負荷ベースのスケジュールを作成する


負荷ベースのスケジュール発電用途の週の生産するweek-日レベルのスケジューリングの制約に伴う短期的な見通しからのデータスケジュール 。予測からスケジュールを作成すると、要件に厳密に一致するサービス パフォーマンス予想とできる限り少ない有給時間が結果として返されます。

負荷ベースのスケジュールを生成するには、短期予測を選択する必要があります。一度に生成できるのは、1つのビジネスユニットにつき1つのスケジュールのみです。あなたは生成すると、別のスケジュール 、新たに発生したスケジュールのスケジュールページの上部にある最後のスケジューリング試みセクションに表示されます。

メモ
  • 負荷ベースのスケジュールは、生成に20分以上かかる場合があります。
  • 最近追加した場合 Workforce Management > ; エージェントスケジュール > ; 基づいて負荷を利用 エージェントへの許可、生成に最大4時間かかる場合があります。 そのエージェントを含むスケジュール。スケジュール生成を高速化し、すべてのエージェントをすばやく更新するには、 構成 > エージェント そして選択 同期エージェント.

  1. 管理者をクリックします。
  2. 人員管理 、クリックスケジュール.
  3. 右上隅にあるビジネスユニットリストから、ビジネスユニットを選択します。
  4. オプションデータを表示するタイムゾーンを変更するには、右上隅で現在のタイムゾーンリストを選択します。
    注意: デフォルトでは、ビューはビジネスユニットのタイムゾーン使用しタイムゾーン 。
  5. クリック生む . [スケジュールの生成]ページが開きます。
  6. カレンダーボタンをクリック [週のスケジュール]ボックスの最後にあり、開始週を選択します。
  7. [週数]ボックスの最後にある矢印をクリックして、1〜6週間のスケジュール長さを示します。
  8. (オプション)の説明を追加スケジュール 。
  9. [予測の選択]領域で、 スケジュール基になる予測を選択します。
    注意:予測を使用してスケジュールを生成できるようにするには、 スケジュール期間が予測期間内である必要があります。たとえば、6週間のスケジュールは、6週間の予測に合わせる必要があります。4週間のスケジュール 、4、5、または6週間の予測の範囲内である必要があります。
  10. クリック OK


    1. 新しいスケジュールを開きます。
    2. から アクションを選択 メニュー, クリック エージェントの追加。[エージェントの追加] ダイアログ ボックスが開きます。
    3. の中に 利用可能なエージェント 列で、次のいずれかを実行します。
      • リストをスクロールして、[追加]をクリックします 追加する各エージェントの横。
      • の中に フィルターアイテム ボックスに、追加するエージェントの数文字を入力し、リストから選択します
      • 使用可能なすべてのエージェントをスケジュール追加するには、をクリックします 全て追加する
      • スケジュールからすべてのエージェントを削除するには、をクリックします すべて削除する
        注意:[使用可能なエージェント]からエージェントを選択すると、エージェントは[選択されたエージェント]列に移動します。
    4. スケジュールへのエージェントの追加が終了したら、クリックします OK


    でスケジュールエディタ、あなたが選択に関連するさまざまなタスクを実行することができますスケジュール 。

    使用可能なオプションの中には、現在のスケジュールビューに依存するものがあります。スケジュールエディターで、使用可能なオプションを表示するには、[アクションの選択]メニューの最後にある矢印をクリックします。

    仕事 説明 キーボード ショートカット
    シフトを割り当てる あるエージェントから別のエージェントにシフトを割り当てます。 Shift + QおよびShift + T
    シフトをアクティビティに置き換える シフト全体を選択したアクティビティに置き換えます。 Shift + R
    アクティビティを置換 1つまたは複数のアクティビティをスケジュール内の別のアクティビティに置き換えます。 Shift + B
    スワップシフト あるエージェントのシフトを別のエージェントと交換します。 Shift + W
    アクティビティをエージェントにコピー アクティビティをスケジュール内の1つ以上のエージェントにコピーします。 Shift + A
    シフトをエージェントにコピー エージェントのシフトを1つ以上のエージェントにコピーします。 Shift + M
    シフトを日数にコピー エージェントのシフトを1日以上にコピーします。 Shift + D
    削除選択 選択したスケジュールから1つ以上のアイテムを削除します。 削除する
    エージェントを追加する 選択したスケジュールさらにエージェントを含めます。 該当なし
    エージェントを削除する 選択された内の1つのまたは複数の薬剤を除外スケジュール 。 該当なし
    タイムオフリクエストの違いを表示 タイムオフリクエストを表示および同期します。 Shift + V
    キーボードショートカットを表示 管理者がスケジュール編集を管理するのに役立つキーボードショートカットのリストを表示します。 Shift + K

    [アクションの選択]リストからスケジュールを管理することに加えて、次のこともできます。

    仕事 説明
    利用可能なスケジュールビュー スケジュールを表示するさまざまな方法の詳細をご覧ください。
    スケジュール ビューを変更 選択して 表示スケジュール日で、日付範囲、週、またはで垂直ビュースケジュールエディタ。
    スケジュール、予測、および差分カウントを確認する あなたの場合はスケジュール 、短期的な予測に基づいてスケジュール、予想(と収縮なし)についての詳細情報を生成して、その差のカウントがに記載されていスケジュールグリッド。
    スケジュールおよび予測カウントと日次サマリーを確認します 集計表エディターには、ビューに応じて、スケジュールの分析と計画に役立つメトリックが表示されます。
    エージェント情報を表示する エージェント名をクリックして、そのエージェントに割り当てられたスキルと言語を表示します。
    スケジュールエディターでアドヒアランス情報を表示する カスタマイズスケジュール過去のスケジュールのためのエージェントの順守情報を表示するには、エディタを。エージェント領域に適合性と付着性の列を追加します。
    週ごとのエージェントの支払時間の表示 ビューに応じて、特定の日または週のエージェントの支払時間に関するさまざまな詳細を表示できます。
    1つ以上のエージェントにアクティビティを追加します シフトにアクティビティを追加する時間枠を選択します。または、カバレッジに基づいてシステムが最も適切な時間を推奨し、アクティビティを追加する時間のリストから選択します。
    アクティビティの長さを調整する シフト内でデフォルトアクティビティの長さを調整します。
    アクティビティの詳細を変更する 編集デフォルト以外の値デフォルト活動。
    ズームを使用して、 スケジュール詳細のレベルを調整します

    ズームインして現在のスケジュールをより詳細に表示するか、ズームアウトして現在のスケジュールより長い期間を表示します。

    スケジュールに対する未保存の変更を元に戻すまたはやり直す

    元に戻すかに保存されていない変更やり直しスケジュール 、一度に一つは、最後まで保存します。

    別のタイムゾーンからの表示

    デフォルト 、このビューはビジネスユニットのタイムゾーン使用しタイムゾーン 。管理者権限を持つユーザーは、ビューの右上隅にあるリストから選択することによって表示されるタイムゾーンを変更できます。このオプションは、異なるタイムゾーンからビューにアクセスする管理者にとって役立ちます。


    クリック 公開する ツールバーの右側にあるボタン。