データディップコネクタの仕組み


注意:この記事は、Web サービス データ DIPコネクタに適用されます。

Web サービス データ dipコネクタは、PureCloud、Architect、および3番目の対応 or 参加者システムから情報を取得するためのWebサービスと連携します。IVR は、Bridge アクションと関連するコネクター アクションを使って、その情報に基づいたタスクを実行します。

Architectでは、コールフローにCall Bridgeアクションを追加します。 [カテゴリ]メニューから、使用するBridge アクションに関連付けられているカテゴリを選択できます。舞台裏では、Bridge アクションは、Bridge アクションに関連付けられているコネクタグループにコネクタアクションを実装します。コネクタによって、web サービスから取得された情報を使用すると、コール フローで他のタスクを実行できます。

詳細については、 概念ワークフロー、そして ネットワーキングコンポーネント

コネクタの詳細については、 Web サービスについて データディップコネクタ。