エラー応答のexecutionId

 メモ:   この記事は、Google Cloud Functionsで使用した場合のGoogleデータアクション統合に適用されます。

エラー応答を受け取ると、エラー応答には executionId. 使用 executionId Googleトレースログを確認します。

{{
 "メッセージ": 「サーバーで予期しない状態が発生したため、サーバーは要求を実行できませんでした。」、
 "コード": "内部サーバーエラー"、
 "状態": 500、
 "messageParams": {}、
 "contextId": "f7c01327-a83f-463c-a7ed-6241569ac37e"、
 "詳細": [
 {{
 "エラーコード": 「ACTION.PROCESSING」
 }
 ]、
 「エラー」: [
 {{
 "メッセージ": アクション実行のREST呼び出しが失敗しました。 メッセージ:{\ "エラー\":\ "スローするように言われました\"} [executionId = hwa4afe0np0k] [f7c01327-a83f-463c-a7ed-6241569ac37e] "、
 "コード": "内部サーバーエラー"、
 "状態": 500、
 "messageParams": {}、
 "詳細": []、
 「エラー」: []
    }
  ]
}

詳しくは、Google data actions integration について をご覧ください。