Salesforce用Genesys Cloudの拡張ポイント

 メモ:   この記事は、Salesforce向けGenesys Cloudに適用されます。

前提条件

  • [拡張ポイント設定] セクションを含む管理パッケージのバージョン。 詳細については、以下を参照してください。 拡張ポイントを構成する.

この統合では、Apex の拡張ポイント(またはインタフェース)が表示され、これを使用して、クリックからダイヤル、画面ポップ、およびインタラクションログの保存をカスタマイズする方法を開発できます。

メモ:   この高度なカスタマイズの記事は、Salesforceに精通している開発者を対象としています。

クライアントの動作をカスタマイズするには、次の1つ以上のインタフェースを実装するApexクラスを使用してApexファイルを1つ作成します。

複数の拡張ポイント(またはインタフェース)を実装する場合は、それらをすべて同じApexファイルに配置します。 Apexクラスをグローバルとして定義し、統合でコードを呼び出します。

グローバルクラスMyCTIExtensionsは実装します
    purecloud.CTIExtension.ClickToDial、
 purecloud.CTIExtension.ScreenPop、
 purecloud.CTIExtension.SaveLog {

 public String onClickToDial(String data){
 ..。
    }

 public String onScreenPop(String data){
 ..。
    }

 public String onSaveLog(String data){
 ..。
    }
}
1つ以上のインタフェースを実装するApexクラスを作成したら、このクラスを使用するようにSalesforceで設定を構成します。 詳細については、以下を参照してください。 拡張ポイントを構成する.

統合の詳細については、以下を参照してください。Salesforce向けGenesys Cloudについて.