2016年03月23日


コンタクトセンター

新機能と機能性

  • 応答管理
    • 応答管理がPureCloud Engage利用可能にPureCloud 。すべてのチャネルで、エージェントが検索応答を参照または検索できるようになりました。管理者は応答を追加し、それらをライブラリに整理できます。これらの応答は、インタラクションを処理するときにエージェントに表示されます。
  • エージェントインターフェイスの強化
    • 音声およびチャットインタラクション用の新しいレイアウト
    • 新しいパネルでコールノートとラップアップコードを開く機能
    • 複数の対話を管理するときのタイマー。複数のチャットの相互作用に接続すると、エージェントはすぐにされている相互作用を見つけることができます待ちのための応答最長。
    • 応答管理への簡単なパネルアクセス
    • 改善された転送エージェントの存在を示す画面の活性ユーザー 、またはACDキューの統計情報。
  • Eメールルーティング
    • 電子メールルーティングが、新しいメディアチャネルとしてPureCloud Engage追加されました。着信電子メールメッセージは、ACDキューにルーティングされ、ACDシステムによって最も適切なエージェントに割り当てられるようになりました(スキルと優先度のサポート)。エージェントは内部に直接返信することができアプリケーション応答管理を使用するか、または入力して応答 。
  • Architectフランス語およびドイツ語のランタイムデータ再生サポート
    • IVRプロンプトファイルとランタイム 再生サポートがフランス語とドイツ語で利用可能になりました
    • のライブラリご覧ください システムプロンプト そして ランタイムデータの再生 詳細については、リソースページをサポート
    • 、注意してくださいランタイム IVR言語のサポートは、音声認識とは別です。PureCloudサポートするすべての言語のリストと、サポートされている方法については、 PureCloud言語サポート リソースセンターのページ。