意思決定のためのGenesys Cloudエージェントデータのダウンロード

近日公開予定

前提条件
  • 要員計画 > 意思決定データのダウンロード > ダウンロード アクセス 許可

Genesys Cloudから集約されたコンタクトセンターのデータを抽出し、インポートすることができます。[詳細] この機能は、Decisionsでシミュレーションとレポートを作成するために必要なデータを生成します。 システムは、意思決定と互換性のあるフラット・ファイルにデータを変換します。 

次のセクションでは、各ファイルと、ダウンロードに含まれる集計データについて説明します。

呼び出し: コール : 着信/電話データをコールタイプレベルで集約

既定のフィールドインデックス
(1 ベース)

フィールド フォーマット

フィールドの説明

1 DATE_STAMP 日付

カレントレコードの日付 (つまり 10)。

2 HOUR_OF_DAY 数字

間隔の開始を示す時間。  許容範囲は 00 ~ 23 です。

3 CALL_IDENTIFIER 文字

Interaction Decisions の呼び出しの種類に一意にマップする識別子。

4 TOTAL_QUEUE_TIME 数字

エージェントが処理する前に、処理されたコールがキューで待機する合計時間 (秒単位)。

5 放棄 数字

この間隔中に破棄された呼び出しの数。

6 CALLS_HANDLED 数字

その間隔中に処理された呼び出しの数。

7 HANDLED_THRESHOLD 数字 サービス・レベルしきい値 (秒数) 内で処理された呼び出しの数。

エージェントコール エージェントグループレベルで集計されたデータ

既定のフィールドインデックス
(1 ベース)

フィールド フォーマット

フィールドの説明

1 DATE_STAMP 日付

カレントレコードの日付 (つまり 10)。

2 HOUR_OF_DAY 数字

間隔の開始を示す時間。  許容範囲は 00 ~ 23 です。

3 SITE_IDENTIFIER 文字

Interaction Decisions センターに一意にマップされる識別子。

4 AGENT_GROUP_IDENTIFIER 文字

Interaction Decisions スタッフタイプに一意にマッピングされる識別子。

5 AVAILABLE_TIME 数字

エージェントがシステムにログインし、コールの処理に使用可能で、コールをアクティブに操作できない時間 (秒単位) の合計。

6 OUTCALLS 数字

着信呼び出しに対する応答として行われた発信呼び出しの数。

7 OUTCALL_TALK_TIME 数字 エージェントが、その間隔中に発信呼び出しで話し合った時間の合計 (秒単位)。

エージェントによるコール エージェントによるコール : コールタイプおよびエージェントグループレベルで集約された着信/電話データ

既定のフィールドインデックス
(1 ベース)

フィールド フォーマット

フィールドの説明

1 DATE_STAMP 日付

カレントレコードの日付 (つまり 10)。

2 HOUR_OF_DAY 数字

間隔の開始を示す時間。  許容範囲は 00 ~ 23 です。

3 SITE_IDENTIFIER 文字

Interaction Decisions センターに一意にマップされる識別子。

4 AGENT_GROUP_IDENTIFIER 文字

Interaction Decisions スタッフタイプに一意にマッピングされる識別子。

5 CALL_IDENTIFIER 文字 Interaction Decisions の呼び出しの種類に一意にマップする識別子。
6 TALK_TIME 数字 エージェントが、その間隔中に着信コールの会話に費やした合計時間 (秒単位) です (ホールドタイムを含める必要があります)。
7 AFTER_CALL_WORK 数字 その間隔中にエージェントがコールの処理を行った後に費やされた合計時間 (秒単位)。
8 CALLS_HANDLED 数字 その間隔中に処理された呼び出しの数。

収縮 エージェントの過去の収縮値

既定のファイル順序

フィールド フォーマット

フィールドの説明

1 日付 yyyy/mm/dd

カレントレコードの日付 (つまり 10)。

2 センター 文字

Interaction Decisions centerTypeId をマッピングするときに使用される識別子。

3 STAFF_TYPE_NAME 文字

Interaction Decisions スタッフタイプをマッピングするときに使用される識別子。

4 OFF_PHONE_ID 文字

収縮バケットの Interaction Decisions をマッピングするときに使用する識別子。 入力 Id にマップされます。

5 カウント 数値は実際のフィールドに入力します オフ電話時間 (分) をデータ値にマップします。

マップ解除エンティティ マップされていないエンティティ : 意思決定者が、決定に適切に構成されていないエージェントを識別するために使用します。

既定のフィールド
インデックス
(1 ベース)

フィールド フォーマット

フィールドの説明

1 Userid 文字

エージェント識別子。

チャット 

既定のフィールドの順序

フィールド フォーマット

フィールドの説明

1 DATE_STAMP 日付

日付形式 : mm/dd/yyyy

2 HOUR_OF_DAY 数字

間隔の開始を示す時間。 許容範囲は 00 ~ 23 です。

3 CHAT_IDENTIFIER 文字

Interaction Decisions の連絡先の種類に一意にマップする識別子。

4 TOTAL_QUEUE_TIME 数字

エージェントが処理する前に、処理されたチャットがキューで待機する合計時間 (秒単位)。

5 放棄 数字 間隔中に破棄されたチャットの数。
6 CHATS_HANDLED 数字 間隔中に処理されたチャットの数。
7 HANDLED_THRESHOLD 数字 サービスレベルしきい値の範囲内で処理されたチャットの数 (秒数)。

エージェントチャット

既定のフィールドの順序

フィールド フォーマット

フィールドの説明

1 DATE_STAMP 日付 カレントレコードの日付 (つまり 10)。
2 HOUR_OF_DAY 数字

間隔の開始を示す時間。 許容範囲は 00 ~ 23 です。

3 SITE_IDENTIFIER 文字

Interaction Decisions センターに一意にマップされる識別子。

4 AGENT_GROUP_IDENTIFIER 文字

Interaction Decisions steff 型に一意にマップされる識別子。

5 AVAILABLE_TIME 数字 エージェントがシステムにログインし、チャットで作業できるが、チャットをアクティブにしていない場合の合計時間 (秒単位)。
6 STAFF_TIME 数字 エージェントがシステムにログインした合計時間 (秒単位)。

エージェントによるチャット

既定のフィールドの順序

フィールド フォーマット

フィールドの説明

1 DATE_STAMP 日付

日付形式 : mm/dd/yyyy

2 HOUR_OF_DAY 数字

間隔の開始を示す時間。 許容範囲は 00 ~ 23 です。

3 SITE_IDENTIFIER 文字

Interaction Decisions センターに一意にマップされる識別子。

4 AGENT_GROUP_IDENTIFIER 文字

インタラクションの決定スタッフタイプに一意にマッピングされる識別子。

5 CALL_IDENTIFIER 文字 Interaction Decisions の連絡先の種類に一意に mapps する識別子。
6 CHATS_HANDLED 数字 間隔中に処理されたチャットの数。
7 CHAT_TIME 数字 エージェントがその間隔中にチャットを処理するのに費やされた合計時間 (秒単位)。 ホールドタイムを含める必要があります。
8 AFTER_CHAT_WORK 数字 間隔中にエージェントがチャットに関連付けられた作業に費やした合計時間 (秒単位)。

ファイルをダウンロードするには :

  1. 管理をクリックします。
  2. 下 労働 力 管理 クリック 意思決定データのダウンロード. 「意思決定データのダウンロード」ページが開きます。
  3. ダウンロードしたいファイルをクリックします。 システムは、zip ファイルをダウンロードし ローカルダウンロードフォルダ。
  4. ファイルを解凍し、決定で設定した場所にコピーします。