スケジュール数と予測数、日ごとの要約を確認する

負荷ベースのスケジュールを作成する場合、スケジュール エディターでは、スケジュール済み数、予測数、差異が示され、スケジュールを分析して計画するために役立ちます。 スケジュール エディターの一番下にある図で、リストから [スケジュール済みと予測] を選択します。

 メモ:   ビューに応じて、スケジュール済み数と予測数の表示は異なります。 以下の例は、日および日付範囲のビューで表示される情報を示しています。

スケジュール済みと予測

「日別表示」および「日付範囲」モードで使用可能な「スケジュール」および「予測」情報には、以下の行が含まれます。

  • [スケジュール済み]行には、その期間(15分間隔)にアクティビティタイプを持つエージェントの数が表示されます。
  • 予報(なし) 収縮)行には、その期間中に予測されたフルタイムと同等のエージェントの数が表示されます。 この値は、その期間のすべての予測値の合計であり、含まれていません 収縮
  • 違い(なし) 収縮)行には、[予定]行と[予測]行の差が表示されます。 収縮)行を含み、含まない 収縮
  • 予報(あり 収縮)行には、その期間中に予測されたフルタイムと同等のエージェントの数が表示されます。 この値は、その期間のすべての予測値の合計です。 収縮
  • 違い(と 収縮)行には、[予定]行と[予測]行の差が表示されます。 収縮)行を含み、含む 収縮

週モードでビューで利用可能な日ごとのサマリーは、以下の合計を提供します。

  • その日のシフトを持つエージェントの数。
  • {"error" :{"code" :400000,"message" :"One of the request inputs is not valid."}}

  • {"error" :{"code" :400000,"message" :"One of the request inputs is not valid."}}

マルチコンタクトタイプおよびマルチスタッフタイプの環境は非常に複雑であるため、予測スタッフ配置要件は単純な計算ではなく(たとえば、基本スタッフ配置要件)、Erlang-Cのような単純な式は使用しません。

代わりに、システムは数学的モデリング、数学的最適化、線形計画法、離散事象シミュレーション、およびヒューリスティックを利用する独自のプロセスを使用します。 スケジューリングエンジンは、特定の負荷を処理できる実際のエージェントに基づいて、現実的で最小限のエージェントセットを作成しようとします。表示される数は、サービスパフォーマンスの目標を達成するために必要な収縮を含むエージェントの数です。

使用されるエージェントは既存のエージェントに似ています(たとえば、同じキューの関連付け、メディアタイプの処理能力、およびスキル)。ただし、各エージェントの最大1つのクローンを追加できる柔軟性があります。