GenesysCloudによるSTIR / SHAKENマンデートのサポート

2021年6月30日の時点で、米国連邦通信委員会(FCC)は、STIR / SHAKENとして知られる新しいロボコール緩和フレームワークを義務付けています。 (安全な電話IDの再検討/ toKENを使用したアサートされた情報の署名ベースの処理)。 Genesysは、STIR / SHAKENマンデートのFCC要件に準拠するために、社内およびキャリアパートナーと協力して計画を実施しています。

STIR / SHAKENとは何ですか?

STIR / SHAKENの使命の目標は、発信者が実際に本人であるかどうかを簡単に確認できるようにすることで、米国の電話顧客にかけられる違法なロボコールの数を減らすことです。 より具体的には、STIR / SHAKENは、発信元と発信者番号を使用する権利を証明または証明するためのフレームワークを提供します。

このフレームワークでは、通話は発信元の通信事業者によって署名または証明されてから、着信側の通信事業者によって検証されます。 このシステムが正しく機能するためには、3つの認証レベルがあります。

  • 完全な認証(A)—サービスプロバイダーは発呼者を認証し、発番号を使用することを許可されています。
  • 部分認証(B)—サービスプロバイダーは発信元を認証しましたが、発信元が発信者番号の使用を許可されていることを確認できません。
  • ゲートウェイ認証(C)—サービスプロバイダーは、コールを受信した場所から認証されていますが、コールソースを認証できません。

STIR / SHAKEN自体は、違法ななりすまし/ロボコールを阻止しませんが、違法ななりすましや違法なロボコールの発信元を簡単に追跡できるようにします。 

Genesysの行動計画とは何ですか?

Genesysは、STIR / SHAKENマンデートのFCC要件に準拠するために、社内およびキャリアパートナーと協力して計画を実施しています。 現在の行動計画では、次のことが求められています。

  • 認定プロバイダーとしてFCCデータベースに登録するRobocall緩和計画を提出する。
  • 複数の通信事業者と協力して、Genesysが発信した通話に適切なレベルの認証が提供されていることを確認します。
  • Genesysが提供する電話番号のソリューションについてサードパーティベンダーと協力し、通信事業者が分析に使用するデータベースに登録します。
  • Genesysが将来直接通話に署名できるようにするためのOCN(運営会社番号)の提出。

Genesysは、長期的には、次のようなサービスを改善できることを望んでいます。

  • GenesysがGenesysから発信された通話に署名/証明できるようにします。
  • Genesysがインバウンドコール署名を直接検証し、コールメタデータをコール処理に活用する機能を統合できるようにします。

よくある質問

アテステーションレベルはコール完了にどのように影響しますか?

私たちの最初の期待は、認証レベルが通話の完了にほとんどまたはまったく影響を与えないことです。

「A」を取得しない場合、通話はブロックされますか?

いいえ、実際、通信事業者は違法な通話以外の通話をブロックしたくありません。 彼らは完全な電話のために数分でお金を稼ぎます!

アテステーションレベルは、通話のラベル付け方法に影響しますか(たとえば、「スパムの可能性が高い」)

可能性はありますが、最初はそうではありません。 通話の「ラベリング」は、着信側の電話会社が使用する分析の問題であり、認証レベルは、ある時点でアルゴリズムに影響を与える可能性があります。

受信側の通話にラベルを付ける責任は誰にありますか?

終端キャリア(たとえば、ワイヤレスキャリア)は、サービスの一部として発信者ID、発信者名、またはその他のラベルを提供します。

米国内のすべての通話には、STIR / SHAKENの証明書がありますか?

いいえ、SIP通話として発信された通話のみが署名されます。 従来のTDMインフラストラクチャには、現在、STIR / SHAKENを実装するための技術的なメカニズムがありません。 これは、TDM PSTN要素を通過するSIPとして発信されたコールが署名を失い、SIPとして再署名される可能性があることも意味します。

発信通話の一部がすでに「スパムの可能性が高い」またはその他の指定としてラベル付けされているのはなぜですか?

ダウンストリーム分析ベンダーは、クラウドソーシングによる苦情、異常な通話パターン(大量の高速通話率)など、スパムを示す可能性のある通話にラベルを付けるためにさまざまな手法を使用しています。 また、合法的な企業はすでになりすましの被害者である可能性があります(悪意のある人物が他人の番号を使用している)。

通話の完了を最大化するために、お客様は何ができますか?

お客様に割り当てられた有効なPSTN電話番号を使用してください。 に番号を登録する 無料の発信者レジストリ 主要な分析ベンダーは顧客が誰であるかを知っており、「ラベリング」アルゴリズムでそれを考慮に入れることができます。 主要な無線通信事業者と提携している主要ベンダーは、First Orion、Hiya、およびTNSです。

2021年7月1日以降に何が起こるかについて、業界が不確実なのはなぜですか。

2021年7月1日の時点で、通信事業者は「Robocall Mitigation Plan」を提出することにより、FCCの義務を遵守する必要があり、一部の通信事業者は実際に通話に「署名」する準備ができていない可能性があります。 また、認証レベルが、終了するキャリアによって採用される「ラベリング」分析にどのように影響するかはまだわかりません。 何よりも、コールの「ブロッキング」は、違法なコールに対するより優れたトレースバックメカニズムを備えているため、事前にではなく、事後的に期待されます。

Genesys Cloud Voiceのお客様の通話には、どのレベルの認証「A」、「B」、または「C」が適用されますか?

Genesys CloudVoiceを使用してGenesysCloudから発信するすべての通話は、認証「A」または「B」のいずれかを受け取ります。 Genesys CloudVoiceから発信された通話が認証「C」を受け取るシナリオはありません。

これは、独自のPSTNをGenesysに持ち込むBYOCの顧客にどのように影響しますか?

顧客は、通話の署名方法についてキャリアに相談する必要があります。

Genesysは、受信側で通話がどのように表示されているかを知ることができますか?

いいえ。 発信元のキャリアは、コールごとにルーティングを認識していません。 特定のコールは、PSTNを介して複数のホップを通過でき、異なる時間に異なるルートを通過することもできます。

合法的な企業が顧客とのコミュニケーションを改善するために、電気通信業界はどのようなサービスを追求していますか?

Genesysは、アテステーションの昇格だけでなく、より重要な豊富な通話データまたはブランド通話を提供するサービスのエコシステム開発をすでに見ています。 これらの他のサービスをSTIR / SHAKENテクノロジーと組み合わせて使用すると、通話の受信者は、受信している通話が正当であることを知ることができます。 さらに、これらのサービスは、通話の他の指標を提供する可能性があります。

STIR / SHAKENに関するFCCの情報はどこにありますか?

STIR/SHAKENの詳細については、 スプーフィングされたロボコールと発信者ID認証との対応 FCCウェブサイトに掲載しています。