タスク シーケンスを終了


タスクエディタでタスクシーケンスを作成するとき、タスクは常に最終結果を持つ必要があります。終わり結果は、成功した操作の一部として、またはタスクの最後に追加された組み込み切断アクションとして自動的に発生します。

一部のアクションには、次のように分岐アクションの一部としてタスクの終わりまたはフローの終わりが含まれます。 ダイヤル または 転送。ただし、タスクシーケンス全体を次のいずれかで完了する必要があります。 メニューへジャンプ アクション、 前のメニュー 行動、または 切断する Architectに発信者が次にどこへ行くかを知らせるアクション。