埋め込みインタラクションウィンドウを読み込めませんでした


注意:この記事は、PureCloud for Salesforceに適用されます。

あなたの統合は埋め込むように設定されています スクリプト、チャット、Eメール、およびSMSメッセージを埋め込みインタラクションウィンドウに表示します。インタラクションが接続した後、インタラクション上のスクリプト、チャット、Eメール、またはSMSアイコンをクリックしますが、スクリプト、チャット、Eメール、またはSMSを含む組み込みインタラクションウィンドウは開きません。 

次のメッセージが表示されます。

Interaction Utilityコンポーネントがロードされていないことを示すエラーメッセージ

エージェント:アプリが起動する前に、埋め込みの対話ウィンドウが読み込まれないように管理者が設定しました。スクリプト、チャット、Eメール、またはSMSウィンドウを最初に開くには、埋め込み操作ウィンドウをクリックします。アイコンがオレンジ色に変わり、スクリプト、チャット、Eメール、またはSMSメッセージが開いているかアクセス可能であることを示します。その後、インタラクションのアイコンをクリックして埋め込みインタラクションウィンドウを開くことができます。

管理者:エージェントがインタラクションのアイコンを初めてクリックしたときにスクリプト、チャット、Eメール、またはSMSウィンドウが開くようにするには、Lightningアプリを設定します。埋め込みインタラクションウィンドウの設定で、選択します 自動的に開始。詳細については、 埋め込みインタラクションウィンドウを追加する

注意:このプリロード動作は、Lightning Experienceの埋め込みインタラクションウィンドウでのみ使用可能です。Classic Salesforceでは、データを事前ロードするように埋め込みインタラクションウィンドウを設定することはできません。

統合について詳しくは、以下を参照してください。 SalesforceのPureCloudについて