通話前のルール


システムが電話をかける前に、 事前連絡 ルール条件が評価され、発信者ID番号と名前の設定、連絡先列の更新、連絡先へのダイヤルなしなどのアクションを実行するかどうかが決定されます。

期間 かどうかをテスト 比較子 条件に応じたアクションの実行 アクション

コールが発信される前

連絡先リストの列、

連絡先プロパティ、

電話番号、または

電話の種類(自宅、携帯など)

で始まる、含む、で終わる、または等しい

私の価値

が満たさ (反転条件 = なし)

または

が満たされない (反転条件 = Yes)

反転した条件は、条件が満たされないときにアクションを実行します。

発信者IDの名前と番号を設定するか、この番号をダイヤルしないか、連絡先リストの列を更新するか、この通話をプレビュー通話にします

ルールカテゴリを事前呼び出しに設定する

ルール条件を上記のいずれかに設定します

比較演算子の選択

値を入力または選択する

オプションスイッチを使用して条件を反転します。

条件を反転するために使用するスイッチを図します。

アクションタイプを選択してください

ノート

  • 呼び出し前のルール評価が失敗した場合(例えば、タイムアウトする場合待ちルール・サービスのため)、その後、システムは、電話をかけていません。この動作により、システムは必要な呼び出しのみを行うようになります。

  • ACDルーティングプレビューコールには、コール前ルール評価の例外が存在します。複数の連絡先列がある場合に、通話前の電話の種類または電話番号を調べるルールは、ACD経由のプレビュー通話では評価されません。ACDでルーティングされたプレビュー呼び出しは、レコードの種類やその他の番号に関係なく、単一の対話なので、これは意味がありません。

  • コールが発信またはルーティングされる前に、コール前のコール禁止アクションを含むルールを持つプレビューキャンペーンが実行されます。これにより、エージェントは、DNCルールのために呼び出されないコールを発信できなくなります。具体的には、プレコールDNCルールは、プレビューコールがルーティングされる前、およびエージェントが「コール開始」をクリックした後にコールが発信される前に評価されます。