履歴データを含む.csvファイルを加重履歴インデックス短期予測にインポートする


歴史的なインデックスを作成するときに、あなたが持っていると予想オプションカンマ区切り値でアップロードレコードで履歴データの8週間までインポートする(CSV)形式を。あなたは、「ソースデータのインポートと加重歴史的インデックス」という名前の作成方法を選択することで、これを行うことができますオプション新短期予測を追加するとき。アップロードする前に、.csv構文に準拠するようにデータをフォーマットします。プレーンテキストエディタを使用してCSVを作成するのではなく、スプレッドシートからCSVをエクスポートすることをお勧めします。スプレッドシートにより CSV ファイルが保存されると、必須の引用符とコンマが自動的に挿入されます。このプロセスは、以下のエラーが生じやすい手動でレコードのフォーマットよりもです。

要員管理には、CSVファイルに次の列が必要です。

  • 間隔開始UTC日
  • 企画グループ
  • 提供された
  • 秒単位の平均処理時間
  • 放棄

メモ
  • システムは、最大8週間のデータを許可します。
  • アップロードされたデータは、実績や日中などの履歴データに関連する目的には使用されません。
  • これらの列を削除するか含めない場合、システムはエラーを返します。


海外のお客様は、CSVファイルを作成して短期予測にインポートする場合、次のガイドラインに従う必要があります。

  • 拡張ASCII文字は、スキルセットおよび言語の列に使用できますが、適切なファイルタイプエンコーディングを確保する必要があります。実行時に拡張ASCII文字を表示するには、CSVファイルをUTF-8として保存する必要があります。
  • 日付と時刻の形式は、ISO8601規格(つまり、2016-03-13T04:50:31Z)。 ただし、実行時には、CSVのISO日付および時刻値は、ISO形式ではなく、Genesys Cloudユーザーが選択したログイン言語に基づいてローカライズされた形式で表示されます。



ファイルに日本語や中国語などの言語の2バイト文字が含まれている場合、CSVファイルをUnicodeまたはUTF-8形式で保存します。CSVファイルをGenesys Cloudにインポートする前に、必ず以下を実行してください。

  1. CSVファイルを開きます。
  2. クリック ファイル > ; 名前を付けて保存
  3. [ファイルの種類]メニューで、[ Unicodeテキスト(*.txt)
  4. Excelでファイルを閉じます。
  5. ファイル名の拡張子を .csv



注意:予測をエクスポートすると、システムはデータをCSVファイルで返します。別の予測にデータがある場合、それをエクスポートしてCSVファイルを表示できます。詳細については、 短期予測をエクスポートする
  1. クリック 管理者
  2. 労働力 管理、 クリック 短期予測
  3. 右上隅で、 事業単位リストと 目的の管理単位を選択します.
  4. クリック 追加する。[短期予測の追加]ページが開きます。
  5. [予測週]ボックスの最後にあるカレンダーをクリックし、クリックして短期予測の週を強調表示します。月と年の横にある矢印をクリックするか、リストを使用して、将来または以前の状態を表示します。
  6. の中に 説明 テキストボックス。オプションで、同じ週の他の予測と区別するための情報を含めます。
  7. の中に作成方法 エリア、クリック ソースデータインポートによる加重履歴インデックス 次に、インポートするファイルを選択します。
  8. クリック 短期予測を追加。短期予測が開きます。


クリックしてサンプルCSVファイルをダウンロードし、データソースの開始点として使用します。

短期予測データの例