短期予測ソースデータの表示と管理


短期予測ソース データの表示と管理ができます。予測を編集して、必要に応じて短期予測を誘導します 着信 通話またはチャット、 放棄された 通話またはチャット、および 平均処理時間(AHT)。ただし、 インタラクション量と 平均処理時間(AHT) 変わってきている。

例:ソース データを変更

予期しない状況が通常の日常業務に影響を与える場合、ソースデータを変更できます。例えば:電気会社が大規模な停電を行っている場合、サービス部門の着信インタラクションの予測数は、その日の一部で劇的に増加する可能性があります。システムはこの増加したボリュームに追いつくのに数時間かかる場合がありますが、管理者はインタラクションのボリュームを増やし、今後数時間の予測を変更できます。

  1. クリック 管理者
  2. 労働力 管理、 クリック 短期予測
  3. 右上隅で、 事業単位リストと ビジネスユニットを選択してください.
  4. 新しい短期予測を作成するか、既存の短期予測を開きます。予測エディターが開きます。
  5. クリック ソースデータ。


注記: Genesys Cloudは、ビジネスユニットで構成された計画グループの過去の日を検索します。計画グループを定義していない場合、指定した日付の予測データが存在しないことを示すメッセージが返されます。データを含まない日付を選択した場合、システムはそれをソースデータリストに含めません。
  1. クリック ソース日を追加
  2. データソースの日付を含む月と年を選択します そして、予測を再生成するu日付と年のリスト、または前後の矢印を歌います。
  3. クリック 保存する


  1. 削除するソース日付の横にあるチェックボックスを選択します。
  2. 日を削除する cによる予測の再生成なめる ソース日を削除 ボタン
  3. クリック 保存する


加重平均予測を表示する

[ソースデータ]ページの下部の加重平均予測グラフには、[ソース日]ツールバーで選択された日に基づいて、各予測日付に関する情報が表示されます。ここでは、加重平均着信 、放棄、および平均処理時間(AHT)を含む加重平均計算を表示します。特定の時間の予測の詳細を表示するには、グラフの上に残ります。グラフに沿って水平に移動し、含まれている日付と時刻のデータを表示します。

加重平均予測データを変更する

  1. 「重み」列で、変更するソース日付の横にあるチェックボックスを選択します。
  2. 各メトリックのデフォルト値のオーバーライドでパーセント変更を設定し、パーセント矢印を使用して予測を再生成します
  3. クリック 保存する