お客様は、Genesys Cloudの負荷テストやストレステストなどの自動テストを実行できますか?

はい、ジェネシスは自動テストサポートプログラムを通じて、お客様の自動テスト実行の必要性をサポートします。 このプログラムには、私たちが直接テストを行った経験、先行するお客様のテスト、そして定期的なテストレビューから得た、テストのベストプラクティスに関するガイダンスが含まれています。 自動テストを実行する必要がある場合は、Genesysまたはパートナーチームと協力して、自動テストサポートプログラムとレビュープロセスについて学習してください。

注意: 必要なリソースをすべて利用できるようにするため、テスト環境へのアクセスリクエストは2週間前までに送信してください。 自動テストのリクエストは、GenesysのレビューのためにCareチケットとして提出する必要があります。 Genesysは、すべての自動テストを事前に承認する必要があります。

Genesys Cloudプラットフォームと、すべての機能に関連する要素に自信を持っていただきたいのです。 これらの要素には、お客様のシステムへのデータアクションの統合、ネットワーク経由のコールデリバリーなどが含まれます。

Genesysは、通常のプロセスの一環として、ピーク時の地域負荷の2倍で広範な負荷テストを実行します。 Genesysの内部負荷テストでは、本番環境で観察されたものと同じトラフィック特性と機能を備えた自動(合成)トランザクションを使用します。 トラフィックには、インバウンドコール、アウトバウンドコール、チャット、メッセージングなどが含まれます。 

また、Genesys Cloudとお客様のトラフィックを継続的に監視し、本番環境に異常がないかを確認します。 Genesys Cloudの組織は、不正使用や予期せぬトラフィックパターンからサービスを保護し、請求可能なリソースの効率的な使用を促進し、予期せぬ使用からお客様を守るために、特定の制限で構成されます。 これらの制限について詳しく説明します ここ。 異常なトラフィックは、自動テスト、不正な負荷テスト、不正アクセス、または場合によっては設定ミスが原因で発生する可能性があります。 このような異常は、サービス拒否(DoS)またはGenesysCloudまたはエンドカスタマーに対するその他の攻撃として認識される可能性があります。 このトラフィックはアラームを生成する可能性があり、その結果、Genesysの担当者とエンドカスタマーの担当者に通知/可視性についてページ通知が行われ、その他のコストが発生します。