上書きパラメータを使用してVirtual Edgeをインストールする


テスト環境または開発環境にVirtual Edgeをインストールし、必要な前提条件がない場合は、上書きパラメーターを使用してインストールを完了することができます。

これは、音声品質を確保するためのもののチェックを強制するからインストーラを防ぎ、最小満たしていないホスト上の仮想エッジの設置を可能にシステム要件 。指定されている場合、インストーラーはこのフラグを検出したことを示すアラートを表示します。

警告: 実稼働環境では、オーバーライドパラメーターを使用しないでください。

オーバーライドパラメーターを使用してVirtual Edgeインストールスクリプト実行すると、2つのコアのみが使用されます。ただし、インストールには8GBのRAMが必要です。

オーバーライドパラメーターを有効にしてインストールを完了するには、 Virtual Edgeインストールスクリプト実行する とともに LowQ 本当 パラメータ。tを渡す彼は -LowQ true。 

    1. 表示された回線を見つけ、 

      Type the full file name of the installer and press Enter.
    2. コマンド回線で、インストーラー名の最後に入力します

      -LowQ true
    3. 次の例を参照してください。

      VM-Edge-Installer.msi -LowQ true