レポートのトラブルシューティング


前提条件

次のいずれかの権限( PureCloudスーパーバイザー 役割):

  • 報告 > ; ACD > ; 見る
  • 報告 > ; インタラクション > ; 見る
  • 報告 > ; 品質 > ; 見る
  • 報告 > ; アウトバウンド > ; 見る

理由レポートが失敗する

通常、レポートは、レポートの実行時に使用可能なシステムリソースよりも多くのシステムリソースを要求すると失敗します。例えば:

  • レポートパラメータが広すぎます。
  • レポートは過剰な量のデータを返します。
  • 同時に実行するレポートが多すぎます。
  • あなたはあまりにも多くのデータをエクスポートします。

レポートの失敗を修正する方法

  • レポートに含まれるエージェント、キュー、インタラクション、または日数が少なくなるようにレポートパラメータを調整します。
  • レポートの実行予定時刻を調整します。可能であれば、ピーク時以外の時間を選択してください。
  • 1時間ごとに実行されるレポートを制限します。代わりに、正午、日の終わり、またはオフピークのレポートを検討してください。

理由レポートが無効になっている

  • レポートは一度だけ実行されるようにスケジュールされていました。
  • レポートは2回連続して実行できませんでした。レポートを再度実行する前に、レポートが使用するシステムリソースが少なくなるようにレポートエディタでレポートパラメータを変更します。
  • PureCloudは未使用のレポートを自動的に無効にして、システムへの不要な負荷を減らします。レポートエディターでレポートスケジュールを確認して再度有効にすることができます。実際の使用に合わせてレポートスケジュールを変更することを検討してください。
    PureCloudは、次のガイドラインに基づいて未使用のレポートを無効にします。

    • 定期的なレポート:7日間連続してダウンロードされていない1時間ごと。
    • 定期的なレポート:連続14日間ダウンロードされていない毎日。
    • 定期的なレポート:連続した45日間ダウンロードされていない毎週。
    • 定期的なレポート:120日間連続してダウンロードされていない毎月。
    • 定期的なレポート:365日連続でダウンロードされていない四半期ごと。
    • 定期的なレポート:毎年1095日間連続してダウンロードされていない。