よくある質問:着信数のメトリクスは、なぜ応答数と放棄数を加算したメトリクスと等しいとは限らないのですか?


フローアウトとPureCloudのメトリクス統計の追跡方法では、提供されたメトリクスが応答数と放棄されたメトリクスと等しくない可能性があります。

着信数インタラクションは 応答数放棄されたまたはフローアウトインタラクションのいずれかです。フローアウトとは、エージェントが応答したり切断したりせずにキューに出入りするインタラクションです。これらには、ボイスメールへの転送、コールバック、および一定時間経過後に別のキューまたは外部のに転送されるキュー内フローなどのシステム主導型イベントが含まれます。フロー アウトは、コール発信者がキューを出て、IVRに戻るように選択した場合にも発生します。着信数インタラクションは、応答数、放棄、またはフローアウトのいずれかのインタラクションです。

PureCloudは30分間隔でメトリクス統計情報を追跡します。インタラクションは複数の間隔にまたがる可能性があります。あるインターバルでインタラクションがキューに入ったが、次のインターバルまで応答数または放棄されなかった場合、PureCloudはインタラクションをあるインターバルで提供され、次のインターバルで応答数または放棄としてカウントします 例えば、コールが 7:28 にキューに入り、エージェントが 7:32 にそのコールに応答します。PureCloudは、7:00〜7:30の間隔で提供メトリクスに通話を追加しますが、7:30〜8:00の間隔でエージェントの回答をAnswersメトリクスに追加します。