Contact Center Compliance Corporationが提供するDNCスクラビングを使用する


前提条件:

  • プロバイダとの契約が必要です。
  • Contact Center Compliance CorporationのログインIDが必要です。あなたの ID はあなたをクライアントとして一意に識別し、サービスを使用する権利を認可します。
注意:管理者は キャンペーンのダイヤルモードを設定する キャンペーンをプログレッシブモードから予測モードまたはパワーダイヤルモードに変更するアクション。このアクションを設定する場合は、影響を受ける可能性のあるDNC.com構成設定などを確認してください。 そして ワイヤレス電話用。

この手順では、Contact Center Compliance Corporationが提供するWebサービスを使用して、ダイヤルするレコードが選択されたときにジャストインタイムDNCスクラブを実行するDNCエントリを作成する方法について説明します。

  1. クリック 管理者

  2. アウトバウンドダイヤリングクリック リスト管理

  3. クリック リストを呼び出さない タブ。

  4. クリック 新規作成.

  5. [DNCリスト名]フィールドに一意の名前を入力します。DNCリスト名にはスペース、数字、特殊文字を含めることができますが、一意である必要があります。

  6. 選ぶ DNC.com [DNCリストタイプ]ボックスから。

  7. ログインIDを入力してください ログインID ボックス。DNC.comログインIDは正確に44文字でなければなりません。

  8. 以下の結果コードを確認してください 呼び出せないコード。

    DNC.comを意味結果コードを返すステータス各スクラブ電話番号。デフォルト 、アウトバウンドダイヤリングは戻りコードがB、D、P、またはSの番号をブロックします。 呼び出せないコード セクションでは、他の結果コードをブロックするように発信ダイヤルを設定できます。

    以下の情報は、DNC Compliance Network™Enterprise Edition APIドキュメントバージョン2.12から派生しています。詳細については、Contact Center Compliance Corporationのドキュメントまたはテクニカルサポートを参照してください。

    結果コード 説明

    バツ

    それ以外のコール不可番号に適用される業界の免除。番号を呼び出すことができます。

    C

    クリーン、番号を呼び出すことができます。

    O

    確立されたビジネス関係(EBR)オーバーライドは、そうでなければコール不可番号(プロジェクトDNCで番号をオーバーライドする明示的なEBRを含む)に適用されました。番号を呼び出すことができます。

    E

    EBRは現在、 コール不可不可リストではなく有効です。番号を呼び出すことができます。

    R

    ない上、有効なEBRにするために使用EBR-数を期限切れコール不可リスト。番号を呼び出すことができます。CCC APIドキュメントによると、この結果コードは近い将来利用可能になる予定です。

    W

    USワイヤレス番号。番号はDNCデータベースにないか、または業界の免除によって上書きされています。ただし、予測ダイヤラーから呼び出すことはできません。

    注意:バージョン1では、WY、NJ、TX、LA、およびAZのワイヤレス番号は、スクラブオプションの積極的な設定と保守的な設定に関係なくワイヤレステレマーケティングコールを許可しないため、ワイヤレスに対してスクラブすることを選択する限り、常にDとして報告されます。 )

    G

    有効なEBRおよび米国のワイヤレス番号またはVoIP番号、DNCデータベース(バージョン2+)ではありません– EBRはこれらの規則の免除を構成しないため、予測ダイヤラーから呼び出すことはできません。

    H

    他のDNC番号(バージョン2+)をオーバーライドする有効なEBRでもある米国のワイヤレス番号またはVoIP番号– EBRはこれらの規則の免除を構成しないため、予測ダイヤラーから呼び出すことはできません。

    L

    手動でダイヤルしてもワイヤレス番号へのテレマーケティングを許可しない米国の州のワイヤレス番号(詳細についてはWを参照)。 DNCリストには含まれていません。 EBRではありません。 (バージョン2+)。

    F

    米国の州で有効なEBRとワイヤレス番号。手動でダイヤルしてもワイヤレス番号へのテレマーケティングが許可されません(詳細については、Wを参照してください)。 DNCリストにはありません。 (バージョン2+)

    V

    有効なEBRは、手動でダイヤルされた場合でもワイヤレス番号へのテレマーケティングを許可しない米国のワイヤレス番号でもあるDNC番号を上書きします。これらの状態は、WY、NJ、TX、LA、およびAZです。)(バージョン2+)

    無効-市外局番がアクティブでないか、予約/特別使用の電話番号パターン(555-5555など)。

    M

    不正な形式-数値は10桁などではありません。これは、実際にはDNC Compliance Network™Enterprise Editionのスクラブ結果には表示されません。代わりに、エラー応答が返されます

    B

    ブロック-番号は、このプロジェクトの国内サブスクリプションカバーされていない市外局番にあるか、設定済みの無通話市外局番にあるか、事前に記録された通話キャンペーンで免除が利用できませんでした。

    P

    プロジェクトDNCまたはDNFデータベースが一致します。それ以上のチェックは実行されません。DNC対DNF(Do Not Fax)に対するスクラブの選択は、 キャンペーンレベルで事前に行う必要があります。

    D

    データベースの一致を呼び出さないでください。理由フィールドに追加の詳細が表示されます。

    S

    切断済み–切断済み番号データベースと一致した番号(将来のサービス)

    T

    Tier C電話会社(つまり、通話料金が高くなる場合があります)(将来のサービス)

    Y

    DNCデータベースにないVoIP番号、または業界の免除により上書きされています。注意:この結果コードは、version = 3で、プロジェクトでVoIPスクラブが有効になっている場合にのみ返されます。VoIPスクラビングが有効で、バージョンが3未満の場合、電話番号はWで返されます。

  9. クリック 保存する

    メモ:ログインIDが無効な場合、DNCエントリを保存できません。無効なIDを入力すると、 PureCloudは認証失敗したことを警告します。
    dnc- 認証 -failure、ポップオーバー
    覚えておいてください-DNCエントリは、そうでない限り効果がありません キャンペーン割り当てられた

DNCスクラブの使用の詳細については、Contact Center Compliance Corporationのドキュメントまたはテクニカルサポートを参照してください。