変数を管理する


変数を作成するには、値を変数に割り当てるアクションを追加します。変数を開いて、利用可能な場合はそのプロパティを編集できます。

  • それを含むアクションの中から。
  • から リソース > ; データ

初期値リテラル値を設定することも、リストから選択することもできます。 デフォルトを使用します。デフォルトを使用することを選択した場合、値は NOT_SET。

注意:電子メール、メッセージ、およびチャットフローの場合、変数を作成できます 資源 > ; データ。詳細については、 フロー内のデータリソースを管理する

組み込み変数の場合は、変数ダイアログボックスの上部にメッセージが表示されます。 この変数は、フロー全体にわたって読み取り専用アクセス権を持っています。組み込み変数のプロパティは変更できません。

画像をクリックします
詳細は画像をクリックします。
変数名と説明
変数のアクセス設定
可変オプション
初期値
利用先

安全な変数について

セキュア変数は書き込み専用であり、作成後に変更できます。これらはセキュアコールフローでのみ使用でき、セキュア値は[セキュアデータの抽出]データアクション、[セキュアデータのコール]データアクション、および音声表現から読み取られます。セキュアデータ抽出データアクションを使用して、1つ以上のセキュア変数からデータを抽出します。詳細については、 セキュアデータ抽出データアクション