Polycom SoundPoint IP 430の設定

この参照では、Polycom SoundPoint IP 430 電話に関連付けられているすべての設定について説明します。  

Genesys Cloudで実際の電話構成を作成する方法については、以下を参照してください。 基本設定の作成 および 電話の作成.


基本設定

電話を作成する前に、その電話モデルの基本設定を作成する必要があります。 ベース設定構成には、Genesys Cloudでの特定の電話モデルの操作方法を定義する設定のグループが含まれています。 いったん基本設定の構成を作成すると、それをデフォルト設定と共に電話に割り当てたり、設定をカスタマイズしたりすることができます。 このセクションでは、基本設定の構成をカスタマイズする場合に構成することができるすべての設定について説明します。

メニュー:  [テレフォニー] > [電話管理] > [基本設定] > 基本設定の作成と編集

タブ: 基本設定

セクション:  電話の設定

設定    説明
動的再読み込み

有効(デフォルト): 電話設定の動的リロードを許可します。

無効: 動的再読込を許可しません。

Web/TUI 認証

Webベースのインターフェイスまたは電話のTelephoneUser Interface / LCDから電話を設定するための管理パスワードを設定します。 デフォルトで、パスワードはマスクされますが、[パスワードを表示] チェック ボックスを選択してプレーンテキストでパスワードを表示させることができます。
時間設定  
タイムゾーンの検出

無効 (デフォルト) タイムゾーンの相違は手動で設定できます。

有効: DHCP サーバーのタイムゾーンを基にして電話のタイムゾーンを自動的に設定します。

SNTP サーバー 電話機が現在の時刻を取得するSNTP(Simple Network Time Protocol)サーバの名前を設定します。
GMT のオフセット

GMTから電話の時刻をオフセットする時間数を設定します。

 メモ:   注意:使用するとき 夏時間の設定は、規格 または 標準タイムゾーンに基づいてGMTオフセットを計算する必要があります。

夏時間

有効(デフォルト): 夏時間 (DST) が電話に表示されるようにします。 [開始日時] と [終了日時] フィールド(曜日、日、月、時刻) を使用して、夏時間の有効期間を指定します。  

無効: 夏時間を電話に表示しません。

設定    説明
DSCP

リストを使用して、RTPパケットのQuality of Service(QoS)のDSCP値を選択します。

システムは、この値を TOS (サービスの種類) フィールドの上位 6 ビットに配置します。 TOS フィールドは各 RTP パケットの IP ヘッダーにあります。 使用可能な値の範囲は 0 (000000) ~ 3F (63、111111) です。  

RTP オーディオ ポート開始範囲   システムが記録されたパケットを送信するリモート コンピュータの UDP ポートを定義します。 有効な範囲は 1024 〜 65,535 です。 デフォルトのポートは16384です。
推奨されるコーデック一覧 リストを使用して、mime形式の優先メディアコーデックのリストを選択して構築します。 コーデック名の隣にある矢印を使用してリスト上のコーデックが使用される順序を変更します。
DTMF 設定    
DTMF ペイロード 

DTMFメソッドタイプがRTPイベントの場合に使用するペイロードタイプ値を指定します。 有効な範囲は 96〜127 です。

DTMF Method値がRTP Eventsに設定されている場合にのみ有効です。 デフォルト値は 101 です。

DTMF 方法

リストを使用して、Dual Tone MultiFrequency(DTMF)シグナリングの送信に使用する方法を選択します。

RTPストリームからのイベントのアウトオブバンド処理を有効にするには、RTP Eventsを選択します(RFC 4733)。

オーディオコーデックストリームからの処理、検出、および合成のためにインバンドオーディオを選択します。

デフォルト値はRTP Eventsです。

設定    説明
プロビジョニング
プロビジョニング ソース [Provision Source]リストを使用して、電話機がプロビジョニング構成データを取得するために使用するソースを選択します。
Genesys Cloud プロビジョニング サービスから

電話を構成して、Genesys Cloudプロビジョニングサービスからプロビジョニング設定データを取得します。

このオプションは、電話機がMTLSをサポートしている場合にのみ使用可能になります。

  サイト内の Edge から

サイトのEdgeからプロビジョン設定データを取得するように電話機を設定します。

  サードパーティ URI から

サードパーティーURIからプロビジョン設定データを取得するように電話を設定します。

サードパーティURIのプロビジョニング

[プロビジョン]リストで3番目のからの相手 または 参加者の URIを選択すると、このボックスは有効になります。

電話機がプロビジョニング設定データを取得するために使用するサードパーティーリソースへのURIを入力します。

TLS 認証 ID

TLSを使用するときに接続を検証するための信頼できるオーサリティを指定します。

カスタム設定ファイル

電話機の追加のプロビジョニング情報を含むカスタム設定ファイルの場所を指定できます。 カスタム設定ファイルの情報は、すでに電話機に渡されているプロビジョニング情報に追加されます。 カスタム構成ファイルの内容と形式は、管理者の責任です。 [カスタム構成ファイル]フィールドでは、ファイルの場所を指定できます。

詳細については、を参照してください。 構成ファイルの操作 ポリドキュメンテーションライブラリにあります。

 メモ:   カスタム構成ファイルで定義された属性を使用して、標準構成ファイルで以前に定義された属性をオーバーライドすることはできません。

カスタム連絡先

社内の人の連絡先情報を含む企業ディレクトリファイルを指定します。  詳細については、を参照してください。 コーポレートディレクトリ ポリドキュメンテーションライブラリのページ。

シグナリング
DSCP

リストを使用して、SIPパケットのQuality of Service(QoS)のDifferentiated Services Code Point(DSCP)値を選択します。

システムはこの値をTOS(Type Of Service)フィールドの上位6ビットに入れます。 すべての SIP パケットの IP ヘッダーの TOS フィールドです。 使用可能な値の範囲は、3 f を 00 (0,000000) (63, 111111)。  

設定    説明
メッセージ待機インジケーター

この設定を使用して、メッセージ待機インジケータ(MWI)、つまりユーザが新しいボイスメールを受信したことを示すために点滅するライトを設定します。

メッセージ待機インジケータには3つのオプションがあります。

  • なし: MWI 通知は使用しないでください。
  • 未承認の通知:  未承認の MWI 通知を受信するように電話を設定します。
  • サブスクリプション:  サブスクリプション メソッドを使用して MWI 通知を受信するように電話を設定します。 (通知を受信するには、電話が MWI サービスをサブスクライブしている必要があります。) 
DND Sync

無効 (デフォルト) Edge と電話間の応答不可 (DND)

有効: Edge と電話間の応答不可 (DND) 同期を有効にします。

設定    説明
システムログ (Syslog)

トグルを使用して、電話機のデータログ機能を有効または無効にします。

無効 (デフォルト): データをログしません。

有効: Edge または Syslog サーバーにデータをログします。 有効にしたら、次のフィールドに入力する必要があります。

 メモ:   この設定を有効にした場合、[診断] > [電話トランク接続構成] で [電話システムのロギング] を有効にする必要があります。  「SIP 電話接続トランクを作成」を参照してください。

Edge に syslog を送信

Edgeにデータを送信するように電話機を設定します。

 メモ:   このオプションを設定すると、[Send Syslogs to Syslog Server (Syslogs を Syslogs サーバーへ送信する)] の設定が無効になります。 ただし、Syslog ポート番号をデフォルトポート番号 (514) か、[診断] > [電話トランク接続構成] の 電話システムのロギング セクション

Syslog サーバーに syslog を送信

Syslogサーバーにデータを送信するように電話を構成します。

 メモ:   このオプションを選択した場合は、[Syslog Server Address]と[Syslog Port Number]の両方を指定する必要があります。

Syslog サーバーのアドレス ログを送信したいサーバーのアドレスを指定してください。
syslogサーバ 港  ログを受信するように構成されているサーバー上のポート番号を指定します。

追跡レベル

各オプションの重大度設定は次のとおりです。

  • 致命的エラー:   トレースには、システムのクラッシュを即座に引き起こすエラーが示されています。
  • メジャー エラー:   トレーシングには、システムを無効にする可能性のあるエラーが示されています。
  • マイナー エラー:   トレーシングには、システムが問題なく回復するエラーだけが示されています。
  • 低レベルの詳細クラス イベント  トレースには、選択したイベント クラスに関する最低レベルの詳細が含まれます。
  • 中レベルの詳細クラス イベント:  トレースには、選択したイベント クラスに関する中レベルの詳細が含まれます。
  • 高レベルの詳細クラス イベント:  トレースには、選択したイベント クラスに関するかなりの詳細が含まれます。
  • デバッグ:  高レベルの詳細トレースが利用可能です。
アプリケーション Application syslogトピックのトレースレベルを設定します。
設定 構成syslogトピックのトレースレベルを設定します。
マイクロ ブラウザー Micro Browserのsyslogトピックのトレースレベルを設定します。
コピー Copy syslogトピックのトレースレベルを設定します。
curl CURL syslogトピックのトレースレベルを設定します。
キー Key syslogトピックのトレースレベルを設定します。
SIP SSIP syslogトピックのトレースレベルを設定します。
サポート オブジェクト SSupport Objects syslogトピックのトレースレベルを設定します。
TLS STLS syslogトピックのトレースレベルを設定します。
Wapp Mgr SWapp Mgr syslogトピックのトレースレベルを設定します。
カスタムオプションは、Genesys Cloud Customer Care担当者がトラブルシューティングや特別な状況のために電話構成を変更できるように設計されています。 カスタムプロパティ設定は、Genesys Cloud Customer Careの指示に従ってのみ入力してください。
設定    説明
プロパティ名 カスタムプロパティに割り当てる名前。
データ タイプ   カスタムプロパティのデータ型。
カスタムプロパティを割り当てる値。

タブ: 基本の回線の表示

セクション:  設定

設定    説明
回線ごとのコール この回線が処理できる呼び出しの数
持続接続設定

持続的な接続機能が無効になっている場合、Genesys Cloudはすべての呼び出しに対して接続を作成する必要があります。

永続的な接続機能を有効にし、タイムアウト値を設定すると、Genesys Cloudの機能が向上し、後続の呼び出しを処理できるようになります。 具体的には、接続がまだアクティブな間に着信したコールは、UIを介してただちに通知されるか、または自動応答機能がユーザに対して設定されている場合は自動応答されます。

持続接続の有効化

無効 (デフォルト): 持続接続の機能を使用しません。

有効: 持続接続の機能

持続接続タイムアウト 開いている接続が自動的に閉じられるまでアイドル状態を維持できる時間を秒単位で設定します。
設定    説明
プロトコル ドロップダウンを使用して電話が登録に使用する SIP プロトコルを選択します: UDP、TCP、または TLS  デフォルトは UDP です。
リッスン ポート   SIP メッセージのローカル SIP リッスン ポートを定義します。   リッスン ポートは、ステーションが SIP ピアからのメッセージの受信を予期する、ネットワークのポートです。 カスタム ポート番号を入力することができますが、各プロトコルにはデフォルトのリッスン ポートがあります。 
登録期間 SIP REGISTERの送信間の定期的な遅延(秒単位)。
最大バインディング バインディングの最大数を指定します。
SIP サーバーまたはプロキシ

SIPサーバーまたはプロキシの設定は、Genesys CloudがすべてのアウトバウンドリクエストをEdgeに送信するように、ファーストラインの外観に設定することはできません。 具体的には、このデフォルト設定最初のための回線電話がためにエッジを使用していることを外観性を保証デフォルト呼制御。

[Span appearance to remaining keys (残りのキーへのスパンの外観)]設定を有効にしていない限り、残りのラインキーのどこにGenesys Cloudがアウトバウンドリクエストを送信するかを定義できます。 Edgeを選択するか、カスタムSIPサーバーまたはプロキシサーバーのアドレスとポートを指定できます。

Edge を使用する すべてのアウトバウンド リクエストを Edge に送信します。 
以下を使用する [Hostname]、[IP Address]、[Port]の各フィールドを使用して、発信要求を処理するために使用するSession Initiated Protocol (SIP)サーバーまたはプロキシサーバーの優先順位リストを作成します。 [+] キーを使用してサーバーをリストに追加します。  アドレス名の隣にある矢印を使用してリスト上のサーバーが使用される順序を変更します。
ダイジェスト認証 アウトバウンド リクエストがダイジェスト認証によって要求されたときには、次の資格情報を使用します:
 ユーザー名 物理的な電話機メニューの管理アカウント上でパスワードを変更する電話へプッシュされるユーザー名。
パスワード 物理的な電話機メニューの管理アカウント上でパスワードを変更する電話へプッシュされるパスワード。 デフォルトで、パスワードはマスクされますが、[パスワードを表示] チェック ボックスを選択してプレーンテキストでパスワードを表示させることができます。
設定    説明
自動会議設定 この設定が有効になっていて、通話がすでにステーションで接続または保留されている場合は、新しい着信通話と既存の通話の間に会議が作成されます。 会議が確立される前に、新しい通話のアナウンスが既存の通話に対して再生されます。
自動会議を有効にする

オフ (デフォルト): 自動会議設定を使用しません。

オン: 次のフィールドを使用して、自動会議設定

自動会議の暗証番号 会議に参加するために必要な番号。
言語 会議の音声メニューに使用する音声言語

電話の設定

電話を作成し、ベース設定構成を割り当てると、電話はGenesys Cloudで使用できる状態になります。 ただし、希望する場合は継承した基本設定を上書きして、特定の電話向けに設定をカスタマイズすることができます。 このセクションでは、特定の電話をカスタマイズする場合に構成することができるすべての設定について説明します。  

メニュー:  [テレフォニー] > [電話管理] > [電話] > 電話の作成と編集

タブ: 電話 

セクション:  電話の設定

設定    説明
動的再読み込み

有効(デフォルト): 電話設定の動的リロードを許可します。

無効: 動的再読込を許可しません。

Web/TUI 認証

Webベースのインターフェイスまたは電話のTelephoneUser Interface / LCDから電話を設定するための管理パスワードを設定します。 デフォルトで、パスワードはマスクされますが、[パスワードを表示] チェック ボックスを選択してプレーンテキストでパスワードを表示させることができます。
時間設定  
タイムゾーンの検出

無効 (デフォルト) タイムゾーンの相違は手動で設定できます。

有効: DHCP サーバーのタイムゾーンを基にして電話のタイムゾーンを自動的に設定します。

SNTP サーバー 電話機が現在の時刻を取得するSNTP(Simple Network Time Protocol)サーバの名前を設定します。
GMT のオフセット

GMTから電話の時刻をオフセットする時間数を設定します。

 メモ:   注意:使用するとき 夏時間の設定は、規格 または 標準タイムゾーンに基づいてGMTオフセットを計算する必要があります。

夏時間

有効(デフォルト): 夏時間 (DST) が電話に表示されるようにします。 [開始日時] と [終了日時] フィールドを使用して、夏時間が有効な期間を指定します。  

無効: 夏時間を電話に表示しません。

設定    説明
DSCP

リストを使用して、RTPパケットのQuality of Service(QoS)のDSCP値を選択します。

システムは、この値を TOS (サービスの種類) フィールドの上位 6 ビットに配置します。 TOS フィールドは各 RTP パケットの IP ヘッダーにあります。 使用可能な値の範囲は 0 (000000) ~ 3F (63、111111) です。  

RTP オーディオ ポート開始範囲   システムが記録されたパケットを送信するリモート コンピュータの UDP ポートを定義します。 有効な範囲は 1024 〜 65,535 です。 デフォルトのポートは16384です。
推奨されるコーデック一覧 リストを使用して、mime形式の優先メディアコーデックのリストを選択して構築します。
DTMF 設定    
DTMF ペイロード 

DTMFメソッドタイプがRTPイベントの場合に使用するペイロードタイプ値を指定します。 有効な範囲は 96〜127 です。

DTMF Method値がRTP Eventsに設定されている場合にのみ有効です。 デフォルト値は 101 です。

DTMF 方法

リストを使用して、Dual Tone MultiFrequency(DTMF)シグナリングの送信に使用する方法を選択します。

RTPストリームからのイベントのアウトオブバンド処理を有効にするには、RTP Eventsを選択します(RFC 4733)。

オーディオコーデックストリームからの処理、検出、および合成のためにインバンドオーディオを選択します。

デフォルト値はRTP Eventsです。

設定    説明
プロビジョニング
プロビジョニング ソース

[Provision Source]リストを使用して、電話機がプロビジョニング構成データを取得するために使用するソースを選択します。

Genesys Cloud プロビジョニング サービスから

電話を構成して、Genesys Cloudプロビジョニングサービスからプロビジョニング設定データを取得します。

このオプションは、電話機がMTLSをサポートしている場合にのみ使用可能になります。

サイト内の Edge から

サイトのEdgeからプロビジョン設定データを取得するように電話機を設定します。

サードパーティ URI から

サードパーティーURIからプロビジョン設定データを取得するように電話を設定します。

サードパーティURIのプロビジョニング

[プロビジョン]リストで3番目のからの相手 または 参加者の URIを選択すると、このボックスは有効になります。

電話機がプロビジョニング設定データを取得するために使用するサードパーティーリソースへのURIを入力します。

TLS 認証 ID

TLSを使用するときに接続を検証するための信頼できるオーサリティを指定します。

カスタム設定ファイル

電話機の追加のプロビジョニング情報を含むカスタム設定ファイルの場所を指定できます。 カスタム設定ファイルの情報は、すでに電話機に渡されているプロビジョニング情報に追加されます。 カスタム構成ファイルの内容と形式は、管理者の責任です。 [カスタム構成ファイル]フィールドでは、ファイルの場所を指定できます。

詳細については、を参照してください。 構成ファイルの操作 ポリドキュメンテーションライブラリにあります。

 メモ:   カスタム構成ファイルで定義された属性を使用して、標準構成ファイルで以前に定義された属性をオーバーライドすることはできません。

カスタム連絡先

社内の人の連絡先情報を含む企業ディレクトリファイルを指定します。  詳細については、を参照してください。 コーポレートディレクトリ ポリドキュメンテーションライブラリのページ。

設定    説明
メッセージ待機インジケーター

この設定を使用して、メッセージ待機インジケータ(MWI)、つまりユーザが新しいボイスメールを受信したことを示すために点滅するライトを設定します。

メッセージ待機インジケータには3つのオプションがあります。

  • なし: MWI 通知は使用しないでください。
  • 未承認の通知:  未承認の MWI 通知を受信するように電話を設定します。
  • サブスクリプション:  サブスクリプション メソッドを使用して MWI 通知を受信するように電話を設定します。 (通知を受信するには、電話が MWI サービスをサブスクライブしている必要があります。) 
DND Sync

無効 (デフォルト): Edge と電話間の応答不可 (DND)

有効: Edge と電話間の応答不可 (DND) 同期を有効にします。

設定    説明
システムログ (Syslog)

トグルを使用して、電話機のデータログ機能を有効または無効にします。

無効 (デフォルト): データをログしません。

有効: Edge または Syslog サーバーにデータをログします。

この設定を有効にした場合、[診断] > [電話トランク接続構成] で [電話システムのロギング] を有効にする必要があります。  「SIP 電話接続トランクを作成」を参照してください。

 

Edge に syslog を送信

Edgeにデータを送信するように電話機を設定します。

このオプションを選択すると、 [SyslogをSyslogサーバーに送信]設定は無効になっていますが、 あなたが設定する必要があります syslog デフォルトのポート番号(514)または[診断]で指定されたポート番号のどちらかにポート番号を指定します。電話トランク接続設定の電話システムロギングセクション。

SyslogサーバーにSyslogを送信する

Syslogサーバにデータを送信するように電話機を設定します。

このオプションを選択した場合は、[Syslog Server Address]と[Syslog Port Number]の両方を指定する必要があります。

Syslog サーバーのアドレス ログを送信したいサーバーのアドレスを指定してください。
syslog ポート番号 ログを受信するように構成されているサーバー上のポート番号を指定します。

追跡レベル

各オプションの重大度設定は次のとおりです。

  • 致命的エラー:   トレースには、システムのクラッシュを即座に引き起こすエラーが示されています。
  • メジャー エラー:   トレーシングには、システムを無効にする可能性のあるエラーが示されています。
  • マイナー エラー:   トレーシングには、システムが問題なく回復するエラーだけが示されています。
  • 低レベルの詳細クラス イベント  トレースには、選択したイベント クラスに関する最低レベルの詳細が含まれます。
  • 中レベルの詳細クラス イベント:  トレースには、選択したイベント クラスに関する中レベルの詳細が含まれます。
  • 高レベルの詳細クラス イベント:  トレースには、選択したイベント クラスに関するかなりの詳細が含まれます。
  • デバッグ:  高レベルの詳細トレースが利用可能です。
アプリケーション Application syslogトピックのトレースレベルを設定します。
設定 構成syslogトピックのトレースレベルを設定します。
マイクロ ブラウザー Micro Browserのsyslogトピックのトレースレベルを設定します。
コピー Copy syslogトピックのトレースレベルを設定します。
curl CURL syslogトピックのトレースレベルを設定します。
キー Key syslogトピックのトレースレベルを設定します。
SIP SSIP syslogトピックのトレースレベルを設定します。
サポート オブジェクト SSupport Objects syslogトピックのトレースレベルを設定します。
TLS STLS syslogトピックのトレースレベルを設定します。
Wapp Mgr SWapp Mgr syslogトピックのトレースレベルを設定します。
カスタムオプションは、Genesys Cloud Customer Care担当者がトラブルシューティングや特別な状況のために電話構成を変更できるように設計されています。 カスタムプロパティ設定は、Genesys Cloud Customer Careの指示に従ってのみ入力してください。
設定    説明
プロパティ名 カスタムプロパティに割り当てる名前。
データ タイプ   カスタムプロパティのデータ型。
カスタムプロパティを割り当てる値。

タブ: 回線キー

セクション:  設定

設定    説明
回線ごとのコール この回線が処理できる呼び出しの数
持続接続設定

持続的な接続機能が無効になっている場合、Genesys Cloudはすべての呼び出しに対して接続を作成する必要があります。

永続的な接続機能を有効にし、タイムアウト値を設定すると、Genesys Cloudの機能が向上し、後続の呼び出しを処理できるようになります。 具体的には、接続がまだアクティブな間に着信したコールは、UIを介してただちに通知されるか、または自動応答機能がユーザに対して設定されている場合は自動応答されます。

持続接続の有効化

無効 (デフォルト): 持続接続の機能を使用しません。

有効: 持続接続の機能

持続接続タイムアウト 開いている接続が自動的に閉じられるまでアイドル状態を維持できる時間を秒単位で設定します。
設定    説明
プロトコル ドロップダウンを使用して電話が登録に使用する SIP プロトコルを選択します: UDP、TCP、または TLS  デフォルトは UDP です。
リッスン ポート   SIP メッセージのローカル SIP リッスン ポートを定義します。   リッスン ポートは、ステーションが SIP ピアからのメッセージの受信を予期する、ネットワークのポートです。 カスタム ポート番号を入力することができますが、各プロトコルにはデフォルトのリッスン ポートがあります。 
登録期間 SIP REGISTERの送信間の定期的な遅延(秒単位)。
最大バインディング バインディングの最大数を指定します。
SIP サーバーまたはプロキシ

SIPサーバーまたはプロキシの設定は、Genesys CloudがすべてのアウトバウンドリクエストをEdgeに送信するように、ファーストラインの外観に設定することはできません。 具体的には、このデフォルト設定最初のための回線電話がためにエッジを使用していることを外観性を保証デフォルト呼制御。

[Span appearance to remaining keys (残りのキーへのスパンの外観)]設定を有効にしていない限り、残りのラインキーのどこにGenesys Cloudがアウトバウンドリクエストを送信するかを定義できます。 Edgeを選択するか、カスタムSIPサーバーまたはプロキシサーバーのアドレスとポートを指定できます。

Edge を使用する すべてのアウトバウンド リクエストを Edge に送信します。 
以下を使用する [Hostname]、[IP Address]、[Port]の各フィールドを使用して、発信要求を処理するために使用するSession Initiated Protocol (SIP)サーバーまたはプロキシサーバーの優先順位リストを作成します。 [+] キーを使用してサーバーをリストに追加します。  アドレス名の隣にある矢印を使用してリスト上のサーバーが使用される順序を変更します。
ダイジェスト認証 アウトバウンド リクエストがダイジェスト認証によって要求されたときには、次の資格情報を使用します:
 ユーザー名 物理的な電話機メニューの管理アカウント上でパスワードを変更する電話へプッシュされるユーザー名。
パスワード 物理的な電話機メニューの管理アカウント上でパスワードを変更する電話へプッシュされるパスワード。 デフォルトで、パスワードはマスクされますが、[パスワードを表示] チェック ボックスを選択してプレーンテキストでパスワードを表示させることができます。
設定    説明
自動会議設定
自動会議を有効にする

オフ (デフォルト): 自動会議設定を使用しません。

オン: 次のフィールドを使用して、自動会議設定

自動会議の暗証番号 会議に参加するために必要な番号。
言語 会議の音声メニューに使用する音声が選択されました。
カスタムオプションは、Genesys Cloud Customer Care担当者がトラブルシューティングや特別な状況のために電話構成を変更できるように設計されています。 カスタムプロパティ設定は、Genesys Cloud Customer Careの指示に従ってのみ入力してください。
設定    説明
プロパティ名 カスタムプロパティに割り当てる名前。
データ タイプ   カスタムプロパティのデータ型。
カスタムプロパティを割り当てる値。