Bridgeコネクタの認証情報を設定する


Bridgeコネクタがデータにアクセスするための資格情報をどのように受け取るかを決める必要があります。これを処理する方法は2つあります。

  • (推奨)Bridge サーバーからネットワークサービスの資格情報を使用する 
  • クラウドから資格情報を使用する

Bridge サーバーからネットワークサービスの資格情報を使用する

この方法では、Bridgeコネクタは、同じ資格情報を使用するBridge サーバーから資格情報を受け取ります。これには、システムへのアクセス権限を持つネットワークのドメイン アカウントが必要です。

PureCloudにログイン認証情報を与える必要がないため、これが推奨される方法です。

  1. Bridge サーバーのドメインアカウントを作成します。

  2. Bridge サーバーをインストールするときに、サービスアカウントの選択を求められたらこのドメインアカウントの認証情報を入力します。

クラウドから資格情報を使用する

この方法では、PureCloudでコネクタのログイン認証情報を指定します。Bridge サーバーは SSL 経由でクラウドからログイン情報を取得してコネクターに渡し、コネクターはそれを使ってデータ システムにアクセスします。

  1. Bridge サーバーをインストールするときに、サービスアカウントを選択するように求められたらデフォルトのオプションを受け入れます。
  2. Bridge サーバーにコネクタを追加する場合 管理者 > ; 統合 > ; Bridge各コネクタにこれらのログイン認証情報を入力します。