バージョン 1.0.0.8534 – 2019年10月16日


手動および自動更新の有無

  • すべての地域で手動アップデートが可能 2019年10月16日。
  • すべての地域で自動更新が有効になります 2019年10月23日。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

機能強化と修正

  • 南アフリカ(en-ZA)の解析モデルの更新を呼び出します。
  • エンドポイント待機、無音、および活動検出における競合状態を解決しました。
  • 同期されていないアクセスによる不定期の障害を解決するために、同期ポイント コードを更新しました。
  • HTTP モジュールを更新し、PUT および POST 要求本文の gzip/deflate コンテンツ エンコーディングをより便利にサポートしました。
  • WebSocket 接続の内部タイミングの問題が解決されました。
  • バージョン 1.0.2t に OpenSSL を更新しました。
  • エッジの起動時間を最小限に抑えるために、同時リソース フェッチを増やしました。
  • 更新されたタイムゾーンデータ 2019年09月.