Edge and Media Tierリリースノート


最新のEdgeソフトウェアバージョンの改善点と修正点の概要を表示します。 エッジの現在のバージョンを確認してください そして 自動更新をスケジュールする または 手動で更新する 必要に応じて最新バージョンにアップグレードしてください。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 金曜日, 2月 14, 2020。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 金曜日, 2月 21, 2020。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
注意:このバージョンリリースの手動更新と自動更新は、水曜日ではなく金曜日に行われます。

機能強化と修正

  • グループコールがボイスメールに行くと切断される問題を解決しました。
  • VXML例外処理の改善。
  • IVRフローメモリフットプリントの最適化。
  • 呼び出し分析の例外処理の改善。
  • の地域検索データを更新しました 2020年01月。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2020年01月16日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2020年01月22日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • エッジは一貫性正規化とルートがかどうかに応じて、302のリダイレクト応答をSIP問題を修正しましたユーザーのファックスを有効にするか無効にします。
  • アップグレードサイクルが完了したときに、エッジステータスページのステータス表示に1つ以上のコールが表示されたままになる問題を解決しました。
  • 接続を使用するすべてのアクティブな要求が完了するまでTCP接続を維持できるように、遅延TCP / TLS SIPプロトコル応答の復元力を追加しました。
  • Linuxルーティング条件を解決しました。
  • VLANインターフェイスの状態を解決しました。
  • すべての電話トランクのデフォルトセキュリティメソッド値をTLSv1.2に更新しました。
  • 日本向けコール分析モデルの更新(ja-JP)。
  • TCPまたはTLS接続のクローズ中に発生する競合状態を解決しました。

Genesysは、オンプレミス展開のEdgeおよびMedia Tierバージョン1.0.0.8670で回帰を発見しました。回帰は、クラウド展開( PureCloud VoiceおよびBYOC Cloud)には影響しません。
  • Genesysは、オンプレミス展開の自動更新を停止しました 2019年12月13日.
  • 既にバージョン1.0.0.8670にアップグレードされたオンプレミス展開は、そのままにすることを選択できます。
  • バージョン1.0.0.8670は、クラウド展開のアクティブな自動更新バージョンのままです。
  • 新しいエッジおよびメディア層バージョンは、クラウドとオンプレミスの両方の展開のために、新年の後に利用可能になります。

手動および自動更新の有無

  • Genesysは、すべての地域で、 2019年12月05日.
  • Genesys 、上のすべての地域で自動更新を有効にしました 2019年12月11日、ただし、オンプレミス展開の自動更新を停止しました MM月dd日.
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • WebRTC電話トランクのデフォルトセキュリティメソッド値をTLSv1.2に更新しました。
  • ときに、リモート呼び出し側がリングバックが聞こえていない解決族リングの問題ステーション応答183及びSDPと。
  • ボイスメールにルーティングされたインバウンド音声コールに対して、ボイスメールアプリケーションがファクス検出を正しく処理しない問題を解決しました。
  • speakTo変更どこコールの問題を解決しまし相談相手両当事者がお互いに話している間、演奏保留音で結果を。
  • 日本向けコール分析モデルの更新(ja-JP)。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年11月13日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2019年11月20日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • ポリコム VVX 150、250、350、および 450 モデルの管理電話サポートが追加されました。
  • ボイスメール アプリケーションがユーザーボイスメールをクラウドにアップロードできない問題を解決しました。
  • 特定のデバイスが SDP オファー/アンサー交換の電話イベントの適切なサンプル レートを選択しないリグレッションを解決しました。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年10月30日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2019年11月06日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • 関連するステーションがない場合、ユーザーがファックスを受信できないという問題を解決しました。
  • REINVITEが外部に送信される問題を修正しましたトランクパブリックIPアドレスを持つINVITE Contactヘッダーを移入するために失敗しました。
  • の地域検索データを更新しました 2019年10月。

手動および自動更新の有無

Genesys先に公表のエッジとメディアティアバージョン1.0.0.8534をリリーススケジュール 。実際の展開日は、すべての地域で手動で更新されました。 2019年10月11日 すべての地域の自動更新: 2019年10月18日.

機能強化と修正

  • 南アフリカ(en-ZA)の解析モデルの更新を呼び出します。
  • エンドポイント待機、無音、および活動検出における競合状態を解決しました。
  • 同期されていないアクセスによる不定期の障害を解決するために、同期ポイント コードを更新しました。
  • HTTP モジュールを更新し、PUT および POST 要求本文の gzip/deflate コンテンツ エンコーディングをより便利にサポートしました。
  • WebSocket 接続の内部タイミングの問題が解決されました。
  • バージョン 1.0.2t に OpenSSL を更新しました。
  • エッジの起動時間を最小限に抑えるために、同時リソース フェッチを増やしました。
  • 更新されたタイムゾーンデータ 2019年09月.

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年09月18日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2019年09月25日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • 転送中に通話が切断される問題を解決しました。
  • HTTPモジュールを更新して、HTTPクライアントアプリケーションのリクエスト本文のコンテンツエンコーディングをより便利にサポートするようにしました。
  • すべてのパラメーターをオプションにするHTTPチャレンジ文法に、RFC 7235の最近の変更のサポートを追加しました。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年09月04日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2019年09月11日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • ACD_WAIT シナリオで問題を解決しました。
  • 様々な最適化。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年08月21日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2019年08月28日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • GenesysブランドのAudioCodes 405、405HD、および420HD電話のサポートが追加されました。
  • 元のエージェントがコールを切断しても、ACDキューのコールが終了しない問題を解決しました。
  • VoiceXMLテキストプロンプトの絵文字(およびビット値が高い他の非ASCII文字)がLinuxマシンでエラーを生成する問題を解決しました。
  • プロキシトンネルを経由して送信されたHTTPリクエストをして失敗する問題を解決しましたタイムアウト予想よりも早くエラー。
  • サーバーが暫定応答返したときにHTTPパイプラインの抑制が機能しない問題を解決し応答 。
  • PUTおよびPOSTリクエストの失敗がタイムリーに発信者に通知されない問題を解決しました。
  • HTTPモジュールがリクエストで100連続期待値を使用する方法を改善しました。
  • 破損したHTTP応答を防ぐためにHTTPモジュールを改善しました。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年07月24日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2019年07月31日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • 転送AAIのURIエンコードおよびデコードがプラスをスペースに変換する問題を解決しました。
  • WebRTC単方向オーディオのICE接続チェックの改善。
  • の地域検索データを更新しました 2019年07月。
  • 競合状態が原因でトランスポートマネージャーのシャットダウンが断続的に失敗する問題を解決しました。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年07月10日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2019年07月17日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • ときに発生する問題を修正しましたPureCloud ユーザー三分の一を加える相手組織外のアドホック会議に、第三相手見PureCloud ユーザー 「にもかかわらずの拡張子をトランクのアドレスのオーバーライドメソッドが未割り当てに設定されている」DID
  • Edge Out-of-ServiceおよびIn-Service状態の変更とコールドレインの改善。
  • 間違ったアルゼンチンの都市の地域検索を解決しました。
  • 再送信されたSIP要求で発生するSIPクライアントトランザクションテーブルの更新の問題を解決しました。
  • WebSocketサーバーコードのエラー処理の改善。
  • クラウドからの予期しない応答に対するキャッシュロックの可能性を排除しました。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年06月19日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2019年06月26日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • 長時間実行されるタスクでのコール制御の応答性に関する問題を解決しました。
  • エッジはして再起動する問題を修正しましたトランクイーサネットはオプションで結果をダウンリンクし、失敗を登録します。
  • メディアファイルのアップロードに大きな遅延を引き起こす可能性のある問題を解決しました。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年06月12日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2019年06月19日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • システムが永続的に接続されたリモートステーションにグループリングコールへの応答を許可しなかった問題を解決しました。
  • 外部ブリッジ転送でリングバックが意図したとおりに機能しなかった問題を解決しました。
  • VoiceXML fetchaudiodelayプロパティが意図したとおりに動作していなかった問題を解決しました。
  • すべてのネットワークインターフェイスに静的アドレスがある場合に、標準V3エッジデバイスに影響を及ぼす可能性のある問題を解決しました。
  • 絵文字が <prompt> 要素を使用すると、LinuxのVoiceXMLインタープリターがドキュメント終了エラーを発行します。
  • 増加許さ応答ポーリングシステムDのための時間ステータス不要なシステムDの再起動を避けるために。
  • line_outgoing.ccxmlファイルを更新して、存在しないtap_recorder_options()メソッドを修正しました。
  • Edge Controlの再起動時に孤立したメディアリソースをクリーンアップするロジックが改善されました。
  • JSONデータが <data> 要素は意図しないECMAScriptコードを実行しません。
  • スペインのコール分析モデルの更新(es-ES)。
  • ペルーのコール分析モデルの更新(es-PE)。
  • コールが応答後にコールコール分析が偽陽性のファックスCEDトーンを検出する問題を解決し応答 。
  • 未使用のリソースの検出に役立つロジックをメディアコードに追加しました。
  • EdgeはTLS接続の再利用を完全にサポートするようになりました。
  • TCPおよびTLS接続を介して送信されるSIPメッセージの再送信が改善されました。
  • 特定の配信確認通知の結果、500 ステータスコードが送信者に返されるという問題を解決しました。
  • TCPおよびTLS接続を介した大規模なSIPメッセージのSIP ライブラリサポートの改善。
  • 低レベルタイマーの改善。
  • UDP リスナーの「閉じる」操作の信頼性が向上しました。
  • PureCloud WebRTCはDTLS 1.2をサポートするようになりました。
  • OpenSSLをバージョン1.0,2sに更新しました。
Genesysは、EdgeおよびMedia Tierバージョン1.0.0.8182で回帰を発見しました。Edge and Media Tierバージョン1.0.0.8250は、バージョン1.0.0.8182を置き換え、そのバージョンからの機能強化と修正が含まれています。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年05月08日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2019年05月15日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • 解決問題トランク REGISTER 応答 Contactヘッダなしでは、その生じたトランクとREGISTERリクエストをキャンセルするために、そのインターフェイスを共有する他のトランク。
  • RFC 5923で指定されたTLS接続の再利用のサポートが追加されました。
  • の地域検索データを更新しました 2019年04月。
  • タイマークラスの実装を改善しました。
  • タイムゾーンデータを更新しました。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年04月10日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2019年04月17日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • Polycom Trio 8500会議電話のサポートを追加しました。
  • Standard V2ハードウェアエッジでNICアダプタ設定が変更されたときのスタティックルート処理が改善されました。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年03月20日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2019年03月27日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • どの保留音楽を再生するかを決定するためにシステムが使用する呼び出し言語検出ロジックが改善されました。
  • ハードウェアフォンによって開始された転送の信頼性が向上しました。
  • Edge to Cloud接続の安定性が向上しました。
  • プロセス管理の改善
  • 代替のspeakTo転送中にエラーを引き起こす可能性があるコール制御スクリプトの構文の問題を解決しました。
  • 別の転送を中断する転送によって転送ダイアログが失敗を返し、予期しないコールフローが発生するという問題が解決されました。
  • ロギングおよび分析データに対する分岐したINVITE要求の処理が改善されました。
  • システムがSIP構文の代わりにHTTP構文を使用してヘッダーフィールドパラメータ値を解析する問題を解決しました。
  • 対応する応答が返送される前に、接続(TCPまたはTLS)を介して受信されたSIP要求がクローズされる状況の処理の改善
  • OpenSSLをバージョン1.0.2rに更新しました。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年02月27日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2019年03月06日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • サポートされているハードフォンモデルからのコンサルト転送アクションで、エージェントが転送ボタンを押した後に期待どおりに転送を完了できない問題を解決しました。
  • カーネルがこの機能を提供する場合、Edgeは設定時にシステム時間をCMOSに節約
  • 通話相手の相手XTXYが通話をブラインド転送しようとしたときに、通話が正しく終了しないCCXMLコードの構文エラーを修正しました。
  • Edgeが2回目の転送を実行するために転送中にコールをトリガーしたときに発生する可能性がある問題を解決しました。この状況では、最初の転送が切断され、予期しないコールフローが発生する可能性があります。
  • 南アフリカ(en-ZA)の解析モデルの更新を呼び出します。
  • の地域検索データを更新しました 2019年01月。
  • プロセス管理の改善

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年02月13日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2019年02月20日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • 分岐されたINVITE中に外線通話で一方向の音声が聞こえる、または音声が聞こえない問題が解決しました。
  • Genesys QoSドライバ証明書を更新しました。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年01月30日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 金曜日, 2月 1, 2019
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • In / Out of ServiceコマンドのEdge処理が改善されました。
  • 別の転送を中断する転送によって転送ダイアログが失敗を返し、コールフローが誤った結果を提供するという問題を解決しました。
  • 組織の機能が有効になった後の最適化された静的リソース取得。
  • Edgeが過度に大きいインターフェイスアダプタのリストを使用してクラウドクエリに応答していた問題を解決しました。Edgeは機能的なアダプターの限定されたリストを送信します。
  • 個人用ボイスメールグリーティングおよび名前プロンプトの最大録音時間が20秒から60秒に増えました。
  • MIMEデータを含むSDPを含むインバウンドINVITEが480 SIP応答コード(一時的に利用不可)で失敗する問題を解決しました。それ以降の再試行は同じ理由で失敗しました。システムは488 SIPレスポンスコードを返すようになりました。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年01月11日。
  • Genesysが特定の状況で増加したWebRTC切断の報告を調査する間、自動更新は現在中断されています。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • In / Out of ServiceコマンドのEdge処理が改善されました。
  • 変換に失敗し、コールがスタックした16進数データUUIデータ要素のエラー処理パスの問題が解決されました。
  • 自動会議PINの音声アクティベーションが英語以外の言語で機能しない問題を解決しました。
  • システムがキャンセル要求応答を処理するときに発生する「分岐」INVITESに関する問題を解決しました。
  • TCPまたはTLS接続が閉じられないように、特定の低レベルエラーの処理を修正しました。
  • OpenSSLバージョン1.0.2qに更新しました。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2018年12月05日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2018年12月13日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • Edgeがすでに閉じられたダイアログで401(Unauthorized)応答を受け取った後に誤って応答するときに起こる問題を解決しました。
  • クライアントAPIによって発行された転送要求と外部参加者の切断との間のタイミング条件が、PureCloudから削除されなければならないスタック変換をもたらすという解決済みの問題
  • サーバーが暫定応答を返した場合にHTTPパイプライン処理の抑制が機能しないという問題が解決されました。
  • のICUタイムゾーンコードとデータを更新しました。 2018年10月。
  • 通話で音声が途切れる問題を解決しました。SDPでの無音圧縮を伴うSIP re-INVITEは、PCMコーデックの順序を変更していました。
  • ネットワークインターフェイスを共有する電話トランクが作成された後、またはインサービスステータスに移行された後にステータスの更新が遅くなる問題を解決しました。
  • 外部の相手 または 参加者が、ささやきが有効になっているエージェントに配信されたアウトバウンドキャンペーンコールでリングバックを聞く問題を解決しました。
GenesysはEdge and Media Tierバージョン1.0.0.7662で回帰を検出しました。 Edge and Media Tierバージョン1.0.0.7730はバージョン1.0.0.7662に代わるもので、そのバージョンからの機能拡張および修正が含まれています。

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2018年10月31日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2018年11月07日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • 1999年以前の発音が米国(en-US)、オーストラリア(en-AU)、およびイギリス(en-GB)で正しくなかったTTS問題を解決しました。
  • マイナーな最適化と修正

手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2018年10月18日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2018年10月24日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • VXMLライブラリロギングのメモリ管理を改善しました。
  • 同じインターフェイスに複数のIPアドレスが含まれているEdgeに関する問題を解決しました。システムはNICごとに1つのIPアドレスのみを許可するようになりました。
  • Edgeのサイトの国番号と一致する市外局番の電話番号が国内のアウトバウンンドルートと一致しなかった問題を解決しました。
  • 中国からのアウトバウンドルートのデフォルトの国内番号の長さを10から11に増やしました。
  • 解析エラーを引き起こし、失敗したArchitectフローを引き起こすVXMLライブラリの問題を解決しました。
  • INVITE分岐を検出するための最近の変更が、Toフィールドのタグパラメータがない101から199の応答をEdgeがどのように処理するかに影響を与えるという解決済みの問題
  • 記録がすでに再開状態にある場合、メディアサーバーは現在、記録再開コマンドを受け入れます。
  • UUI用の ’isdn-interwork’目的フィールドのサポートを追加しました。
  • の地域検索データを更新しました 2018年10月。
  • 特定のエラー条件を誤って処理すると、SIPおよびHTTP関連のモジュールによっては、アクティブなTCP / TLS接続が開かれていることがわからなくなるという問題が解決しました。
  • WebSocket接続の確立に失敗する可能性があるHTTPパイプライン化ロジックおよびWebSocketレスポンス処理ロジックに関する問題を解決しました。
  • CONNECTトンネルを確立するコードの問題を解決しました。