人員管理スケジュールを処理する


前提条件

以下の権限:

  • Workforce Management > ; 公開スケジュール > ; 見る
  • Workforce Management > ; スケジュール > ; 追加する、 削除する生成する、そして 見る

人員管理には、2つのスケジュール作成方法があります。

  • 負荷ベースのスケジュールを生成します。 負荷ベースのスケジュールでは、スケジュールエンジンを使用して予測のニーズを満たす最善の方法を決定します。このプロセスでは、作業計画とその作業計画に含まれるエージェントから生じる制限を使用します。
  • 空白のスケジュールを作成します。 空のスケジュールは、エージェントの追加、シフトの作成、およびスケジュールパラメータの設定を管理者に依頼します。

現在の週のスケジュールを開くと、デフォルトでスケジュールの現在の日のビュー(ビューを開いた日)が表示され、スケジュールの週の最初の日は表示されません。からスケジュールを作成 管理者 > ; Workforce Management > ; スケジュール 管理するスケジュールを選択する前に、右上隅にある「管理単位」リストから適切な管理単位を選択してください。

メモ
  • 同じビジネスユニット内のある管理ユニットから別の管理ユニットにエージェントを移動しても、エージェントは同じビジネスユニットのスケジュール内に引き続き表示されます。エージェントが別の管理ユニットに移動した後、新しい管理ユニットの下に新しいアドヒアランス情報が存在します。アドヒアランスの履歴データは、新しい管理ユニットのアドヒアランス履歴ビューに表示されます。エージェントが別の管理ユニットに移動すると、新しいスケジュールとアドヒアランス情報が新しい管理ユニットの下に存在します。
  • エージェントをある管理ユニットから別のビジネスユニットの別の管理ユニットに移動すると、 スケジュールとアドヒアランス情報は元の管理ユニットとビジネスユニットに残ります。ただし、元の管理ユニットでは、過去のアドヒアランスは表示されなくなりました。このプロセスにより、スーパーバイザは、履歴の目的で、ビジネスユニットと管理ユニットを移動する前に、 スケジュール上の同じ場所でエージェントを表示できます。エージェントが別の管理ユニットに移動すると、新しいスケジュールとアドヒアランス情報が新しい管理ユニットの下に存在します。
  • 休暇申請は、エージェントとともに新しい管理ユニットに移動します。休暇要求は、管理単位ではなくエージェントに固有であり、移動を伴うエージェントに従う必要があります。

別のタイムゾーンからの表示

デフォルト 、このビューはビジネスユニットのタイムゾーン使用しタイムゾーン 。管理者権限を持つユーザーは、ビューの右上隅にあるリストから選択することによって表示されるタイムゾーンを変更できます。このオプションは、異なるタイムゾーンからビューにアクセスする管理者にとって役立ちます。

履歴スケジュールの変更を監査

監査ログビューア では、労働力管理スケジュールの変更とその変更が発生した日付を表示できます。 現在、各Genesys Cloud Adminページのフッターから監査ログビューアにアクセスできます。 ワークフォース管理では、監査ログビューアにスケジュール ID と実行されたアクションが表示されます。; たとえば、追加、公開、更新、削除など。

今後のリリースでは、ユーザーは特定の労働力管理ページで監査ログビューアにアクセスできます。 リリースの情報には、スケジュールを変更したユーザー、スケジュール名、変更の影響を受けるエージェントも含まれます。 詳細については、以下を参照してください。監査ログビューアについて


注意:ビジネスユニットごとに一度に生成できるスケジュールは1つだけです。
アイテム 説明
ステータス 最後の負荷ベースのスケジュール生成の現在の状態(完了、キャンセル、失敗)、またはスケジュール生成のうちどれだけが完了したかの見積もり
開始日 負荷ベースのスケジュールが開始される日付。
生成の開始時間 スケジュールが生成された日時。
完了時間 スケジュール生成が完了した日時。
説明 管理者が追加したスケジュールの説明。
生成を開始したユーザー スケジュールを生成した管理者の名前。
生成結果 クリックすると、スケジュール生成からまとめられた警告のリストが開きます。


[スケジュール]リストには、現在の週の前半またはスケジュールが存在する最後の週から、最大26週間前と26週間前が表示されます。検索機能を使用して、+ / - 26週間の期間外のスケジュールを含むスケジュールを検索します。

アイテム 説明
生成する

生成スケジュール開きダイアログ ボックススを選択しますスケジュール 、週の週の数を開始スケジュール (1-6)とを生成するために、対応する予測を。

注意: スケジュール期間予報が生成するのに利用できるようにするためには、予測期間内に入らなければならないスケジュール (例えば、6週間のスケジュール 。6週間予報に合わせなければなりませんA 4週間のスケジュール 4、5内に入らなければなりません、または6週間の予測)。

追加する 新しいを作成します ブランク スケジュールは短期予測に関連付けられていません。
サーチ

各列には、検索テキストボックスまたは項目をフィルタ処理するためのオプションのリストが含まれています。ビューに応じて、フィルターしたいカテゴリを探し、以下のいずれかを行います。

  • フィルタに使用するカテゴリ列にテキストボックスが含まれている場合は、検索語を数文字入力します。フィルターを変更したことを知らせるメッセージが表示されます。適用するをクリックします。
  • フィルタに使用するカテゴリ列にリストが含まれている場合は、リストの最後にある矢印をクリックしてフィルタに使用する値を選択します。
更新する  表示されているスケジュールのリストを更新します。
開始日 スケジュールを開きます。
発行済み スケジュールが公開されているかどうかを示します。
変更日 スケジュールが最後に変更された日時。
変更者 スケジュールを最後に変更した人の名前。
説明 入力されている場合は、スケジュールについての説明情報。
生成結果 選択したスケジュールの生成警告を表示します。
短期予測 スケジュールに関連付けられている短期予測。
選択対象をすべて削除 1つ以上のスケジュールを選択すると、[選択したすべてを削除]オプションが表示されます。クリックするとスケジュールが削除されます。
もっと このボタンをクリックして表示されるメニューから、 列を表示/隠す または デフォルトにリセットを選択します。これらのオプションを使用すると、列を追加または非表示にしたり、ビューをデフォルト設定にリセットしたりできます。


関連タスク

仕事 説明
スケジュールエディターをナビゲートする スケジュールエディタで利用可能なオプションとビューについて学びます。
負荷ベースのスケジュールを作成する 短期予測からスケジュールを生成し、それにエージェントを追加します。
スケジュールを追加する 特定の週に空白のスケジュールを作成し、それにエージェントを追加します
スケジュールを編集する 選択したスケジュールに関連したさまざまなタスクを実行します。
スケジュールをコピーする 既存のスケジュールと同じコピーを作成し、必要に応じてさらに変更を加えます。
スケジュールを公開 スケジュールを公開し、オプションで情報の詳細を追加します。
エージェントのスケジュールを表示する エージェントダッシュボードで、エージェントが自分のスケジュールにアクセスして表示する方法を学びます。
スケジュールを削除する リストからスケジュールを完全に削除します。この操作を元に戻すことはできません。