キュー要約要約報告書

Queue Wrapup Summaryレポートには、特定の日時範囲内にエージェントが1つ以上のキューでのインタラクションに使用した後処理コードが表示されます。 レポートでは、情報をキュー名でアルファベット順に、次にメディア タイプ別に並べ替えます。 レポートでは、キューのラップアップ コードの一覧を、頻度の高いものから低いものへ降順で表示します。   レポートには、エージェントがキューでインタラクションに割り当てた各ラップアップ コードに関する次の情報が含まれます。

  • ラップアップコードとのインタラクションの総数
  • キュー内の合計インタラクションと比較した、ラップアップ コードとのインタラクションの割合
  • インタラクションの全長と平均長  ラップアップコード
  • キュー内のインタラクションの合計の長さと比較した、ラップアップコードとのインタラクションの合計長さの割合

レポートはチャットや電子メールなどの複数のメディアタイプをサポートしています。これはいくつかの方法でレポートに影響を与える可能性があります。

  • インタラクションタイプに適用されないフィールドは &quot ;N / A&quot ;とマークされます。 例えば、メールを保留にしたり放棄することはできません。  
  • 「通話時間」は、エージェントとカスタマーが接続されている時間を表す規格 または 標準です。
  • レポートでは、カスタム パラメーターに含まれているすべてのメディア タイプの情報が表示されます。  例えば、キューで音声のみが処理される場合に、レポート パラメーターとしてチャットを選択すると、レポートにはチャットの統計情報が含まれます。  キューはチャット インタラクションを処理しないため、結果は空白になります。

このレポートを実行して、次のようなまとめコードを決定します。

  • エージェントは最も頻繁に使用します。
  • エージェントがほとんどの時間を費やしたインタラクションを特定します。

キュー要約要約報告書

レポート列    説明
ラップアップ コード 

エージェントまたはGenesys Cloudによって設定された、インタラクションのためのラップアップコード。 オプションに設定すると、ラップアップコードを選択するか、[完了]をクリックして次のインタラクションに進むことができます。

近日公開予定
Agent Requested wrapupがキューに設定されている場合、インタラクションはラップアップコードなしでラップアップされる可能性があります。 この場合、 <No Wrapup="" Code=""> が表示されます。 

コール エージェントが後処理コードを割り当てたインタラクションの総数。 この列には「コール」と表示されていますが、他のメディアタイプにも適用されます。
合計 % キュー内の合計インタラクションと比較した、ラップアップコードが割り当てられたインタラクションの割合。
合計 まとめコードに割り当てられたインタラクションの合計長。
平均 後処理コードを割り当てたインタラクションの平均長。
合計 % キュー内のインタラクションの合計の長さと比較した、ラップアップコードが割り当てられたインタラクションの合計長さの割合。