択します。詳細については、 BYOCについて そして テレフォニー接続オプションをご覧ください。

コンタクトセンター

Architectでアクションを折りたたむ/展開する

管理者およびコンタクトセンターマネージャーは、 Architectのタスクエディター内でアクションを折りたたみおよび展開できるようになりました。この機能は、 タスクナビゲートが困難になる可能性のある長いロジックを隠すのに役立ちます。詳細については、 タスクエディタのアクションの概要をご覧ください。

キューへの通話の転送を許可する

通話をキューに直接転送する機能は、PureCloud 1、2、および3ユーザーだけでなく、Communicateユーザーにも使用可能になりました。 Routing> ; Queue> ; View権限により、転送ウィンドウ内でキューを検索し、転送するキューを選択できます。 詳細については、 通話を転送する そして 許可ユーザーの役割と許可をご覧ください。

外部連絡先ライセンスのオムニチャネルインタラクション履歴

外部連絡先ライセンスのオムニチャネル操作履歴が変更されました。この機能は、 PureCloud 2ライセンスで利用可能になりました。詳細については、 連絡先のプロフィールを検索、表示、確認するをご覧ください。