スクリーンポップデータ設定アクション


タスクシーケンス内で、[スクリーンポップの設定]データアクションを使用して定義済みのスクリプトを選択し、必要に応じて、実行時にユーザーが行った選択を保存する入力変数を構成します。このアクションのオプションは、どのデータベース情報Architectを収集するか、参加者に何を入力させるか、またはインタラクションが自分のキューに到達したときにエージェントに実行させるアクションを決定します。

注意:[スクリーンポップの設定]データアクションからは、公開されたスクリプトのみを利用できます。詳細については、 スクリプトを公開する

このアクションはフローカテゴリで利用可能です タスクエディタのツールボックス 

説明と使用

名前フィールド

スクリーンポップ設定アクションの識別名を入力します。ここで入力するラベルとなるタスク シーケンスに表示されるアクションの名前。

スクリーンポップスクリプト

このドロップダウンリストから適切なスクリプトを選択します。スクリプトデザイナーは、これらのスクリプトをGenesys Cloudスクリプトで作成して公開しました。

入力

選択したスクリプトに応じて、スクリーンポップが実行時に表示または実行する変数を定義します。スクリプトが定義済みの変数を必要としない場合、Architectは選択されたスクリーンポップスクリプトに入力がないことを示すメッセージを表示します。

注意:  横の矢印をクリック 入力  変数のリストを展開または折りたたむには

説明を表示または非表示にする

このリンクをクリックして、各入力に指定された各変数タイプの説明を削除または表示します。