シリーズ: Architectで安全なフロー

安全なコールフローを操作する


前提条件
  • PureCloud 2 または PureCloud 3

以下の権限:

  • アーキテクト > ; フロー > ; 追加する
  • アーキテクト > ; フロー > ; 編集する
  • アーキテクト > ; フロー > ; 見る

Architectでは、セキュアアクションを処理するとき、または変数のコンテンツがセキュアとしてマークされているときに、フローはセキュア機能を想定します。安全なデータを消費すると、鍵のアイコンが表示されます。タスク内のキーアイコンは、そのアクションまたはその下のアクションが安全であるか、安全なデータを消費していることを示します。

安全な

注意:セキュアフローは、IVRでの時間、IVRでの平均時間、エージェント処理時間、平均エージェント処理時間、およびエージェント通話時間など、エージェントの分析メトリックに影響を与えます。詳細については、 メトリック定義

Architectで安全なコールフローに慣れるためには、をご覧ください。 セキュアコールフローについて そして 安全なフローシナリオ。セキュアコールフローの設定と設計の詳細については、次の項を参照してください。


記事 設定できる機能
フロー内のデータリソースを管理する

変数の編集方法、使用方法の表示方法、およびフローに対する変数の追加とフィルタリングの方法を学びます。

式のヘルプ機能 タスク式を作成するときに役立つように、組み込み式リソースにアクセスする方法を学びます。
式を使う 式を使用して、変数と演算子を選択して、洗練された複雑なフロー計算を作成します。
Architect組み込み変数

すべてのフロータイプについて、Architect組み込み変数のリストを参照してください。安全なコールフローのための組み込み変数は Flow.InvocationData。安全なコールフローでは、 データ更新 actionは変数をの値に更新します。 Flow.InvocationDatセキュアコールフローに提供される 

依存関係によるフローの検索 そして 依存関係検索タブ

特定の依存関係またはリソース(プロンプト、ユーザー、キューなど)によって使用されているフローを検索します。

Architect について

デフォルト設定の構成など、フローに関する詳細情報を見つけてください。フロー管理依存関係の検索フロー設計リソースヒント、ベストプラクティス、およびトラブルシューティング 

Architect権限の概要

Architect権限は、フロー設計タスクまたはジョブ機能に基づいています。PureCloud組織の管理者は、Architectユーザーに適切な権限を割り当てる必要があります。


記事 設定できる機能

フローを作成する

セキュアコールフローを含むフローの作成方法をArchitectで学んでください。

フロー内の安全なデータを検索する

データを含むフローを見つけてフロー内の安全なデータを検索する方法を学びます。

安全なデータバージョン履歴

フローの以前のバージョンにアクセスして表示し、どのバージョンに安全なデータが含まれているかを確認します。

セキュアデータ抽出データアクション

セキュアコールフローでは、このアクションはデータをセキュア変数から非セキュア変数にコピーします。

セキュアデータデータ呼び出しアクション

機密データを扱う場合はこのアクションを使用してください。 fたとえば、発信者のクレジットカードに請求する場合などです。
セキュアフローへの転送アクション  このアクションについては、着信、発信、およびキュー内のコールフローで利用できます。

エージェントアクションに戻る

フロー設計に応じて、セキュアフローの最後にこのアクションを追加すると、次のことが可能になります。

  • 呼び出し元を返すと、最初のフローに戻り、エージェントと再接続できます。
  • フローインスタンスが現在の通話以外の唯一の参加者である場合は、通話を切断します。
変数を管理する

変数のプロパティを表示および編集します。

フローのコピーを印刷

安全なフローの印刷可能なコピーを生成する方法を学びましょう。



安全なフローシナリオ :前回のおすすめ記事 次のおすすめ記事: