Architect呼び出しフローの AWS Lambda 関数の例


注意:この記事はAWS Lambdaデータアクション統合に適用されます。

サンプルコールフローで使用できるAWS Lambda関数を作成します。詳細については、 コールフローの例

  1. AWSにログインします。
  2. に移動します AWSサービス ページ。
  3. クリック ラムダ
  4. クリック 作成機能
  5. から ランタイム メニュー、選択 Node.js 8.10
  6. 次のコードを追加してください。
    exports.handler = async (event) => {
        var response = {};
        response.stringResponse = "Hello, I am an AWS Lambda function!";
        response.echoParam = event.echoParam; //This will take the passed in value of echoParam and pass it back.
        response.nested = {}; 
        response.nested.nestedParam = event.nestedParam; //This will take the passed in value of nestedParam and pass it back in a nested JSON object.
        return response;
    };

AWS Lambda関数の作成の詳細については、以下を参照してください。 ラムダ関数の構築 AWSのドキュメントにあります。

統合について詳しくは、以下を参照してください。 AWS Lambdaデータアクション統合について