参加者のデータ属性を表示する

前提条件
  • 会話 &gt ; コミュニケーション &gt ; 見る 

Genesys Cloudの品質マネージャーと品質評価者は、フローで定義された参加者データ属性をインタラクションの詳細ビューで直接表示できるようになりました。

Genesys Cloudは、会話の一部として参加者データ属性を保存します。 属性とは、対話中に一緒に移動する参加者に関する情報のことです。 参加者のデータ属性は、あるコールフローから別のコールフローへの転送間で保持されます。 これは、品質管理者と品質評価者がデータアクションの結果、IVRで収集された数字、およびデータテーブルで見つかった値の結果を知るのに役立ちます。

参加者の属性データを表示するには:

  1. [パフォーマンス] > [インタラクション] をクリックします。 
  2. 表示するインタラクションを選択します。
  3. 詳細 タブで、下にスクロールして 参加者データ セクション。
  4. クリック 表示する参加者のデータを展開します。
  5. オプション: NS参加者データの任意の値を上書きし、コピーアイコンを選択して、参加者データをクリップボードにコピーします。

メモ: 参加者データの存続時間(TTL)は60日です。 60日後、データはエクスポートされたときにのみアクセスできます。