Google Dialogflowクイックスタートクイック スタート ガイド


前提条件
  • この機能が必要ですEdgeおよびMedia Tierバージョン1.0.0.8734以降のオンプレミスEdgeアプライアンス。PureCloud VoiceおよびBYOC Cloudのクラウドベースのメディアサービスは、すでに必要なバージョンを実行しています。

Google と Genesys は、AI と Google の音声インタラクションテクノロジとコール センターの自動化を組み合わせることで、組織がカスタマー エクスペリエンスを向上させる高度な機能を提供Genesys支援するパートナーシップを開発しました。

Google DialogflowチャットボットはGoogle機械学習を使用します。この機械学習は、自然言語理解 (NLU) を実装してユーザーの意図を認識し、時刻、日付、数値などのエンティティを抽出します。人工知能ツールの進化する機能性により、コンピューターとの会話型の対話が主流になりました。コンタクトセンターは、仮想アシスタントのこの世界への自然な進歩です。

組織は、PureCloudからGoogleダイアログフローにリアルタイムでオーディオをストリーミングし、意図とスロットをPureCloudに戻すことができます。インテントのセルフサービスフルフィルメントは、Google側またはArchitectフローで処理できます。必要に応じて、お客様は適切なエージェントに適切なエージェントに適切にエスカレートします。

画像をクリックして拡大します。

クイックスタート手順

このクイック スタート ガイドは、Google ダイアログフロー統合の実装に役立ちます。ここでは、次の手順を実行する方法について説明します。

  • Google ダイアログフロー プラットフォーム サービス アカウントの資格情報を作成する
  • Genesys AppFoundryからGoogle Dialogflow統合を取得します
  • PureCloud OAuth クライアント資格情報の作成と構成
  • Google Dialogflowプラットフォームサービスアカウントの資格情報を構成する
  • PureCloud OAuth 認証情報を設定し、アクティブな Google ダイアログフローを設定して統合を有効にする
  • PureCloudArchitectフローを設定し、Google ダイアログフロー ボットをArchitect フローに関連付ける
  • PureCloud電話番号をArchitect フローにルーティングする

手順 1 : Google ダイアログフロー プラットフォーム サービス アカウントの資格情報を作成する

このセクションでは、 コンソールGoogle クラウド プラットフォーム で Google ダイアログフロー プラットフォーム サービス アカウントの資格情報を作成する方法について説明します。

前提条件

Google ダイアログフロー プラットフォーム サービス アカウントの資格情報を作成するには、次の手順を実行します。

  1. Google Cloud Platform コンソール 、新しいプロジェクトを作成し、プロジェクトのサービスアカウントを作成します。
  2. サービス アカウントに次のロールを付与します。
    • ダイアログ フロー API 管理者
    • ダイアログフロー API クライアント
  3. サービス アカウント キーを作成し、JSON バージョンをダウンロードします。



ステップ 2: Genesys AppFoundryから Google ダイアログフローを入手する

このセクションでは、 から Google ダイアログフロー統合にアクセスしてインストールする方法について説明しますGenesys AppFoundry。あなたはGoogleのDialogflowプレミアムを得ることができます前に、 アプリケーション 、あなたが連絡しなければなりませんPureCloudあなた更新するために、販売をサブスクリプションン。これらのアプリケーションの詳細については、 プレミアムアプリケーションとは何ですか? そして プレミアムアプリケーションについて


組織に Google ダイアログフローをインストールするには、次の手順に従います。

  1. Google ダイアログフローを追加する組織のPureCloudにログインします。
    1. 適切な組織を選択します。
    2. メールアドレスとパスワードを入力します。
    3. クリック ログイン.
  2. クリック 管理者
  3. 統合の下の統合をクリックします。
  4. クリック 統合 .
  5. の中に 調べる ボックス、タイプ Google Dialogflow. Google Dialogflowのカードが表示されます。
  6. クリック Google Dialogflow カード。アプリに関する情報が表示されます。
  7. インストールをクリックします。

Google ダイアログフローを使用して、PureCloudの 管理者 > 統合 > 統合 ページ



ステップ 3: PureCloud OAuth クライアント資格情報の作成と構成 

ここでは、 で OAuth クライアント資格情報を作成および構成する方法について PureCloud説明します。


前提条件

  • PureCloud開発者 役割
  • OAuth > ; クライアント > ; 追加する 許可

Google ダイアログフロー用の OAuth クライアントを作成して設定するには、次の手順を実行します。

  1. PureCloudで、管理者をクリックします。
  2. 統合クリック OAuth
  3. クリック クライアントを追加 .
  4. の中に アプリ名 ボックスに、アプリのわかりやすい名前を入力します。
  5. (オプション) 説明 ボックスに、アプリの簡単な説明を入力します。
  6. トークン期間(秒)、このクライアントで作成されたトークンの有効期限が切れるまでの期間を設定します。デフォルトの期間を受け入れるか、300から172800秒の間の値を入力します。この設定は、トークンの有効期間を最大2日以下に指定します。
  7. 助成金の種類、 選択する クライアント資格情報.
  8. クリック 役割 タブを有効にして、次の役割を有効にします。
    • 従業員
    • 管理
  9. 各役割を部門に役割ます。
  10. 保存するをクリックします。PureCloudは、クライアントIDとクライアントシークレットトークンを作成します。



ステップ 4: Google Dialogflowプラットフォームサービスアカウントの資格情報を構成する

このセクションでは、 で Google ダイアログフロー プラットフォーム サービス アカウントの資格情報を設定する方法PureCloud説明します。


前提条件

Google Dialogflowプラットフォームサービスアカウントの資格情報を設定するには、次の手順を実行します。

  1. [PureCloudで、 管理者 メニューを表示し、 統合. 次に、Google Dialogflow統合を検索して開きます。
  2. Google Dialogflow統合ページで、をクリックします 設定 タブ 。
  3. クリック 資格情報、そしてクリック 構成、設定.
  4. 以前にダウンロードした Google ダイアログフロー JSON サービス アカウントキーファイルを開きます。
  5. JSONサービスアカウントキーファイルの情報を適切なPureCloudフィールドにPureCloudます。
    1. JSON ファイルから PureCloudのに "client_id" 値をコピーします。 クライアント ID フィールド。
    2. JSON ファイルから PureCloudのに "client_email" 値をコピーします。 クライアント電子メール フィールド。
    3. JSON ファイルから PureCloudのファイルに「private_key_id」をコピーします。 秘密キー ID フィールド。
    4. JSON ファイルから PureCloudのに "private_key" 値をコピーします。 秘密キー フィールド。
      メモ: 引用符で囲まれたすべての情報を必ずコピーしてください。表示されている正確な値をコピーして貼り付け、値が無効なコマンドに変換されないようにしてください。たとえば、サード相手コピープログラムを変換することができます \n 新しい回線価値。
  6. クリック OK



ステップ5:PureCloud OAuth クライアントの認証情報を Google ダイアログフローにコピーし、統合を有効にする

このセクションでは、 PureCloud OAuth クライアントの資格情報を PureCloudの Google ダイアログフロー統合にコピーする方法について説明します。次に、 で統合をアクティブ化する方法PureCloudする方法について説明します。


PureCloud OAuthクライアント資格情報をGoogle Dialogflow統合にコピーします。

  1. PureCloudから、クライアント ID とクライアント シークレット トークンをメモ帳などのテキスト エディタにコピーします。
  2. [PureCloudで、クライアント ID を Google ダイアログフロー統合にコピーします。
    1. クリック 管理者
    2. 統合の下の統合をクリックします。
    3. クリック Google Dialogflow.
    4. をクリックします。 構成 タブし、 資格 情報 タブ.
    5. PureCloud OAuthクライアント資格情報、クリック 変化する.
    6. クライアント ID ボックスにクライアント ID 資格情報を貼り付けます。
    7. クライアント シークレット ボックスにクライアント シークレット トークンを貼り付けます。
  3. クリック OK


  1. ステータス クリック 非 アクティブ. [ステータスの変更] ダイアログボックスが開きます。
  2. クリック うん. GoogleのDialogflow統合はステータスへの変更 アクティブ.

画像をクリックして拡大します。



ステップ6:フローArchitectPureCloudを作成し、Google ダイアログフロー ボットで設定する

次の例では、呼び出し元が配信用の花を注文できるArchitect コール フローを作成する方法を示します。レンタカー用に事前に設定された Google ダイアログフロー ボットのArchitectを設定する方法を示す追加の例を示します。これらの例では、以前に Google ダイアログフロー エージェントが設定されており、キューとデータ アクションPureCloudがあることを前提としています。


前提条件

Architect コール フローを作成するには、次の手順を実行します。

  1. PureCloudで、管理者をクリックします。
  2. Architectクリック Architect。Architect のホームページが表示されます。
  3. Architectホームページで、をクリックするか、 フローメニューと選択 着信通話
  4. クリック 追加する 。[フローの作成]ダイアログボックスが開きます。
  5. の中に フィールドに、フローの一意の名前を入力します。
  6. (省略可能) このオプションを選択します。の 説明 フィールドには、このフローを説明する短い文または語句を含めます。
  7. をクリックします。 既定の言語 をクリックし、フローのサポートされている言語デフォルト選択します。
  8. クリック 部署 フローを配置する部門をリストして選択します。
  9. クリック フローの作成. フロー構成ページが開きます。


  1. Architect ツールボックスから、 タスク カテゴリをクリックし、 タスク アクションを [再利用可能なタスク] 領域に入力します。
  2. クリック これを開始タスクとして設定
  3. タスクに名前を付けます。
  4. [最初の案内応答] で、プロンプトを割り当てるか、音声合成(TTS)します。
  5. クリック クリックして開く


  1. Architect ツールボックスから、 データ カテゴリをクリックし、 コール ダイアログフロー ボット 開始アクションの下にアクションを実行します。
  2. [コール ダイアログフロー ボット]パネルで、次の手順を実行します。
    1. (省略可能) このオプションを選択します。[コール ダイアログフロー]アクションの名前を変更します。
    2. 以前に設定したダイアログフローエージェントを選択します。この例では、 MyDialogflowBot.
  3. 意図 > オーダーフラワーズを使用して、花の数、配送先住所、配送日、および種類を設定します。

画像をクリックして拡大します。


  1. Architectツールボックスから[オーディオ]カテゴリを展開し、 オーディオの再生アクション の下 花を注文する パス。
  2. 花の注文のために顧客に感謝するプロンプトまたは音声合成(TTS)を追加します。
  3. を展開します。 転送 カテゴリをクリックし、 ACD への転送 の下のアクション ライブエージェント パス。
  4. を構成します。 ACD への転送 次のオプションに対するアクション :
    • ライブ エージェントと話すときに呼び出し元を転送するキュー。
    • (オプション)転送前および転送失敗のオーディオ。
    • (オプション)ルーティングの優先順位、優先エージェント、および言語スキル。
    • (オプション)障害出力。

画像をクリックして拡大します。


次の図に示すように、Google ダイアログフロー ボットおよび関連するコール フローを構成して、レンタカーオプションを含めます。この例には、 Architect データの呼び出しアクションでは、成功、失敗、およびタイムアウトパスを構成します。

画像をクリックして拡大します。



ステップ7:PureCloudの電話番号をコール フローにルーティングする

電話番号を既に所有している場合は、以前に作成したコール フローに関連付けることができます。PureCloudの音声電話番号を購入することもできます。PureCloud音声の詳細については、以下の「詳細」セクションを参照してください。


前提条件

このタスクには、次のアクセス許可が必要です。

  • アーキテクト > ; フロー > ; 見る
  • テレフォニー > プラグイン > すべての

コール ルート エントリを設定するには、次の手順を実行します。

  1. PureCloudで、管理者をクリックします。
  2. 下 ルーティングクリック 通話ルーティング
  3. クリック 追加 . 
  4. の中に フィールドに、一意のコールルーティング名を入力します。この名前は[着信サービス]ページのエントリの一覧に表示されます。
  5. 設定に関連付ける電話番号を追加するには、次の手順を実行します。
    1. アドレスクリック 追加 .
    2. 完全な電話番号文字列を数値形式でのみ入力します。
    3. クリック 提出する
  6. 電話番号をさらに追加するには、手順5を繰り返します。
  7. 保存するをクリックします。


常に1つのコールフローにルーティングするには、次の操作を行います。

  1. 通常のルーティングを確認してください。 スケジュールベースのルーティングを使用する トグルは無効です。
  2. クリック すべての通話 [リスト]をクリックし、関連付けられた番号をダイヤルするときに入力する公開コールフローの最初の数文字を入力して、リストから選択します。
  3. クリック 保存する。エントリが保存されたことを示すメッセージが表示されます。入力内容は、検索結果に表示されるまで数分かかることがあります。

注意このリストには、以前にArchitectで公開されたコールフローのみが表示されます。コールルート設定を未発行のコールフローに関連付けることはできません。



サマリー

おめでとうございます! これで、 PureCloud Google Dialogflow Agentをテストする準備が整いました。Architectで呼び出しをフローにルーティングPureCloudできるようになりました。Architectフローに関連付けられたGoogle Dialogflow Agentを使用して、呼び出しをPureCloud 、 PureCloudライブエージェントへのエスカレーションを設定することもPureCloudます。