エクスポートにCMKキーを使用する(オプション)

 メモ:   この記事は、CMKを使用したいお客様にのみ適用されます。 この記事は、標準のS3暗号化またはAWS管理のKMSキーには適用されません。
前提条件
  • コンプリートAWS S3バケットのIAMリソースを作成する Genesys CloudにS3リソースへのアクセスを許可するには、ロールを作成する必要があります。

カスタマーマネージドキー(CMK)を使用してアマゾンウェブサービス(AWS)S3バケットにオブジェクトをアップロードするには、暗号化の目的で対応するキーを使用するためのアクセス許可をGenesysアカウントに付与する必要があります。  この手順では、GenesysCloudをこのキーの承認済みユーザーとして追加するために必要な手順の概要を説明します。

  1. AWSにログインします。
  2. に移動します AWSサービス ページ。
  3. クリック キー管理サービス(KMS)
  4. GenesysCloudの役割を主要ユーザーに追加します。 これにより、GenesysCloudにキーを使用するためのアクセス権が付与されます。
    1. 案内する 顧客管理キー ページの左側にあります。
    2. GenesysCloudがエクスポートするS3バケットに使用されるキーを選択します。
    3. キーユーザー、 クリック 追加
      1. GenesysCloudにS3バケットへのアクセスを許可するために作成されたロールを選択します。 詳細については、AWS S3バケットのIAMリソースを作成します。
      2. クリック 追加.

次、AWS S3 Recording Bulk Actions統合を追加する.