コネクタにArchitectのブリッジアクションを使用する


注意:この記事は、Web サービス データ DIPコネクタに適用されます。

PureCloudでBridgeアクションを追加した後、ArchitectでWeb サービス データ dipコネクタのBridgeアクションを使用するコールフローを作成します。詳細については、 Bridgeアクションを追加する そして コールフローの例

先端:Architectを使用する前に、Bridge サーバーとコネクタの最新バージョンにアップグレードしてください。詳細については、 Bridge サーバーをアップグレードする そして Bridgeコネクタをアップグレードする

  1. Architectを開きます。
  2. フローを作成または更新します。
    • フローを作成します。
      1. 追加するをクリックします。
      2. フローの作成ダイアログボックスでフローの名前を追加します。
      3. クリック フローを作成
    • フローを更新します。
      1. 更新するフローをクリックします。
  3. Bridgeアクションを追加します。
    1. ツールボックスから、 仕事 カテゴリをドラッグして 仕事 エディタに。
    2. タスク開きます。
    3. ツールボックスから、 データ カテゴリをドラッグして Call Bridgeアクション エディタに。
  4. Call Bridge アクションを設定します。

    手順は、デフォルトのコネクタアクションとカスタムコネクタアクションでは異なります。

    • デフォルトのコネクタアクション
      1. Call Bridge Actionデザインフォームで、 カテゴリー フローで使用するBridgeアクションの
      2. を選択 Bridgeアクション あなたが使いたいこと
      3. [入力]で、表示されるプロパティの変数を定義します。

        [入力]の下に表示されるプロパティは、選択したBridgeアクションに関連付けられているコネクタアクションによって異なります。たとえば、選択したBridgeアクションがコネクタアクションGetContactByPhoneNumberに関連付けられている場合は、[電話番号]ボックスが表示されます。

      4. (オプション)「入力」で、CustomAttributeの変数を定義します。

        カスタム属性を使用して、CRMまたはサードパーティのXZCXまたは 参加者システムから追加情報を取得します。たとえば、取引先、ケース、または連絡先に関連付けられているメンバーレベルを返すには、CustomAttributeボックスに変数(member_levelなど)を定義します。

        1. Webサービスでサポートされている属性をArchitectの[入力]の下の[カスタム属性]ボックスに追加します(例:support_level)。
        2. Architectの出力の下のCustomAttributeボックスに名前を追加します。

          [カスタム属性]ボックスの名前の前に、コネクタアクションの種類を示すプレフィックスが表示されます。例Account. は、コネクター アクションである GetAccountByPhoneNumber に表示されます。

          Flowという接頭辞の後に必要なカスタム属性の名前を追加します(たとえば、Flow.supportLevel)。タスクを実行するには、例えば、発信者がゴールド メンバーかを判断するには (Flow.supportLevel == “gold”)、コール フローでこの出力用語を使用します。

        画像をクリックして拡大します。

        カスタム属性でArchitectのフローを呼び出す

    • カスタムコネクタアクション
      1. Call Bridge Actionデザインフォームで、 カテゴリー フローで使用するBridgeアクションの
      2. を選択 Bridgeアクション あなたが使いたいこと
      3. [入力]で、表示されるプロパティの値を定義します。

        表示されるプロパティは、Bridgeアクション用に作成したリクエストスキーマから取得されます。

      4. [出力]で、表示されるプロパティの値を定義します。

        表示されるプロパティは、Bridgeアクション用に作成したレスポンススキーマから取得されます。

      注意:コールフローを設計する方法を含むArchitectの詳細については、 アーキテクト ドキュメンテーション。

コネクタの詳細については、 Web サービスについて データディップコネクタ。