キュー変数を追加する


キューはインタラクションの「待ち行列」です。 Architectでは、キュー式は作業項目を適格なキューにルーティングします。キューはGenesys Cloud管理者が設定および設定します。

タスクシーケンスにキュー変数を追加する

タスクシーケンスでは、データの更新データアクションにキュー変数を追加できます。例えば、上級テクニカル サポートまたは専門のマーケティングチームにコールを転送するなどです。

  1. ツールボックスから、 データ カテゴリとドラッグ データ更新 タスク内の目的の場所へのアクション。
  2. 「データの更新」設計フォームの 名前フィールドに、アイテムを説明するわかりやすい名前を追加します。
  3. 更新ステートメントを追加する ボタンをクリックしキューを選択します。
  4. の中に 変数名 フィールドに、タスクの変数を識別するためのラベルを入力します。
  5. の中に 割り当てる値 field、次のいずれかを実行します。
    • リテラルモードからキューを設定するには、ドロップダウンリストから適切なキューを選択します。
    • 式を使用してキューを設定するには、式ボタンをクリックして次のいずれかを実行します。
      • インライン式を追加します。
      • クリック 式を編集 ボタンをクリックして式エディタを開き、式を作成します。
  6. オプションで別の変数を追加するには、 更新ステートメントを追加する ボタン。