Bridgeコネクタのフォールトトレランス


要素の廃止: 2021年01月01日 Genesys の開発は、サポート・サービスの規模縮小を開始し、最終顧客がコネクターから移行するにつれて未使用のコネクター・サービスを削除します。 また、Genesysは、営業時間外にコネクターを定期的に無効にします。 2021年初頭、Genesysは、2週間前に事前通知により、各コネクターを無効化するスケジュールを掲示します。 廃止および撤去プロセスにおけるGenesysの目標は、当社が顧客の事業に悪影響を及ぼさないようにすることです。 詳細については、以下を参照してください。 非推奨:Genesys Cloud Bridgeの統合.

サービスの中断を防ぐためのフォールトトレランス戦略は、アクティブ - パッシブ構成で動作するBridge冗長性です。Genesysはこの構成でBridgeコネクタを使用することを強く推奨します。

  • 社内WAN内の別々の仮想マシンで実行されている2台以上のBridgeサーバー
  • それぞれ異なるBridge サーバーに設定された、2つ以上のBridgeコネクタインスタンス

フォールト トレランス コネクターの設定

の役割を持つコネクタインスタンス リーダー すべての統合作業を行います。2 番目のインスタンスは非アクティブですが、有効化されており準備が整っています。

コネクタ フォールト トレランス - 失敗はありません。

ネットワーク接続の欠如や停電などの障害が発生した場合は、2番目のコネクタインスタンスがリーダーになり、担当者が障害の原因に対処します。

メモ:この動作により通信インスタンスの損失が管理できます。定期メンテナンスで仮想マシンが再起動するときも可能です。

コネクタ フォールト トレランス - 失敗

障害が修正されると、最初のコネクタインスタンスがスタンバイになり、2番目のインスタンスがリーダーになります。

コネクタ フォールト トレランス - 固定エラー