通話前のルール

システムが電話をかける前に、 通話前 発信者のID番号と名前の設定、連絡先の列の更新、連絡先へのダイヤルなどの操作を実行するかどうかを決定するために、ルール条件が評価されます。

日付 かどうかをテスト 比較子 条件に応じたアクションの実行 アクション

電話がかけられる前

連絡先リストの列

連絡先、

電話番号

電話のタイプ (自宅、携帯など)

で始まる、含む、で終わる、または等しい

私の価値

が満たさ (反転条件 = なし)

または 

が満たされない (反転条件 = Yes)

ある 反転条件 条件が満たされない場合にアクションを実行します。

発信者IDの名前と番号を設定するか、この番号をダイヤルしない、連絡先リストの列を更新する、またはこの通話をプレビュー通話にする

呼び出し前に規則のカテゴリを設定します。

ルール条件を上記のいずれか 1 つに設定する

比較演算子の選択

値を入力または選択する

オプションスイッチを使用して条件を反転します。

条件を反転するスイッチを示す図

アクション タイプを選択

ノート: 

  • 通話前のルール評価が失敗した場合(たとえば、ルールサービスの待機中にタイムアウトになった場合)、システムは通話を発信しません。 この動作により、システムは必要なコールのみを確実に発信します。

  • ACD によってルーティングされたプレビュー コールには、コール前ルール評価の例外があります。 複数の連絡先列がある場合、コール前に電話のタイプまたは電話番号を検証するルールは、ACD によってルーティングされたプレビュー コールに関しては実行されません。 レコードに含まれるタイプや他の電話番号に関係なく、ACD によってルーティングされたプレビュー コールは 1 つのインタラクションであるため、これは意味をなさないかもしれません。 

  • 通話の発信前または発信前に、通話前の着信拒否操作を含むキャンペーンのプレビューキャンペーンが実行されます。 これにより、エージェントがDNCルールのために呼び出されない呼び出しを発信することを防ぎます。 具体的には、プレコールDNCルールは、プレビューコールがルーティングされる前、およびエージェントが[コールの開始]をクリックした後にコールが発信される前に評価されます。