Verint WFM統合のワークフロー


注意:この記事は、Verint WFM履歴統合とVerint WFM RTA統合に適用されます。

以下は、Verint WFM履歴統合を使用した一般的なワークフローです。

  1. PureCloudは情報を処理し、レポートを生成します。
    1. PureCloudに基づいて情報の処理を開始インターバルでのコネクタ構成に設定PureCloud 。詳細については、 Verint WFM統合を追加します
    2. PureCloudための情報に基づいてレポートを生成し、 インターバルや店舗クラウドでこれらのレポートを。
  2. PureCloud送信場所コネクタにレポートのを。
  3. コネクタはレポートをダウンロードし、共有出力ディレクトリに配置します。
  4. WFMベンダーは、共有出力ディレクトリからレポートを取得します。

Verint WFMヒストリカルコネクタのワークフロー

レポートの詳細については、 Verint WFM履歴統合のレポート

統合について詳しくは、以下を参照してください。 Verint WFM履歴統合について

以下は、Verint WFM RTA統合を使用した一般的な起動および起動後のワークフローです。

起動時

  1. WFMベンダーがコネクタに接続します。
  2. コネクタの要求は、最初のユーザーからのプレゼンスPureCloud 。
  3. PureCloudは、プレゼンス情報をコネクタに送信します。
  4. コネクタは、プレゼンス情報をWFMベンダーに中継します。

起動時のVerint WFM RTA統合のワークフロー

起動後

  1. エージェントのプレゼンスが変更されると、この情報がPureCloud送信されPureCloud 。
  2. PureCloudは、プレゼンス情報をコネクタに送信します。
  3. コネクタは、プレゼンス情報をWFMベンダーに中継します。

起動後のVerint WFM RTA統合のワークフロー

統合について詳しくは、以下を参照してください。 Verint WFM RTA統合について