式のヘルプ機能


Architectは、表現の構築を支援するための要素の集中的かつ包括的なリストを提供します。このリストには、数学、統計、テキスト、日時、論理、比較、リスト、財務、音声、言語、およびタイプキャストのカテゴリが含まれています。各要素には、説明、実装コード、戻り値、およびパラメータが含まれています。特定の文字列の例とその結果の出力も表示できます。 式ヘルプ内で、目的の例をコピーして[式の編集]ダイアログボックスに貼り付けてから、式の計算に合わせて修正することができます。



内に 式のヘルプ実装、パラメータ、例を見ることができます。提供された例をコピーして[式の編集]ダイアログダイアログ ボックス貼り付け、式の計算に合わせて修正することもできます。

ヘルプメニューから式のヘルプにアクセスする

Architectの右上隅にある「ヘルプ」ボタンをクリックして、 式のヘルプ

機能ボタンを使用して式のヘルプにアクセスする

  1. から 式を編集 ダイアログボックスまたは オーディオシーケンス ダイアログボックスで、 F() ボタン。[式のヘルプ] ダイアログ ボックスが開きます。
  2. 特定の要素を見つけるには、次のいずれかを実行します。
  • の中に サーチ フィールドに、表示したい機能の最初の数文字を入力します。Architect は、一致する可能性のあるものを表示します。
  • の中に 名前/シンボル 領域で、スクロールバーを使用して表示する関数に移動し、関数をクリックして値を表示します。
  1. を終了するには 式のヘルプ ダイアログダイアログ ボックス 、右上隅のクリック バツ

先行入力を使用して式ヘルプにアクセスする

式の編集ダイアログボックスでArchitectの先行入力機能を使用すると、式固有の関数ヘルプに簡単にアクセスできます。テキストの最初の数文字を入力すると、Architect は一致の可能性のある式のリストを表示します。各マッチには?クリックすると、その式の式のヘルプが開きます。

 



ToAudioNumberやToAudioBoolなどの一部の機能は、サポートされている特定の言語でのみ使用できます。フロー作成者は、フローでサポートされている言語にランタイムデータ再生のサポートが含まれている場合に限り、ToAudio関数を使用してデータ再生をフローに組み込む必要があります。関数にこの要件があるかどうかを判断するには、式ヘルプでその関数のページを確認してください。

サポートされていない言語で関数が呼び出された場合、Architectはエラーを返します。例:フローは英語(en-us)のランタイムデータ再生サポートで構成されているため、英語で実行されますが、次の式に遭遇します。

ToAudioNumber(503)

この場合、ランタイムは次のシステムプロンプトを順番に表示します。 五百 そしてシステムプロンプト これは、英語を話すユーザーが期待する順序です。一方、Architect にランタイム データ再生サポートがなく、フロー作成者がその言語をフロー用にサポートするように設定した場合には、上記の例は解析エラーを返します。

フローがToAudioNumber(503)に遭遇した場合、Architectがサポートされていない言語に適した音声で番号を読み返す方法を判断できないため、フローがランタイムデータ再生サポートのない言語で実行されるとエラーが発生します。

これが適用される各関数について、式ヘルプヘルプには これらの言語での使用に有効 セクション。

すべての 式のヘルプ ページには実装情報が含まれています。実装は、作者が関数または演算子を呼び出すことができるサポートされた方法を示します。たとえば、 式のヘルプ、加算演算子を開き、次のような潜在的な実装を表示します。

5 + 3
"hello"+ "world"

だがしかし:

"hello" + true

実装には、データ型と指定可能なパラメータの両方が表示されます。

実装パラメータ

各実装セクションでは、 式のヘルプ パラメータを許可するかどうかなど、フロー作成者に役立つ情報を提供するParametersセクションを含みます。 NOT_SET 実行時、最小値と最大値、およびその他の制限。たとえば、パラメータがリテラルとしてのみ許可されている場合などです。

例:有効な通貨コード 

次の式に「USD」を含めることで、作成者は、通貨コードパラメータがMakeCurrencyパラメータで指定されているとおりの有効なISO 4217コードであることを確認します。

MakeCurrency(5.25, "USD")

ただし、フロー作成者が通貨コードにリテラルを使用している場合、パーサーは設計時にそのコードを検証します。次の呼び出しはパーサーエラーになり、通貨コードパラメータがサポートされている通貨コードではないことをフロー作成者に伝えます。

MakeCurrency(5.25, "USD123")

設計時にArchitectがこのリテラル値を検証すると、currencyCodeパラメーターに指定されたリテラル「USD123」はサポートされているISO4217通貨コードではないことをフロー作成者に通知するメッセージを返します。

例:有効な日付時刻

同様に、2500年の日付時刻である次の式も設計時にフラグが立てられます。

MakeDateTime(2500, 1, 1, 0, 0, 0)

で規定されているように 式のヘルプ MakeDateTimeの場合、yearパラメータに指定された2500の値が最大許容値の2200を超えています。