2016年07月27日


Contact Center

二次レベルのユーザー状況

Genesys Cloud管理者は、組織のユーザーステータス選択の二次レベルをカスタマイズできるようになりました。詳細については、 セカンダリステータスを管理する

設定されたセカンダリステータスを持つ組織内のユーザーは、自分で新しいステータスを選択することができユーザーの設定。詳細については、 プレゼンスとステータス変更する

切断された会話を強制的にラップアップするオプション

エージェントがコールを終了せずにログアウトすると、コンタクトレコードは基本的に「スタック」します。これにより、 キャンペーンが完全に停止するのを防ぎ、そのキャンペーンのレコードを結び付けキャンペーン 。新しいオプションにより、管理者は対話のためにブラインド転送またはラップアップ コードを強制し、レコードと関連するキャンペーン解放できキャンペーン 。詳細については、 キャンペーン詳細ビューからのコールのまとめ そして キャンペーン詳細ビューから通話を転送する

キュー ラップアップ サマリー レポートおよびエージェントメトリクスレポートのチャットおよびEメールメトリクス

Agent MetricsとQueue Wrapup Summaryレポートに、音声、Eメール、およびチャットメディアタイプの統計が含まれるようになりました。詳細については、 エージェントメトリックレポート そして キューラップアップ概要レポート