リモートで作業するときに緊急アドレスを設定する

Genesys Cloud Voiceは、US-East-1、US-East-2、US-West-2、およびCA-Central-1地域のすべての組織で、米国およびカナダのRayBaum'sActをサポートしています。 この機能を使用すると、リモートアドレスを緊急アドレスとして指定できます。 Genesys Cloud Voiceを使用しているエージェントで、リモートで作業している場合は、緊急アドレス機能を使用して、リモートアドレスを緊急アドレスとして指定できます。 そうすることで、必要が生じた場合に緊急サービスを利用できます。

GenesysCloudの複数の場所からカスタム緊急アドレスを設定できます。 プライバシー上の理由から、このカスタム緊急アドレスはエージェントにのみ表示されます。

注意: Communicateモバイルアプリケーションからダイヤルされた緊急コールは、Genesys VoIPサービスではなく、モバイルデバイスのネイティブ電話サービスプロバイダーを介して送信されます。 モバイルデバイスで電話サービスを利用できない場合、GenesysVoIPサービスは設定で入力された最後の緊急アドレスを使用します。

要件

Genesys Cloud Voiceでこの機能を使用するには、各エージェントに独自のDID電話番号を割り当てる必要があります。 共有電話番号と内線番号は現在サポートされていません。

ダイヤル パッド

ダイヤルパッドからカスタム緊急アドレスを設定できます。

  1. サイドバーで、をクリックします 呼び出し 。
  2. ダイヤルパッドをクリックします。
  3. クリック 緊急アドレスを更新する
  4. プロフィールページに表示される緊急アドレスボックスに完全な自宅のアドレスを入力します。
  5.  保存するをクリックします。

ACDダイヤルパッド

ACDダイヤルパッドからカスタム緊急アドレスを設定できます。

  1. サイドバーで、をクリックします 相互作用
  2. クリック インタラクションを開始する。
  3. クリック 緊急アドレスを更新する
  4. プロフィールページに表示される緊急アドレスボックスに完全な自宅のアドレスを入力します。
  5.  保存するをクリックします。

ユーザー設定

ユーザー設定からカスタム緊急アドレスを設定できます。

  1. サイドバーから [その他] プロフィールをクリックします。
  2. クリック 緊急アドレスを更新する
  3. プロフィールページに表示される緊急アドレスボックスに完全な自宅のアドレスを入力します。
  4.  保存するをクリックします。