運送業者と協力して、BYOC施設の外部SIPトランクをプロビジョニングする

運送業者と協力して、BYOC施設の外部SIPトランクをプロビジョニングします。主に4つの手順があります。

1。Genesys Cloudの要件とサポートされているリストを提供する RFCを運送業者に送ります。

    • キャリアがSIPおよびRTPトラフィックの送信に使用するIPアドレスを一覧表示します。
    • トランクフェイルオーバーのための各EdgeデバイスへのSIP OPTIONS要求

    機能要件

    • アウトオブバンドDTMF(RFC 2833)
    • g.711パススルーによるファックス
    • 発信者番号(ANI)の有無にかかわらず着信コール
    • ANI ありのアウトバウンド コール
    • 初期のメディア
    • サポートの保留 (0.0.0.0 へ再度招待する)
    • 着信転送
    • 常時オーディオ
    • サービスを利用できません(キャリアからの503応答)

    SIP / RTPトラフィック要件

    • 通信事業者は、EdgeアプライアンスのIPアドレスからのSIPおよびRTPトラフィックを許可する必要があります。
    • マルチEdge展開には、順次トランクフェイルオーバーをお勧めします。
    • すべての受信/アウトバウンドSIPトラフィック用SIPポート5060
    • あなたと通信事業者との間の着信および発信音声トラフィックにはG.711コーデックを使用することをお勧めします。

    標準 説明
    RFC 791 インターネットプロトコル(IPv4)
    RFC 2327 SDP:セッション記述プロトコル
    RFC 2833

    DTMFディジット、テレフォニートーン、およびテレフォニー信号のRTPペイロード

    RFC 2833がサポートされていない場合(PBXおよび/または遠端で)、エンドポイントはインバンドを処理できるはずです。

    RFC 3261

    SIP:セッション開始プロトコル

    サポートされている転送方法はUDPです(RFC 768)とTCP(RFC 793

    PBXとサービスの間の双方向で、PBX固有の合意された転送方法(すなわち、UDPまたはTCP)が適用されます。

    RFC 3263

    セッション開始プロトコル(SIP):SIPサーバーの場所

    注記: Genesys CloudはSRVおよびNAPTRが除外されているため、このRFCを部分的にしかサポートしていません。

    RFC 3264

    セッション記述プロトコル(SDP)を用いたオファー/アンサーモデル

    RFC 3311 セッション開始プロトコル(SIP)の更新方法
    RFC 3515 セッション開始プロトコル(SIP)参照方法
    RFC 3550 RTP:リアルタイムアプリケーションのためのトランスポートプロトコル
    アールエフシー 3711

    Secure Real-time Transport Protocol (SRTP) > トランスフォーム非依存パラメータ

    : 通信事業者が暗号化キーを変更しないことが重要です。

    RFC 3891 " ;Replaces" ;ヘッダ
    RFC 3960 セッション開始プロトコル(SIP)における初期メディアおよび呼び出し音の生成
    RFC 4028 セッション開始プロトコル(SIP)のセッションタイマー
    RFC 4244 要求履歴情報のためのセッション開始プロトコル(SIP)の拡張
    RFC 4566 SDP:セッション記述プロトコル(RFC 2327の廃止予定)
    RFC 4904 tel / sipでのトランクグループの表現Uniform Resource Identifier(URI)
    RFC 5806 SIPでの宛先変更指示(ネットワークでは送信できません)
    ITU G.168 エコー・キャンセリング

     

    2. 運送業者と協力して、 BYOC施設SIPトランクアンケート 必要技術情報を添付してください。

    3. [ BYOC物件の下にトランクを作成する Genesys Cloudの外部トランク構成設定を変更して、キャリアの回答とSIPトランクの質問票を一致させる手順。

    4. 完了し、 SIP トランク 試験計画.