Google Dialogflowボットの割り込みを構成する


前提条件:

次のEdgeバージョン:

いずれかに割り当てられた次の権限ユーザー 役割 :

  • ダイアログ > ボット > 追加, 編集、見る
  • ダイアログ >BotDomain > 追加, 編集する, 見る
  • ダイアログ >BotDomainModel > 追加, 編集する, 見る
  • ダイアログ >ボット発話 > 追加, 編集する, 見る
  • ダイアログ >BotVersion > 追加, 編集する, 見る
  • 知識 > カテゴリー > 追加, 編集する, 見る
  • 知識 > 資料 > 追加, 編集する, 見る
  • 知識 >知識ベース > 追加編集する探す, 見る
  • 知識 > トレーニング > 作成する, 編集する, 見る

フロー内の Call Dialogflow Bot アクションの Barge-in 機能 Google Dialogflow統合を使用する は、デフォルトで有効になっています。作成して、 Genesys Cloudで使用する割り込み機能性構成します。 カスタムペイロード応答GoogleのDialogflowであなたのボットのためのコンソール 。

各インテントの割り込み機能性を無効または再度有効にするには

  1. Google Cloud Platform コンソール 、 Dialogflowコンソール.
  2. エージェントを選択します。
  3. インテントを選択 左側のサイドバーメニュー。
  4. インテントを選択します。
  5. 下にスクロールして 反応 セクション。
  6. クリック 回答を追加 次にクリックします カスタムペイロード.
  7. 割り込み機能性を無効にするには、次のコードをカスタムペイロード応答に追加します。
    {
    
    "barge-in": false
    
    }
  8. 割り込み機能性を再度有効にするには、次のコードをカスタムペイロード応答に追加します。
    {
    
    "barge-in": true
    
    }
  9. クリック 保存する