JSON 構成の編集


メモ:すべてのBridge コネクタがすべての機能をサポートしているわけではありません。との統合について詳しくは、コネクター固有の記事を参照してください。 Active Directory、 CICデータ、 RESTアプリケーション、 SQLデータベース、そして 就業日

PureCloudデータ同期
  • 一方向のデータ同期では、ソースシステムはレコードシステムです。ターゲットシステムに対する手動の編集は、次回のフルデータの再同期で上書きされます。
  • 完全データ再同期は、すべてのソースシステムデータをターゲットシステムに書き込みます。
  • 次の要因が、データ全体の再同期を引き起こす可能性があります。コネクタ設定の更新、一時データベースの損失、バックアップデータ同期への切り替え、またはコネクタの新しいサーバーへの移動。サービスを開始および停止しても再同期は行われません。
要素 説明

configSyncInterval

設定を同期する間隔を秒単位で設定します。別に同期の進行中の同期は発生しません。
dataSyncInterval データの同期間隔を秒単位で設定します。別に同期の進行中の同期は発生しません。デフォルトは3600秒です。同期間隔が短いほど、Bridge サーバーのCPUとメモリの使用量が多くなります。
mapping

2つのシステム間のデータ転送方法をフィールドごとに制御します。の 内部 プロパティはPureCloudフィールドを指定し、 外部の propertyはシステム内のフィールドを指定します。

方向 プロパティは、2つのフィールド間で転送される方向データを指定します。

  • ex2in - システムからPureCloudにデータをコピーします。*
  • in2ex - PureCloudからシステムにデータをコピーします。**
  • ex2in_on_create - ユーザーを作成するためにシステムからPureCloudにデータを1回だけコピーします。PureCloud にシステムへのそれに続く変更は同期されません。
  • 2way_in - データを双方向にコピーしますが、データが両方の場所で同時に変更された場合は、PureCloudが優先されます。*
  • 2way_ex - データを両方向にコピーしますが、両方の場所でデータが同時に変更されると、システムが勝ちます。*

*   Ex2inはPureCloudの変更を確認または保存しません。PureCloudに変更を加えた場合、それらの変更は、ソースシステムの変更によってそれらが上書きされるか、完全データ再同期によってすべてのソースシステムデータがPureCloudターゲットシステムに書き込まれるまで残ります。

** PureCloudはデフォルトではシステムに書き込みをしません。そうするには、 更新 仕事。を参照してください 以下の例

tasks

各データ同期中に発生する操作を、発生する順序で設定します。JSON の構成は、次のタスクを含めることができます。

  • 読む - PureCloudとあなたのシステムから人々を読みます。このタスクは、常に最初する必要があります。
  • link_users - PureCloud内のどのユーザがシステム内のどのユーザに対応するかを決定します。このタスクは、常に 2 番目。
  • create_users - 存在するシステムと同期することによって、現在存在しないシステムにユーザーを作成します。このタスクは、ユーザーによって削除されるユーザーを無視します。 delete_users 仕事。 2つ使う create_users PureCloudとあなたのシステムの両方のユーザーのために。フィルターを使用して、タスクをすべてのユーザーのサブセットに制限します。それ以外の場合は、同期操作ごとに同じユーザーを作成しようとします。 を参照してください 以下の例。つかいます " ;元に戻す" ; = true に ユーザーを作成 削除されたユーザーを復元します。
  • 更新 - データが一致しないシステム内のユーザーを検索し、システム間でデータを同期します。あるシステムにユーザーが存在し、他のシステムには存在しない場合、そのユーザーは作成されません。デフォルト 更新 タスクは ex2in しかしそれは含まなければなりません in2ex 外部データを更新します。このタスクは、PureCloudからシステムにデータを書き込むために必要です。デフォルト設定には含まれていません。を参照してください 以下の例
  • delete_users - システムに存在しなくなったユーザーをPureCloudから削除します。あなたが使用することができます delete_users 2つの方法でタスク1)を使用 delete_missing_externalユーザー:true システムとの前回の同期から作成されたPureCloudユーザーをタスクに削除させるパラメータ delete_users ユーザーのさまざまなサブセットを削除するためのフィルタを含むタスク。を参照してください 以下の例。削除したユーザーを復元するには、 ユーザーを作成 仕事。
  • delete_from_external - PureCloudで削除マークが付いているシステム内のユーザーを削除します。指定している場合、このタスクはサポートされません。 create_users の方向を持つタスク ex2in。 を参照してください 以下の例。 
  • limit_db_size - DataSyncテーブルの情報を削除して、DataSyncデータベースのサイズを制限します。

仕事

タスクの順序は重要です。常に守る 読む 最初にタスク link_users 二番目のタスク。

フィルタ付きcreate_users

{
   "name": "create_users",
  "filter": [
     {
        "user_state": {
           "membership": "inclusive",
           "exists": "external_only"
        }
     }
 ],
 "direction": "ex2in",
 "required": [
    "User.Mail",
    "User.Name"
    ],
 "reinstate": "true"
}

更新

{
   "name": "update",
  "direction": "ex2in"
},
{
  "name": "update",
  "direction": "in2ex"
},

delete_missing_externalユーザーを持つdelete_users

{
  "name": "delete_users",
  "delete_missing_external_users": "true",
  "direction": "ex2in"
}

フィルター付きdelete_users

{
   "name": "delete_users",
   "filter": [
      {
         "field_test": {
            "membership": "inclusive",
            "name": "User.TelephoneNumber",
            "value": "303-775-1142",
            "op": "contains"
         }
      },
      {
         "user_state": {
            "membership": "exclusive",
            "state": "deleted"
         }
      }
   ],
   "direction": "ex2in"
 }

delete_from_external

{
   "name": "delete_from_external",
   "filter": [ 
      {
         "user_state": {
         "membership": "exclusive",
         "state": "deleted"
         }
      }
   ]
}