PureCloud for Salesforce のリリースノート


この記事では、 PureCloud for Salesforceすべてのリリースについて説明します。詳細については、 PureCloud for Salesforceについて.

注意:ほとんどの更新は自動です。設定が必要な新機能については、管理パッケージをアップグレードする必要があります。

まもなくリリース

これらの機能は私たちのドキュメントで説明されていますがまだ一般に利用可能ではありません。

  • Genesys Cloud for Salesforce SDKの例

2020年07月15日

  • ステータスタイマー

    A ステータスタイマーになりましたが表示さどのくらいA ユーザー特定されてきたステータス :ステータスタイマー.

2020年07月08日

  • ライトニングメッセージチャネル

    統合により、Lighting Message Service(LMS)を使用するLighting Experienceのカスタムクライアントイベントが公開されます。Salesforceのイベント

    開発者は、LMSを使用しGitHub 、 GitHubのPureCloud for SalesforceサンプルとPureCloud for Salesforce Einsteinリポジトリのサンプルコードとアプリケーションを使用できます。Salesforce Lightningアプリケーションのイベント( GitHub ) そして PureCloud for Salesforce Einsteinの例( GitHub ).

  • プログラムによるやり取りの転送

    統合により、changestateおよびInteraction.updateStateアクションを使用して、転送インタラクションをブラインド、コンサルト、および締結する機能が公開されます。Salesforceのイベント

  • a コールバック コールバックインタラクションの拡張のスケジューリング

    エージェントできるようになりまし切断コールバックの相互作用の後、彼らスケジュールのフォローアップコールバック 。以前は、エージェントは電話をかけるまでコールコールバック相互作用を切断できませんでした。a コールバックインタラクションにコールバックする.

2020年06月03日

  • インタラクション開始時間、接続時間、切断時間の属性

    管理者は、インタラクション属性Interaction.StartTime、 Salesforce.ConnectedTime、およびSalesforce.DisconnectedTimeを使用して、 Salesforceアクティビティレコードで、最初の参加者が参加したとき、またはエージェントがインタラクションに接続または切断されたときを示すことができます。インタラクション属性をSalesforceアクティビティレコードと同期させる

2020年05月27日

  • キャンペーン管理権限

    オブジェクトとフィールドのアクセス レベルレベルとフィールドレベルのセキュリティ要件を含む更新されたドキュメント:キャンペーン管理権限.

2020年05月13日

  • エージェントパフォーマンスの統計コールバック インタラクション

    コールバックインタラクション用のエージェントパフォーマンス統計を追加しました。エージェントパフォーマンス統計を表示する

  • すべてのキューチャット、Eメール、およびメッセージのスクリプトサポート

    スクリプトは、キューとの間のすべてのチャット、Eメール、またはメッセージのやり取りで使用できるようになりました。スクリプト

  • ラップアップ コード高速販売

    統合により、 ラップアップ コードがHigh Velocity Salesコールの結果として保存されます。PureCloud for Salesforce 概要をPureCloudした高速販売.

2020年04月29日

  • 南北アメリカ(カナダ)、アジア太平洋(ソウル)、およびEMEA(ロンドン)リージョン

    管理者はカナダ、ソウル、ロンドンをPureCloud 環境として選択できるようになりました。PureCloud組織の地域を変更する

2020年03月25日

2020年03月18日

  • Salesforceカスタム属性のイベント

    統合により、 Salesforce Classic コンソールおよびLightning Experienceにカスタム属性を追加する機能が公開されました。Salesforceのイベント

2020年03月11日

  • Apexクラスpurecloud.PCInteractionUtilityControllerへのアクセス

    現在、 Salesforce 権限セットを介してApexクラスへのアクセスを許可し、Lightning ExperienceでPureCloudInteractionUtilityを使用する管理者は、このApexクラスを追加する必要があります。PureCloud組み込みクライアントの管理者要件.

2020年02月26日

  • タブを閉じるときに切断設定

    管理者は、エージェントがインタラクションに関連付けられているSalesforceタブを閉じるときに、クライアントのインタラクションを切断するように統合を構成できるようになりました。コールセンターの設定

2020年02月12日

2020年01月29日

  • エージェントスケジュールビュー

    エージェントはクライアントでスケジュール表示できます。スケジュール見る.

  • Internet Explorer 11のサポートの削除

    Internet Explorer 11のサポートを削除しました。

  • Safariサポートの削除

    Safariのサポートを削除しました。

2020年01月15日

  • IVRでの合計時間のインタラクション属性

    管理者は、使用することができますインタラクション 属性 インタラクションに示すために.TotalIvrTimeをSalesforceどのくらいの活動記録インタラクションエージェントに接続される前に、IVRで過ごしました:インタラクション属性をSalesforceアクティビティレコードと同期させる

  • ACDでの合計時間のインタラクション属性

    管理者は、使用することができますインタラクション 属性 インタラクション.TotalAcdTimeに示すために、 Salesforceどのくらいの活動記録インタラクションを過ごしたエージェントにルーティングされています:インタラクション属性をSalesforceアクティビティレコードと同期させる

  • トレーニングビデオ

    トレーニングビデオを、コールロギング、 スクリーンポップアップ 、およびワークスペース転送に関する更新ビデオに置き換えました。トレーニングビデオ.

2020年01月08日

2019年12月18日

  • 交易要求のシフト

    エージェントと管理者は、クライアントのシフトトレードリクエストの通知を表示できます。アクセススケジュール通知.

2019年11月13日

2019年10月30日

  • WhatsAppインタラクションサポート

    統合により、着信WhatsAppインタラクションがルーティングされるようになりました。メッセージについて

2019年10月23日

2019年10月16日

2019年10月09日

  • 外部連絡先の検索構成

    管理者は、エージェントが対話を転送したり呼び出したりする前に、エージェントが検索 の場合に、統合がPureCloud 組織から外部連絡先を返すかどうかを制御できるようになりました。Salesforce で検索 を設定する.

  • 個人用ボイスメール受信ボックス

    ユーザーは、新しい個人用ボイスメールを受信したかどうかをすばやく確認し、クライアントからボイスメールに簡単にアクセスできます。個人用ボイスメールにアクセスする.

  • アクセストークンの有効期限

    クライアントは、アクセス トークン (セッション) の有効期限が切れる 30 分前にログインユーザーに警告を表示します(ユーザー ログイン中 より 30 分前でない限り、次の場合があります。クライアントにログインします

2019年09月18日

  • インタラクション 属性内部コールの

    管理者は、使用することができますインタラクション 属性 Call.Internalに示すために、 Salesforce呼び出しが内部であるかどうかを活動記録:インタラクション属性をSalesforceアクティビティレコードと同期させる

  • メールの所有者を自動で割り当てる

    管理者は統合を構成して、ルーティングされた電子メールのケース所有者を、対話をピックアップしたエージェントに自動的に割り当てることができます。コールセンターの設定

  • High Velocity Salesとの統合

    管理者は、Lightning ExperienceでSalesforce High Velocity Salesアプリケーションを使用するときに、セールスケイデンスステップの進行を自動化するように統合を設定できるようになりました。コールセンターの設定

2019年07月31日

  • チャット通知を展開する

    管理者はメッセージコンテンツでチャット通知ペイロードを修正するようにPureCloud for Salesforceを構成できるようにPureCloudました。コールセンターの設定

  • Salesforceナレッジの統合

    開発者は、エンドユーザーからのチャットメッセージに基づいてナレッジベース記事を返すようにSalesforce Einsteinをセットアップおよびトレーニングできます。PureCloud for Salesforce Einsteinの例( GitHub ).

2019年06月19日

2019年05月15日

  • 連絡先リストの列管理

    管理者は、 Salesforce キャンペーンメンバーレコードのフィールドをPureCloud連絡先リストの列に関連付けることができるようにPureCloud 。連絡先リストの列を構成する そして 連絡先リストの列管理を構成する

  • 順守通知外

    クライアントは、 ステータスがスケジュールされたアクティビティと一致しない場合にエージェントに通知するようになりました。順守外

2019年04月24日

2019年04月10日

  • Lightning Experienceのイベント

    統合により、Lightning Experienceのカスタムクライアントイベントが公開されるようになりました。Salesforceのイベント

2019年03月13日

2019年01月16日

  • 電話なしのエージェント

    エージェントは、最初に電話を選択せずにログインできるようになりました。クライアントにログインします

  • 送信SMSメッセージのサポート

    エージェントはキューに代わってSMSメッセージを送信できるようになりました。管理者は、これらのSMSメッセージに使用されるデフォルトの国コードを設定できます。SMSメッセージを送信する そして 国番号を設定する

  • クライアントメニューの設定の統合

    Click-to-Dialおよび代理で設定がキューに統合されました。WebRTC設定名はWebRTCに短縮されます。クライアントメニューの設定

2018年12月19日

2018年12月12日

  • Chromeの自動再生ポリシーの変更と音声の再生

    音声の再生に影響するChromeの自動再生ポリシーの変更に関するドキュメントを追加しました。Chromeの自動再生ポリシーの変更

2018年11月14日

  • 通知設定

    エージェントは、インタラクションが警告したときにクライアントの外部に通知を表示するようにクライアントを設定できます。通知を設定する

  • キャンペーン管理用の電話設定

    この統合により、管理者はキャンペーン管理用に複数の電話の種類を設定し、キャンペーン設定で使用する電話の種類を指定できるようになりました。電話の種類を設定する そして 電話の種類管理を構成する

  • Salesforceタブとクライアントインタラクションの同期

    管理者は、Salesforceの主タブをクライアントのインタラクションと同期するように統合を設定できるようになりました。ClassicとLightning Experienceの両方のSalesforceコンソールアプリケーションで利用可能です。コールセンターの設定

2018年10月31日

  • 問題のある電話にフラグを付ける

    エージェントは、音声の劣化、予期せぬ切断、不完全な接続、失敗した転送など、音声品質の問題があるコールおよびACD音声インタラクションにフラグを立てることができます。通話コントロール

2018年10月17日

  • Salesforce Winter ’19 Apexクラスへのアクセス

    Salesforce Winter ’19以降、管理者は新しいSalesforce組織のユーザーにApexクラスへのアクセス権を付与する必要があります。管理者の要件

2018年09月12日

ビルド1.0.2525
  • Facebook、LINE、およびTwitterのインタラクションサポート

    統合により、受信Facebook、LINE、およびTwitter インタラクションルーティングされインタラクション 。メッセージについて

  • オムニチャネル同期の機能強化

    エージェントがSalesforceオムニチャネルとPureCloud(Salesforce)のアイテムを処理しているときにステータスを同期する設定を追加しました。オムニチャネル同期を設定する そして Omni-Channel syncの使い方

  • 専用ログインウィンドウ

    管理者は、組み込みウィンドウでは機能しないログインプロバイダに別のログインウィンドウを使用するように統合を設定できるようになりました。コールセンターの設定

  • 不在時のスケジュール

    エージェントは、クライアントから不在通知の日時をスケジュールできるようになりました。あなたのステータスを変更する

  • 時間枠なしのアフターコール作業用のタイマー

    タイマーは非タイムボックス化に費やす時間の量を示すためにラップアップウィンドウに追加後処理 :インタラクションをまとめる

2018年08月29日

ビルド1.0.2503
  • 発信通話の発信者IDサポート

    管理者は、エージェント入力またはグローバル設定を介して発信通話の発信者ID情報を送信するように統合を設定できます。電話を掛ける そして 発信者IDを設定する

2018年07月04日

ビルド1.0.2458
  • Lightning Experienceのワークスペース転送とオムニチャネル同期

    統合により、Lightningアプリケーションのワークスペース転送とオムニチャネル同期がコンソールナビゲーションでサポートされるようになりました。ワークスペース転送 そして Salesforceオムニチャンネル

2018年06月20日

ビルド1.0.2451

2018年06月06日

ビルド1.0.2424
  • プレビュータイマー

    発信ダイヤル操作をプレビューするためのタイマーを追加しました。

  • メッセージインタラクションのエージェントパフォーマンス統計

    メッセージインタラクションに関するエージェントパフォーマンス統計を追加しました。エージェントパフォーマンス統計を表示する

  • コンテンツリスト

    簡単に参照できるように、すべてのPureCloud for Salesforce記事のリストを追加しました。SalesforceコンテンツリストのPureCloud

    2018年05月16日

    ビルド1.0.2401
    • 検索設定

      エージェントがインタラクションを転送したり電話をかけたりする前に検索するときに、管理者がPureCloud組織からの人、PureCloud組織からのキュー、またはSalesforce組織からの人のいずれを返すかを管理者が制御できるようになりました。検索を設定する

    2018年05月09日

    ビルド1.0.2384
    • 送信メールサポート

      エージェントはキューに代わってEメールを送信できるようになりました。メールを送る

    2018年05月02日

    ビルド1.0.2377
    • スケジュールされたコールバック

      エージェントは音声インタラクションのためのコールバックをスケジュールできるようになりました。コールバックをスケジュールする

    • EU(フランクフルト)地域

      管理者は、PureCloud環境としてフランクフルトを選択できるようになりました。PureCloud組織の地域を変更する

    • Salesforceの検索結果

      管理者は、さまざまなオブジェクトから電話番号を返すようにSalesforceを設定できます。検索を設定する。設定後、エージェントはクライアント内のやり取りを自分のSalesforce組織内の連絡先に転送できます。送金

    • 検索中のメールインタラクション統計

      インタラクションを転送したり、人やキューに電話をかけたりするときに処理されているEメールのインタラクションの数が統合によって表示されるようになりました。ブラインドでインタラクションを転送電話をかける、そして 電話を掛ける

    2018年04月04日

    ビルド1.0.2349
    • 埋め込みインタラクションウィンドウ

      スクリプト、チャット、Eメール、およびSMSメッセージ用にLightning Experienceの埋め込みインタラクションウィンドウを使用するためのサポートが追加されました。埋め込みインタラクションウィンドウを追加する

    2018年03月28日

    ビルド1.0.2339
    • ACDボイスメールインタラクションのサポート

      ACDボイスメールインタラクションをルーティングする機能を追加しました。ACDボイスメールについて.

    2018年03月21日

    管理パッケージ2.26
    • キャンペーン管理 

      統合により、管理者はSalesforceでPureCloudアウトバウンドダイヤルキャンペーンを作成、管理、および表示できます。キャンペーン管理について

    2018年03月14日

    ビルド1.0.2322
    • SMSインタラクションサポート

      着信SMSインタラクションをルーティングする機能が追加されました。メッセージについて

    • 稲妻体験

      Lightning Experience Spring 18ではカスタムページのクリックダイヤルがサポートされているため、クリックダイヤルの制限に関する情報が削除されました。稲妻体験

    2018年01月24日

      2017年12月05日

      • 稲妻体験

        スクリーンポップとLightningサービスコンソールの制限事項に関する情報を追加しました。稲妻体験

      2017年11月07日

      ビルド1.0.2273
      • 通話とチャットを同時に閲覧する

        エージェントは、コールおよびチャットのインタラクション中に、注釈とページ制御を使用してカスタマーのWebページの閲覧を閲覧し、カスタマーと共同作業を行うことができます。共同閲覧を使用する

      • 通話やチャット用の画面共有

        エージェントは、通話およびチャットのインタラクション中にカスタマーのデスクトップまたはアプリケーションを表示できます。画面共有を使用する

      2017年09月26日

      ビルド1.0.2262

      2017年08月29日

      ビルド1.0.2224
      • 時間枠付きのアフターコール業務

        追加タイマーウィンドウラップアップのための時間箱入り後処理の音声にインタラクション:インタラクションをまとめる

      • コールバックのラップアップウィンドウの変更

        PureCloud動作に合わせてラップアップラップアップ コード選択のためにラップアップウィンドウが自動的に開くタイミングを変更しました。コールバックインタラクションに応答する

      • インタラクションログ保存エラー

        Salesforceエラーのためにインタラクションログが保存されないというエラーメッセージが更新されました。インタラクションログを保存できませんでした

      • 状況リストでのキューへの配置

        On Queueステータスがステータスリストの一番上に移動しました。クライアントインターフェース

      • すべてのキュー呼び出しに対するスクリプトサポート

        スクリプトは、キューとの間のすべての通話インタラクション(着信通話、コールバック、発信ダイヤル)で使用可能になりました。スクリプト

      2017年08月23日

      管理パッケージ2.22
      • 新会社のロゴ

        統合を通じて会社のロゴが更新されました。

      2017年08月02日

      管理パッケージ2.21
      • Salesforce Eメールのルーティング

        Process Builderを使用するか、または当社のSDKにアクセスすることによって、ケース・ツー・ケース機能を通じて受信したSalesforce Eメールをルーティングする機能が追加されました。SalesforceEメールのルーティングについて

      2017年07月18日

      ビルド1.0.2218
      • Microsoft Edgeのサポート

        サポートされているインターネットブラウザのリストを更新しました。ブラウザの要件 そして 管理者の要件

      • サーバー側のログ

        カスタマーケアアクセスのためにサーバー側のログを有効にする設定を追加しました:コールセンターの設定

      • Service Cloudでのクライアントの可視性

        インタラクションが警告したときにService Cloudのクライアントが自動的に開くようになりました。クライアントにアクセスする

      2017年07月10日

      ビルド1.0.2215
      • バグの修正

      2017年06月12日

      ビルド1.0.2204
      • バグの修正

      2017年06月07日

      ビルド1.0.2192
      • キュー統計

        更新されたインターフェースは、電話の発信または転送時に待機統計のすべてのメディアタイプを表示します。電話を掛ける

      • Lightning Experienceの修正

        Lightning Experienceのインタラクションログの制限に対する修正を実装し、ドキュメントから制限を削除しました。稲妻体験

      • バグの修正

      2017年05月02日

      ビルド1.0.2171
      • トレーニングビデオ

        クイックスタートビデオとスクリーンポップとインタラクションロギングに関するビデオを追加しました。 トレーニングビデオ

      • バグの修正

      2017年04月26日

      2017年04月05日

      ビルド1.0.2154
      • Eメールインタラクションのサポート

        Eメールのやりとりをルーティングする機能が追加されました。Eメールのやり取りに応答する

      • 稲妻体験

        手順を更新し、Lightningアプリのセットアップの下にあるSalesforceドキュメントへのリンクを追加しました。稲妻体験

      • 電話ログアウト警告

        クライアントとのやり取りの最中にPureCloudからログアウトしたときに表示される警告メッセージに関するセクションを追加しました。トラブルシュート

      • バグの修正
      注意:これらの機能の少なくとも1つを利用するには、Salesforce管理パッケージ用のPureCloudの最新バージョンを使用する必要があります。見る 管理パッケージをインストールまたはアップグレードする 詳細については。

      2017年03月01日

      ビルド1.0.2143
      • 呼び出し設定

        インタラクションの警告時にクライアントの呼び出し音をミュートする設定を追加しました。通知を設定する

      • エージェントパフォーマンス統計

        エージェントがインタラクションタイプ別にリアルタイムの統計を見ることができるようになりました。エージェントパフォーマンス統計を表示する

      2017年02月01日

      ビルド1.0.2139

      2017年01月23日

      ビルド1.0.2124
      • コール転送 

        着信転送を設定し、着信転送がいつ有効になるかを確認する機能が追加されました。コール転送

      • Safariのサポート

        サポートされているブラウザのリストにSafariを追加しました。管理者の要件

      • 代理設定時の設定

        キューの代わりに複数の呼び出しに対して持続するようにキュー選択を構成する設定を追加しました。電話を掛ける

      2016年12月20日

      ビルド1.0.2106
      • ラップアップウィンドウの動作

        インタラクションが終了するとウィンドウが自動的に開きます。インタラクションをまとめる

      • [キューの代理で電話をかける]テキストボックス

        エージェントがキューのメンバーではない場合、[キューに代わって]テキストボックスがクライアントに表示されません。電話を掛ける

      • コールバックのためのANIによるスクリーンポップ

        コールバックインタラクションは、デフォルトでANIに基づいてポップされます。スクリーンポップ

      • オプションの仕上げ作業チェックボックス

        ラップアップウィンドウからチェックボックスを削除:インタラクションをまとめる

      • Lightning Experienceのセットアップ

        Lightningアプリのセットアップに関する情報を追加しました。稲妻体験

      • スクリーンポップのトラブルシューティング

        スクリーンポップを受け取らないことに関する情報を追加しました:トラブルシュート

      • Pop WebRTC Phoneウィンドウ選択の配置

        選択をWebRTC設定ウィンドウの一番下に移動しました。WebRTCの電話設定を変更する

      • 録音のための安全なポーズコールコントロール

        録音を一時停止するための安全な一時停止コール制御が追加されました。通話コントロール

      2016年11月02日

      ビルド1.0.2052
      • Lightning Experience用のSalesforceに対するPureCloudのサポート。
      注意:これらの機能を利用するためには、PureCloud for Salesforce マネージド パッケージの最新バージョンを使用する必要があります。見る 管理パッケージをインストールまたはアップグレードする 詳細については。

      2016年10月24日

      ビルド1.0.2052
      • ワークスペース転送を自動関連付けます。
      • バグ修正。

      2016年09月28日

      ビルド1.0.2026
      • WebRTC電話の自動応答サポート。

      2016年09月26日

      ビルド1.0.2022
      • WebRTCウィンドウは、別ウィンドウとして設定可能、またはクライアントに埋め込まれています。
      • バグ修正。

      2016年09月19日

      • トラブルシューティングをサポートするWebRTC電話の実装。

      2016年09月09日

      ビルド1.0.2006
      • バグ修正。

      2016年9月6日

      ビルド1.0.1997
      • キュー統計がEWT(推定待ち時間)で更新されました。
      • バグ修正。

      2016年08月25日

      ビルド1.0.1987
      • 日本語サポート
      • バグ修正。

      2016年08月05日

      ビルド1.0.1969
      • 発信ダイヤル機能
      • 発信ダイヤル用のスクリプトサポート。
      • ブラジルポルトガル語の言語サポート。
      • バグ修正。

      注意:これらの機能を利用するためには、PureCloud for Salesforce マネージド パッケージの最新バージョンでなければなりません。見る 管理パッケージをインストール/アップグレードする 詳細については。

      2016年07月26日

      ビルド1.0.1955
      • コールバックのサポート
      • 二次ステータス用のSalesforceコンソールイベントをサポートします。
      • バグ修正。

      2016年07月07日

      ビルド1.0.1937
      • バグ修正。

      2016年06月17日

      ビルド1.0.1919
      • ログアウト用のSalesforceコンソールイベントをサポートします。
      • ログイン時に自動的にデフォルトステーションを選択します。
      • バグ修正。

      2016年05月19日

      ビルド1.0.1844.1
      • 追加のステータスサポート(新しいステータスがプラットフォームで利用可能になるのを保留)。
      • キューアクティベーションのサポート
      • DTMFサポート用のダイヤルパッドコール制御
      • シングルサインオンIDプロバイダ機能。
      • バグ修正。

      2016年04月15日

      ビルド1.0.1765
      • バグ修正。

      2016年03月31日

      ビルド1.0.1723
      • 管理者の要件ページのPureCloudの権限要件を更新しました。
      • 検索結果を人またはキューでフィルタします。
      • 高度なアクティビティ管理属性Salesforce.ParticipantIdおよびSalesforce.WrapUpCodeが追加されました。
      • ステータスの変更と通話アクティビティのためのSalesforceコンソールイベントをサポートします。
      • SureforceでPureCloudの記録へのリンクを作成するための手順。
      • バグ修正。

      注意:これらの機能を利用するためには、PureCloud for Salesforce マネージド パッケージの最新バージョンでなければなりません。見る 管理パッケージをインストール/アップグレードする 詳細については。

      2016年03月17日

      ビルド1.0.1682
      • 相談転送を行います。
      • インタラクションをドラッグアンドドロップして電話会議を作成します。
      • インタラクションの詳細の表示で、通話が接続されている時間の長さを示します。
      • 警告時にクライアントが鳴ります。
      • バグ修正。

      2016年03月03日

      ビルド1.0.1648
      • 転送時にワークスペースを転送します。
      • インタラクション属性をSalesforce属性にマップするための追加の詳細アクティビティ属性(通話時間と通話後時間)のマッピング。
      • 統合がANIをSalesforceで検索する前に削除する国コードをカスタマイズすることによって、ANI機能からのスクリーンポップを強化
      • バグ修正。

      2016年02月18日

      ビルド1.0.1622
      • 個人取引先をサポートします。
      • 複数の地域をサポートしています。
      • キューに代わって電話をかけます。
      • カスタムクリックツーダイヤルで誰と何を自動関連付け
      • 通話を発信または転送するときに、ユーザーとキューを先読みする
      • コールをキューに転送または転送する前にキューの統計情報を表示します。
      • インタラクション属性をSalesforce属性にマップするための高度なアクティビティ属性マッピング。
      • インタラクション詳細の表示をカスタマイズします。
      • バグ修正。

      注意:これらの機能を利用するためには、PureCloud for Salesforce マネージド パッケージの最新バージョンでなければなりません。見る 管理パッケージをインストール/アップグレードする 詳細については。

      2016年02月04日

      ビルド1.0.1568
      • コールセンターの設定は、コールセンターの定義から別の設定ページに移動しました。見る ワンタイムアップグレード手順 この新しい設定を使用します。
      • バグ修正。

      注意:これらの機能を利用するためには、PureCloud for Salesforce マネージド パッケージの最新バージョンでなければなりません。見る 管理パッケージをインストール/アップグレードする 詳細については。

      2016年01月07日

      ビルド1.0.1507
      • PureCloudで有効になっている統合のライセンスチェック。
      • 対話ログを有効または無効にするためのオプション。

      2015年12月08日

      ビルド1.0.1399
      • PureCloudで使用される認証プロトコルであるOAuth 2.0をサポートします。
      • 切断されたインタラクションをダブルクリックしてリダイヤルします。

      2015年11月19日

      ビルド1.0.1390
      • 応答していないときにキューへのグレースフルリターンやキューからの終了など、キュー上のエージェントをサポートします。
      • まとめカテゴリとメモのアフターコール作業。

      2015年11月13日

      ビルド1.0.1320
      • 通話を録音します。
      • クリックしてダイヤルするために、Salesforceレコードをインタラクションログに自動関連付けします。

      2015年08月14日

      ビルド1.0.1101
      • カスタムインタラクション属性SF_UrlPopおよびSF_SearchValueのスクリーンポップ。
      • Salesforce用のPureCloudの初期リリース。基本的な通話制御、エージェントの状態、通話履歴、スクリーンポップ、クリックダイヤルのサポートが含まれます。