変数を管理する

変数を作成するには、[More]に値を割り当てるアクションを追加します。] 変数を開き、可能な場合はそのプロパティを編集できます。

  • それを含むアクションの中から。
  • から リソース > データ

初期値リテラル値を設定することも、リストから選択することもできます。 デフォルトを使用します。 デフォルトを使用することを選択した場合、値は 。

組み込み変数の場合、変数ダイアログボックスの上部に次のメッセージが表示されます。 この変数には、フロー全体にわたって %1$s アクセスがあります 組み込み変数のプロパティは変更できません。

画像をクリックして拡大します。

要素    説明
変数名と説明

変数の名前と説明を表示し、オプションで更新します。

注意: 組み込み変数の名前は変更できません。

変数のアクセス設定 変数にアクセスできるのはフロー全体からアクセスするか、タスクのみからアクセスするかを選択します。
可変オプション

これらのチェックボックスは、フロータイプに応じて変わります。

オプション 該当するフロータイプ    説明
コンテンツはセキュアです セキュア 変数は安全です。
フローからの出力 ワークフロー 変数には出力データが含まれます。
フローからの入力 安全またはワークフロー 変数には入力データが含まれます。

注意: デフォルトでは、 フローからの入力 フローからの入力 デフォルトでチェックされています。 変数をセキュアとして指定するには、これらのボックスのチェックを外してから、 コンテンツは安全です チェックボックス。

初期値

リストをクリックして、次の操作を行います。

  • 選択する リテラル リテラルの編集可能な値を入力します。
  • 選択する デフォルトを使用します、これは値をNOT_SETのままにし、値が未定義であることを示します。
利用先

変数に未保存の変更がある場合、このタイトルは次のように変更されます 変更する既存の使用法

変数を含む各場所。 現在、特定の使用場所から変数を編集している場合、その場所は太字で表示されます。 場所のエントリには、アクションとコンテキストの使用も一覧表示されます。 場所をクリックして移動します。

安全な変数について

セキュア変数は書き込み専用であり、作成後に変更できます。 これらは安全な通話と音声ボットフローでのみ利用可能であり、アーキテクトは 安全なデータの抽出アクションセキュアデータアクションを呼び出す、およびオーディオ表現から。 これらのアクションを使用して、クレジットカード番号の入力やパスワードなど、1つ以上の安全な変数から機密情報を抽出して呼び出します。