統合のために Architect でデータアクションを使用する


注意:この記事は、AWS Lambda、Microsoft Dynamics 365、PureCloud、Salesforce、Webサービス、およびZendeskデータアクション統合に適用されます。

データアクション統合を追加してアクティブにしたら、 Architectで、統合に関連付けられた静的アクションまたはカスタムアクションを使用する対話フローを作成または更新できます。詳細については、 データアクション統合を追加し、 例コール フロー、そして データデータ アクションタイムアウトするまでの秒数は?.

注意:インタラクションフローでカスタムアクションを使用するには、まず統合用のカスタムアクションを作成する必要があります。詳細については、 カスタムアクションを作成する

次の手順では、 インバウンド コール フローで静的またはカスタムアクションを使用する方法について説明します。手順は、 Architect他の相互作用フロータイプでも同様です。

  1. 開いた Architect
  2. フローを作成または更新します。
    • フローを作成します。
      1. 追加するをクリックします。
      2. の中に フローを作成する ダイアログ ボックス 、フローの名前を追加します。
      3. クリック フローを作成
    • フローを更新します。
      1. 更新するフローをクリックします。
  3. データデータ アクションを追加しデータ アクション 。
    1. から ツールボックス、展開する 仕事 カテゴリーとドラッグ 仕事 エディターに。
    2. タスク開きます。
    3. から ツールボックス、展開する データ カテゴリーとドラッグ データアクションの呼び出し エディターに。
  4. 構成する データアクションの呼び出し
    1. の中に データアクションの呼び出し デザインフォーム、選択 カテゴリー フローで使用するデータデータ アクション

      カテゴリは、 PureCloud組織の統合の名前です。

    2. を選択 データアクション 使用したい。
    3. インプット、表示されるアイテムの変数を定義します。

      365は、Microsoft DynamicsのSalesforce 、Zendeskデータアクションの統合は、入力の下に表示されるプロパティが何に依存データ アクションは、選択しました。たとえば、データデータ アクションを選択すると、電話番号で情報が取得され、PHONE_NUMBERボックスが表示されます。統合によりPHONE_NUMBERボックスの電話番号がどのように変換されるかについては、 電話番号検索

      AWSラムダについてPureCloud 、およびWeb サービス データの行動の統合、あなたが作成した要求スキーマから来るように見えるの特性データ アクション 。

詳細については、 Architect方法など、 デザインの相互作用が流れ、参照 Architect ドキュメンテーション。

統合について詳しくは、AWS Lambdaデータアクション統合についてMicrosoft Dynamics 365データアクション統合についてPureCloudデータアクション統合についてSalesforceデータアクション統合についてWeb サービス データアクションの統合について、そして Zendeskデータアクション統合についてを参照してください。